超絶!

テーマ:

 

先日 お客様が持ち込まれたシャンパン!

 

ジャック セロス V.O. ヴァージョン オリジナル

 

グラン クリュ ブラン ド ブラン エクストラ ブリュット

 

長い名前(笑)

 

 

 

高名なワインラバーである持ち込まれた方が

 

「シャンパンで一番大好き!」と言われるだけあって

 

重厚で複雑であっても優しい口当たり、エクストラブリュットの

 

超辛口の奥に感じるかすかな甘味は

 

超絶にすばらしい美味しさを経験させて頂きました。

 

アルマン・ド・ブリニャックのマスターズエディション以来!

 

 

半分

テーマ:

もう7月になりました。

 

2018年も私には一瞬で半分が過ぎ去りました。

 

年々 月日が立つのが早く感じます。

 

その矢先 こんな本を頂きました。

 

 

頂いたのは著者様。

 

一線で活躍される有名な精神科医さんのお話ですが

 

出だしから老いに対しての不安から気が楽になっていきます。

 

 

 

 

 

結婚記念日

テーマ:

今月は23回目の結婚記念日でした。

 

去年は四ツ橋で伺ったお店の近所ですごく気になる

 

中華料理屋さんを見つけ今年はそこに予約。

 

なにやら一日一回転 20人くらいの予約を

 

前月の決まった日からしか予約をとらないらしく、

 

一月前ほどに予約が取れました。

 

料理は予約時に一人1万円ほどで予めリサーチした2品は

 

必須のリクエストをし 後は初めてなので全ておまかせと伝えましたが

 

当日 着席してからもサービスさんが再度お好みを確認してくださいました。

 

ここでもやっぱり

 

「初めてなので量より格で完全におまかせします。好き嫌いはありません。」と伝えました。

 

前菜からデザートまで全13品 そのうち完全に初めて経験する感動ものの味が3品で

 

超満腹のフィニッシュで家内も私も大満足でした。

 

普段 居酒屋以上の初めての料理屋さんにいくときは

 

私達は必ず量より格の「おまかせ」これで外すことはまずありません。

 

自分たちで選ぶと結局自分達のもともとの好みや食材に偏り

 

せっかく独創的なお店で経験できる初めてで新しい味の経験がなくなるのでそうします。

 

私の店でも初めてお越しのお客様には一番先に量の心配をされる方がおられ

 

結局は何も選ぶことができずにどこにでもある「もやしのナムルとすじポン」を

 

単品で選ぶことが多々あります。

 

 

料理屋である限りおまかせやコースのオーダーを頂くと

 

コースの価格にはよりますが最後にはやっぱり満腹になって

 

頂くことも考慮にいれます。少食の方に合わすと普通かそれ以上の方の

 

満足感が薄れますのでそっちに合わせます。

 

多いところで結局はお客さんが料金の無駄使いになることはまずありません。

 

おまかせやコースの場合 量が多いのは店のサービスなんです。

 

途中で量の調整を申告するか多ければ残しゃいいんです。

 

せっかく予約してまで行く料理屋で自分の固定観念から脱皮できずに

 

新しい経験をできずに帰るのは客としても店としても残念なことですね。