ぴあ「JALホノルルマラソン2018」ツアーに歌で応援参加!

高橋尚子さんからの依頼を受けて今回スペシャルサポーターとして、
歌で皆さんを応援させて頂きます。

詳しいことはこちらまで。
●ぴあホノルルマラソン WEBサイト
http://pia-honolulu.jp/

●チームぴあ フェイスブック
https://www.facebook.com/teampia.co.jp

雨対策

テーマ:
去年のライジングサンに続き、今年のJOIN ALIVEも、北海道夏フェス2年連続雨。。


と思ったら、今年は私達の出番の頃には、嵐のような大雨が、なんとまさかの青空に!

去年の学習をせず、何の疑いもなく、またもやお気に入りのGIVENCHYのサンダルで北海道へ行ってしまったおバカな私。

まさかの土砂降りに、去年同様、コンビニ袋を被せてJOIN ALIVE入り😅


ガールズのみんなにも、コンビニ袋を配り、みんなで雨対策。



実はこれ、まだチビゴチビカが本当のチビだった時代、電車の中で、みんながそうなように、クルッと逆さまになって窓にへばりついて景色を見たがった。

周りの方にご迷惑になる、、けれど、私も子供の頃見たかったし、窓から外の景色を見るって、大人になった今でも楽しい。。

そこで、たまたま持っていたコンビニ袋をクルッと子供達の靴に被せたら、まわりのオバさん達に、まぁ賢いわね、いいアイデアね、、、と褒められた😊


それ以来、何年も電車に乗るときは、口封じのハイチュウと、コンビニ袋を欠かさず持ち歩いていたのです😅

それを思い出し、去年自らの足にコンビニ袋を被せて、いい気になっていたら、なんと、歩いているうちにコンビニ袋が破れ泥水が浸水してきた💦💦ので、今年は二枚重ねで‼️


時すでに遅しで、スニーカーがびしょ濡れになった子は、靴下の上からコンビニ袋でその上に靴を履く。
知り合いの出演者、知らない出演者にも、頭いい〜、いいアイデア〜、、と注目だったようで😅

雨から沢山学ぶ😅


来年はサンダルで来るのはやめよう、または、雨よ降らないで下さい😅


ガールズと初めてのフェス、本番は気持ちいい青空まで覗き、風がフッと通り抜けて、最高に楽しかった‼️

お疲れ様!カンパーイ‼️




iPhoneから送信

知らない世界

テーマ:
なかなか長いこと生きてきて、いろいろ見てきたつもりだが、また1つ、知らない世界を見る事ができた‼️

ファンタジーオンアイスというアイスショーで、生の歌とスケーターのコラボ、という企画で、有難い事にお話がきた。

今は15歳になるチビカが、小学生低学年の頃にスケートを習っていて、毎日毎日リンクに送り迎えした事もあり、これもなんかのご縁かな〜って思いながら参加させて頂きました。

オールスケーターと、ダイアモンド、世界でいちばん熱い夏、を。
鈴木明子ちゃんとMを。
安藤美姫ちゃんとジュリアンを。
エラジ・バルデさんとDREAMを。

それはそれは美しく、力強い舞で本当に素晴らしかった‼️

出番前のスケーターがまとう、ピンと張り詰めた空気と、本番に凝縮された集中力が、たまらなく素敵だった!

きっと、0か100、失敗のリスクを背負ってリンクに出て行くから、出番の直前は、あんなにピリッとした空気に包まれるんだろう。なんか肌寒いのは氷のせいだけではない気すらした。

そんな緊張感が、たまらなく好きで、私も「この声がまっすぐ届きますように。この手が疑いを持ちませんように。集中できますように。」と、心で唱えてステージに上がった。

兎に角、質の高い集中を体験して、まだまだ私も青いな、、と感じた、刺激的で中身の濃い9日間でした。

最終日、最後のダイアモンドで、香さんがステージ行くともう終わっちゃうから行かないで〜と言っていた鈴木明子ちゃん!可愛い❤️
Mをとても大切に表現してくれました。最終日には、大きな目に涙をいっぱい溜めて滑ってくれました!



初日、本番の迫力にびっくりさせられた安藤美姫ちゃん!
ジュ〜リアン   の歌いだしは、もう少し間をあけて、、、とか相談しながら。
美しく力強いスケーターでした。




テレビ画面から想像するより、本物は俄然ブッちぎってて面白い‼️圧倒的な人間力で、リンクでも釘付け、バックステージでも釘付けだった織田信成君!
本番1分前に、信成くんはスケーター達と、各バージョンで気合い入れをする。それはそれは見たことの無いよーな気合い入れで、面白いな〜楽しそーだな〜いいな〜と思って見ていたら、ある日から私とも‼️
ハイタッチの後、ギター弾くポーズで気合い入れ🤣









このスケーター、47歳。遠い昔のトップスター!…なんか親近感😅
あちらもKAORIはとてもCOOL‼️だと🤣私、51歳よ❤️と言うと、25歳にしか見えない🤣って言われた⤴️⤴️と浮かれていたら、珍しく私の現場を見に来たチビカに「お世辞じゃない」と軽く切り捨てられた😭

お世辞でも嬉しかったわ😘

フィリップ・キャンデロロ‼️






大先輩達に混じって、18歳のホープ、三原舞依ちゃん!

色々ひょんな繋がりがあって。

ウチのチビゴと1つしか変わらないのに、もう自立して、リンクでしっかり自分を表現している。。同じ生き物と思えない。、凄すぎる。。

母さんの眼半分で、ついつい可愛くて目が離せなかった😅

数年後には、日本を背負ってるんだろーな〜😍

頑張れ〜‼️



そして、王者、羽生結弦君は、毎日毎日、リンクの所定の位置にちょこんと座って、ご飯を食べながら、サウンドチェックを見ていた。時に、ダイアモンド、や、世界一になると、振りを確認したり、気づくとまた戻って食べたり。😊

ただ一人、サウンドチェックを見ているスケーターだったので聞いてみると、その日のミュージシャンの感じを見たいんだ、と!

きっと、昨日と絶対に同じではない、今日の音を聞き、体に入れているんだろーな〜と思った。振り付けではない、音楽のキメ、つまり私がつい体で表現してしまうリズムのポイントで、羽生君もまた、そのポイントを感じて滑っている様子が何度も何度も伺えた。なるほど、だから羽生君なんだなー、と、静かに感動。

羽生君の本番は、テレビで何度も見ているけど、やはり、生で見ると、一枚の枯葉が風に舞っているというか、鶴が翼を広げているというか、儚い妖精のようでもあり、本当に美しかった‼️

チビカが生で見て、この世の生き物の中で一番美しい動きをする、、と、その日以来、ユーチューブで毎日羽生君の動画を見ているらしい😅でも、その気持ち、わかる!
本当にその通りだった。

そして世界王者は、人間も素晴らしかった。横にいるお母様に、どーやって育てたらこんな素晴らしい息子が育つんですか??と、心の中で、何度も問いかけた😅


…などなど、まだまだ書ききれないぐらい、外国人スケーターともデタラメな英語で心を通じる事多々ありで、最終日は、旅の一座解散、で、淋しい空気があちこちに。

一人でリンクに上がるアスリートの姿は、本当にカッコよかったし、ジャンルの全く違うコラボは、見た事のない、沢山の素晴らしい景色を私に見せてくれた!

夢の9日間でした。

感謝‼️



iPhoneから送信