おととひの世界

おととひの世界

リンクも始めましたよ


>
> target="_blank" rel="nofollow">
https://twitter.com/RyuichiYoneyama/status/1310517567526637570?s=19

https://twitter.com/RyuichiYoneyama/status/1310519985073131521?s=19


https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1310523360015560704?s=19



個人的にはあると
行ってみるとそんな気が
まずはボヘミア


https://youtu.be/WRsyANQRcSk

https://youtu.be/GVs3Rx8Pbe4



次はドイツ






環境と風土
音楽にも影響

与えている
私の個人的な考え
月並みな印象だけど
サケ・マス
恐竜がいた時代にはいなかった

原始的な硬骨魚類なので
(軟骨魚類→サメやエイ、ギンザメ)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%9F%E9%AA%A8%E9%AD%9A%E7%B6%B1



(軟骨魚→硬骨魚類への中間・チョウザメ)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B6%E3%83%A1%E7%A7%91




鮭鱒類はそこからすぐ
    アブラビレのような痕跡器官が残る)

おそらく
恐竜がいた中性代
既に祖先はいた
と思われるが

現在のように
広く分布するようになったのは
それからだいぶん後

南極海での
メタン大放出
それから
インド亜大陸のユーラシア衝突
ヒマラヤ山脈造山活動
デカン高原の形成

地質学的大事件が相次ぎ
地球の気温も
著しく上がった時期

なぜあれほど
雄大な『回遊』をするのか?
こう呼ばれる
サケマス類でも

『陸封型』
そう呼ばれる
一生特定の環境から
出ないものもたくさんいる

しかし彼ら
リスクを犯して
あれだけ雄大に旅をする
その方が生存確率が上がったから
に違いない

それが何であったのか?

海から『リン』を持ち帰る

というのは結果で
彼らはそれを目的に
生きるわけじゃない

不思議なことに
チベット高原
標高3000 M 以上のところにまで
マスやイワナが生息している
おそらく陸封型と思われる

つまり
海まで行って
戻ってくることはない

長江・黄河
離れているが
源流はどちらも
チベット高原

海からそこまで
旅をするのはほぼ無理
中国の大河に彼らがいたとしても

源流まではまず到達しない
おそらく中間地点で産卵する
それもかなり下の方だろう

『どうして海まで?』
持ち帰るのが目的ではないにしても

当時の陸上に
   (リン・P)が少なかったから
仮説や可能性として考えられても
証明の方法がない

しかし
そうする必要があった
他に何が?

アミノ酸やタンパク
そこら中にある
窒素化合物にしても
ナトリウムにしても

硫黄・Sを
海まで取りに行く
これも考えにくい

結局
一番可能性があるのは
(リン・P)
そうなりそうな気がする

恐竜が滅亡した
大きな理由の一つ
2億5000万年以上栄えたことで
生物が地上にあふれすぎ

地上のリンが
消費され尽くされ
海へ行ってしまったこと

(巨大隕石・小惑星の衝突)
引き金としてはありえても
それだけというのは考えにくい

確率的に
2億5000万年もの間
であれば
そのようなこと

何度もあったハズだから 
しかし彼らは
滅亡していない

別の深刻な理由があった
『地上のリン・P資源枯渇』
それは有力な候補になりうる
仮に正しいとすると

その後に出現した
『鮭鱒類(サケ・マス)』

最も安定して
それが存在する
『リン回収』
目的のため回遊する
そしてわざわざ
淡水に遡上

そうするのが
一番確実だから
大変だけどな

あらゆる
環境に適応
そのための進化

彼らは苦労して
一番確実な方法を見つけた

可能性としてはアリかな?
そうでも考えないと

何のためにわざわざ
そんなことをするのか?
しかも全世界で?

この問題は宿題だな



旧プロイセン王国の首都
ドイツ第二帝国
そしてドイツ第三帝国

現在のドイツ共和国の首都
ベルリン市の旗

『クマ』の徽章 
たまにのマークがついたやつが

あれは
ブランデンブルク家
家紋が『わし』だったから

基本
ベルリンは『クマ』

熊は強い生き物だけど
強さの象徴として、ではない
クマは『豊かさ』の象徴なんで

凶悪な生き物として
描かれることもあまりない
それは東ドイツロシアも同じ

Berlinbear
同じ語源です
ちなみに
アングロ-サクソン
サクソニアの角地』の意味
旧東ドイツのザクセン地方
プロイセンの南

ドレスデン中心

イギリス・アメリカ人
先祖の多くはドイツ人です



南ドイツ・バイエルン野生クマ
ヒグマです


なぜ『クマ』が
『豊かさの象徴』なのか?

クマの主食
なんだかご存知ですか?

ほとんどが
『どんぐり』です

我々人間がとうとう
食用にできなかった

広葉樹の実
『ドングリ』
≒ クマの主食
あれだけの図体養えるだけの
『ドングリ』

大変な量ですよ
  『クマのテリトリー』
≒『豊かな森』

だから『クマ』はメデたい
ベルリンベア

縁起物なわけで

ドイツの紅葉の色
バイエルンは豊かだから
色付きもいいけど

大体がこんな感じ
これがドイツの秋の色
黄色っぽいでしょ

ところが
ボヘミア平原へ行くと




文字通り紅葉・綺麗でしょ?
紅葉の赤い色
糖分が変化した
アントシアニンの色

葉緑体だけ
だとこんな色

イチョウの葉
糖分がありません
 
葉緑体が変化した
カロテノイドという
黄色い物質になる
だから黄色にしか

なりようがない

ボヘミアの土地
それだけ豊か
だから狙われたんだけど

なぜ豊かなのか?
同じように
紅葉が綺麗な場所
アラスカ州



国境があるだけで
環境はほぼ同じ
ロシア・カムチャツカ


やっぱりクマがいます
土地が悪いのに
やたらに紅葉が綺麗
それだけ糖分の栄養を蓄えている

どうしてなのか?
答えはまたも『クマ』



日本の
特に北海道辺りでも
1〜2種類のサケやマス
(日本は基本シロザケとサクラマスだけ)

