ツナグツムグ物語

テーマ:

 

TOKYO町工場HUB

ワンストップ・マーケティング講座!

以前、お知らせしたコチラ。

着々と進んでいます!

 

私はストーリーテリングの講師として参加するのですが、それ以外の講座にも出来る限り足を運んで色々と吸収♪

 

だって、講師もメンバーもすごいんですもの( *´艸`)

第1話はこちら!

 

とはいえ、ほんの少しの時間しか顔を出せなかったり、もどかしい気持ちだったのですが…

 

 

チームのテーマは「ツナグツムグ」

ツナグというのは、手と手であったり、私とあなたであったり、過去と未来であったり、技術と芸術であったりと、空間的にも、時間的にも、心情的にも繋がって絡まっている社会や家族、仲間たちを表現するものです。そこから生まれる豊かな体験、様々な壁を乗り越える自分、新しい世界に広がる自分をイメージしています。

ツムグという言葉にも、いろいろな意味や思いが含まれているけれど、「物語を紡ぐ」という意味もあります。今回のものづくりのスポンサーでもあり、チームのメンバーの一員となっている安心堂の丸山有子さんが、「わたくしたちはモノをつくっているのではなく、物語をつくっている」という言葉を語ってくださり、皆の心に深く刺さりました。…

 

このテーマ、ちらっと顔を出した2回目には既に決まっていたのですが…

実はそれが、ものすごく縁を感じるものでした。

 

 

 

私がやっとじっくり参加できたのは昨日。

登壇してくださった諸江監督は私の10年以上前からの知り合いです。

諸江監督のフォトシネマはこちらから♡

 

諸江さんと知り合った頃には諸江さんを囲んで数人の俳優と共に週1くらいで集まって‘‘演技考察会‘‘というワークショップを開催してもらっていました。

昔の映画作品を観たり、演技を深めるワークをやったり、みんなで短編映画を撮ったり

今思い返すと贅沢な時間の使い方をしていたなぁ・・・

 

そして、

 

その集いの名前が『つむぎ』でした。

 

こんなの縁を感じざるを得ないじゃないですか♪

 

なんだかよくわからないけれど、今回のワンストップマーケティングに諸江さんを引き込んでよかったなぁ!これは絶対成功!どちらにも実りのある時間になるはず!と、謎の確信を持ったのです笑

 

そもそも、このワンストップマーケティング講座の主宰でありプログラムファシリテーターの古川拓さんからご相談を受けた時に、パッと思い浮かんだ諸江さんの顔。

そして、私が“面白そう”と感じている、この講座。

諸江さんにお話したらきっと「えー面白そー」って言ってくれるはずと思いました。

結果は予想通り。

 

 

昨日は講座がいったん結びとなった後も、場所を移してみんなで色んな話をしました。

 

そして家に帰りついてから、本当に楽しい時間だったなぁ

と、なんだか噛みしめるように思いました。

 

大人が本気で語り合い、前に進もうとしているということがめちゃめちゃよくて

しかも、集ったメンバーがみんな、純粋に取り組んでいるのが伝わって

ものすごく刺激を受けた夜でした。

 

ファシリテーターの拓さんは、しょっちゅう記録写真を撮ってくれているのですが、

「みんな、どこを切り取っても絵になる」

と、言っていて

それってきっと、みんな軸がしっかりしてるからなんだろうなーと。

舞台写真でも輪郭のしっかり浮かび上がる役者と背景と同化してしまう役者との違いってあるよね…

 

そんな、それぞれのバックボーンをしっかりと持っている人々が

さらなる学びを求めて集い

ひとつのことを真剣になそうとしているなんて

 

最高です。

 

講座としては、来週の私のストーリーテリングが最後の回で、その後は実践編に移ります。

オオトリというプレッシャーもあり…

何をどういう風にお伝えしようか、ものすごく悩んでいました。

 

でも昨日の夜から、鮮明なイメージが湧いてきた!

みなさんがいま欲しているもの

グッと掴んでいるもの

これから必要なもの

持っているのにまだ気付けていないもの

私がお伝えしたいもの

 

どの方向から攻めて、どう進めていこうか

 

どんどん形になってきました。

私も彼らと「繋がれた」のかしら…?笑

 

 

彼らに向けた、私と彼らのためだけの

時間を作りたいなぁー

 

と。

 

こんな宣言をすれば、やらざるを得なくなるから

自分への期待も込めて・・・記事にしました(*‘∀‘)

 

よし、がんばるぞっ!