アラスカ半島・カムチャツカ半島
シベリア東部
ではどのくらい?
510種類

カラフトマス
ベニザケ、ギンマス
マスノスケなど
多い所では12種以上

別々の時期に遡上してきます

春先から秋まで
クマはサケ・マス食べ放題

脂が乗った背中
美味しいところだけ食べる

アトは捨ててしまう
残り物

キツネやトリが全部
彼らは寝グラの森に帰る
山の中です

大量の糞を落とす
窒素化合物リン・Pの塊
地上では滅多に手に入らない

サケ・マス
一生かけて海で回収
生まれ故郷に戻してくれる

だから
土の質が悪くても
必須栄養素が十分
夏にしっかり
糖分を蓄えられる
生命活動がラクだから

それを
クマが助けてくれるわけ
クマ豊かさの象徴
というのはそういうこと

カムチャツカ半島・クリル湖
見かけそれほど変わらないように

しかし
サケ・マス
海から持ち帰る
必須栄養元素
『リン・P』量は桁違い

年間 10トンから15トン

北海道
ほぼ同規模の湖・支笏湖
年間 25 kg ぐらい

これ
化学肥料で賄うと
大変なことになりますよ

しかし放っておいても

サケマス
一生かけて

海から持ち帰ってくれる
地殻変動に期待すれば
戻るのは数千万年先

しかし
サケマスクマ
そしてトリの働きで
2年から3年で地上に戻る

クマ
そしてトリ
河口の平地から
山のてっぺんまで
まんべんなく補給してくれる

この差が
豊かさの違いをもたらす
たぶん『K・カリウム』も


サケやマスが遡上
≒森や土地が豊かに
紅葉や桜が綺麗に

日本では東北地方


この辺の話
ココロに留めて
景色を眺めてみたらと
(続く)

いつからそう
考えるようになったんでしょうね?
ずっとそう言ってますけど
何の根拠もないんですけど

https://twitter.com/living_sweden/status/1310331078104829954?s=19

https://twitter.com/living_sweden/status/1310321622642036736?s=19



バックドロップかよ
きッついなこれ
自業自得と言えばそうだけど
https://twitter.com/coronatruemovie/status/1310368661165793281?s=19



『海外の妖しい Blog 記事から』様より転載
(ジェームズ・リカーズ本人
       10年以上前から言っているけど)

IEEPA・国際緊急経済権限法1977

合衆国大統領がサイン一発だけでできるから

困ったらやるだろうよ
その日のうちに

ジョー・ローガン

日本には
このテの人がいないけど
向こうではとても有名な YouTuber
またラジオホスト

どっちかと言うと右よりの
向こうの人はかなり
三大ネットワークとか 
CNN とかああいうところが言うこと
全然信用してないから

フォックスでさえ
最近は信用されてない
その人がこんなこと言ってる

http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-16801.html?sp


https://twitter.com/coronatruemovie/status/1309991200192180228?s=19


https://twitter.com/coronatruemovie/status/1310172439293251586?s=19


https://twitter.com/coronatruemovie/status/1310202597027049472?s=19



https://twitter.com/coronatruemovie/status/1307680952689229824?s=19



https://twitter.com/coronatruemovie/status/1307998121293742080?s=19


https://twitter.com/coronatruemovie/status/1308949315637964800?s=19



こういうもの
毎日どこかしらで見ておればさ

もうどっちみち
アメリカの都会はダメだ

と思うのは 
当たり前だよな

少なくとも大都会は駄目と

カネのある奴
内陸へ逃げ出す
もうそういうところには

そういう人ターゲット
周りに電気柵や堀を巡らせ
よそ者が入れない
中世都市みたいなコミュニティが作られる

そこに  
プライベートバンクを置こう
そしてスイスやカリブ海や
シンガポールにあったよな

アングラマネーをかき集める
タックスヘイブンを作る 

というのが
連邦政府の考え
というより

トランプを支えている人間の考え
トランプだけじゃないかもだよな

そのレールを敷いたのは
前大統領バラク・オバマだから

当然だよな

昨日も

とある
超高学歴の元有名知事
もちろん日本人だよ

一部の人間がやっていること
局部拡大報道だ
 
コレが
学校秀才なんだろうなと思ってさ
こういうのがデマだと
今もって信じている

メインストリームのマスコミ
教科書に書いてあることしか信じない

こういう人少なくとも
アメリカでは生きていけないね

全編56分以上の大部

『公共放送』が 
極めて現実的な
ミリタリーシミュレーションとして
こういう番組を作るドイツ

NHK は中国べったりだから
逆立ちしてもできませんわな

https://twitter.com/koichi_kawakami/status/1288054862324752384?s=19

https://www.tokushima-u.ac.jp/docs/22379.html


ラーメン屋のテーブルで
アインシュタインを否定する物理学者

っての見たことがあるけど

アンタそれ
なんで論文に書いて
しかるべきところに発表しないんだ?

と言ったら怒り狂ったよ
学歴だけは超一流だった

あちこちで訴訟起こしてる人だけど
この先生

そんなことはないと思うので

物言いを聞く限り
ちゃんとした人
私にはそんな風に見えた

ともかく
どこかに論文書いて発表する事だよね
まともな論文であれば

かすりもしない
とか
はねつけられる

って事はないはず

それをやらずになおも
デマッター掲示板とか
YouTube 辺りを

活動の舞台にしている
とすればそれは
別の意図があると考えざるを得ないよね