 

 

****************************

<珠の泡沫 5月のイベント>

image

5/14 13:30~16:00のご予約はこちら♡
5/20 18:00~20:30のご予約はこちら♡

※上記日程以外でも、お申込みおひとり様から開講いたします。

ご相談ください。

 

image

残り2枠☆ご予約はこちら♡

 

ひがくぼかおるオフィシャルHP

まだ改修途中ですが…笑

スライディングの優しさ

テーマ:
昨日は令和初☆のドラマケーションでした!
→みんな、令和初って使ってるから真似してみましたよ。

今回も都内の某高校にお邪魔してまいりました٩( ᐛ )و

明るく元気で積極的な子たちで、和やかに色んなワークを進めていたのですが、中でも素敵なシーンに遭遇したのでシェアします♪

ドラマケーションの授業も2時間目に差し掛かり、『なんでもバスケット』をやっていたところ

男女1人ずつの生徒さんが、
2人の背後に残っていたラスト1つの椅子に同時に気付いて
バッ!っと走り込みました。

ところが…
男の子は椅子まであと一歩という直前で、あたかも転んだかのようにスライディングを決めて
女の子が無事に椅子に座りましたとさ♪


いやぁ、かっこいい!
なにそのさりげない優しさ!

思わず口笛吹きたい気分でしたよ(๑˃̵ᴗ˂̵)

しかも、そこから優しさの連鎖が繋がって、男女ともにお互いを思いやるような振る舞いが其処此処に見えて

しかも押し付けがましくなく、そこに笑いや面白味もあって

なんだか、ほっこりと
とても良いものを戴いたなぁ
という気分でした。



そんなご機嫌な帰り道、近所の八百屋さんにて半箱480円のトマトを発見!

ぷっくり丸々として、私のこぶしくらいあるような大きなトマトが9つラブ

さらにご機嫌で帰宅したのでした!



今回は、3週続けて同じ高校に行くので、どこまで変化があるか楽しみ*\(^o^)/*
スポンジのようにみるみると色んなことを吸収できる彼らが、ぷっくりしたトマトみたいに艶々のキラキラの感性を育んでくれるとよいなー





少し前のことになりますが…

4月の中頃、夕方に初めてのクライアントさんから無料カウンセリングのお申込みがありました。

その日は、ちょうど夕方から新橋ビジネスフォーラムの予定でした。


対面とオンラインのどちらが希望かお伺いすると対面がご希望で、なんと既に新橋の近くにいらっしゃるとのこと。

「すぐに向かいます」

とのことで、待っていると若い女性がいらっしゃいました。



その女性は、入ってきた瞬間から、涙目で何か大きなストレスを抱えてることが手に取るようにわかりましたぐすん

お話を伺うと、職場での上司の圧力に耐えかねているとのことショック
その上司との関係から派生して、周りの人の目も気になってしまっているとアセアセ


しかも、その辛い状況は最近始まったわけでなく一年も前からのことだったそう。
この一年、彼女はその上司に認めてもらえるよう明るく振る舞い、接し方を変えたり、業務スキル向上に今まで以上に努めたり、とても努力をしているのです!

話を聞く限り、上司は何らかの理由から理不尽に接しているとしか思えず、私はフツフツと怒りが…ムキー
でも彼女はとても謙虚な性格で、怒りよりも悲しみとか困惑が強いようでした。

さらに辛い事に契約の関係で、今は辞めるに辞められない…いま退職を決めても早くて来年の5月までは同じ環境に身を置かなくてはならないとのことガーン



その環境で、少しでも気持ちを楽にして前向きに来年までを過ごせるためにどうしたらよいのか…



お話を聞いた上で、腸心セラピーの説明をすると「ぜひ、受けたい」と、60分のセッションをさせて頂くことになりましたひらめき電球

セラピーの最中は、ジッと天井を見据えて、ポツポツとお話をしてくれながら
ずっと涙を流し続けていた彼女


しばらくすると、話の内容は、職場の上司から家族関係に…

腸からも脈動を感じるほどの反応が!

三姉妹の真ん中に育った彼女
大事にされてることは頭では理解しているんだけど
それでも
もっと愛して欲しい

そんな思いを抱えていたそうです。


腸が柔らかくなり、セッション終了。

ベッドから起き上がった彼女に、泣くほどに悩んでいた上司との関係を思い浮かべてもらって変化を聞くと

「どうでもよくなりました!」

と、元気に答えてくれ
その日、初めての笑顔を見せてくれましたお願い



新橋ビジネスフォーラムを借りるようになって、思い立った時にその足で相談に来られる場所を作れたんだな、と、とても実感出来た瞬間でした。


その日は、教え子も別件で相談に来てくれていて


いつでも
何かあったら相談に行ける場所がある
とか
何かあったら相談できる人がいる
とか

とても大事だなーと、改めて思いました。


私も、普段から頻繁に連絡をするわけでなくても、何かあったら絶対に味方になってくれる、親身になってくれる人がいます。

それって、ただそれだけで、お守りのようなものな気がします。


なので、


わたしは、ここにいるよー

いつでも、おいでー

そんな風に言える自分でいたいな、と思ってます。

詳しくはこちら