Angel Voice ~横洲 かおる オフィシャルブログ~

Angel Voice ~横洲 かおる オフィシャルブログ~

劇団四季出身。千葉県を中心に全国で歌手活動を行っている横洲かおるのオフィシャルブログです。
コンサート、イベント情報をはじめ、日常の様々なことを綴っています。
HP: k-yokosu.com

皆さん、こんにちは♪

Voice Artist 横洲かおるです。


22日は久々のホールコンサートでした。




横洲かおるが贈る

ひとりミュージカル


と題し、ひとりミュージカル「サウンド・オブ・ミュージカル」を上演。

今回、初となる映画の中で使われている曲を全曲盛り込み、40分のステージをお届け致しました。

ピアノは高知尾純さん♪


一部は色々と考えた末、ミュージカルの歴史をテーマに様々な曲をお届けすることに!

お子様ランチのように少しずつではありますが、ミュージカルが誕生してから今日まで、どんな作品がどのような方々によって作られたのか。そんな話をしながら曲のご紹介を。

サッカーでお馴染みの"You'll never walk alone"は実は「回転木馬」に出てくる曲だった。とか、オクラホマ州歌はミュージカル「オクラホマ!」に出てくる「オクラホマ」と言う曲だとか。

そんな「へ〜。」話も交えて♪


「へ〜」ボタン、用意したら面白かったかも!!







そしてなんとビックリ!

一節だけ口ずさんだ程度のものも含めると、一部で15曲、2部で11曲+アンコール1曲。

合計27曲も歌っておりました!!!





朝10時のリハから本番終了16:00までの6時間、ほぼ歌い続けているという、驚異の1日!


1部だけ、2部だけでもコンサートとしては成り立ってしまうようなボリュームだったので、1部はテンポ感のいい、軽めの曲を多く盛り込んだのも振り返ってみればいい方向に行ったかなぁ。


今回は高知尾さんにもマイクを手にして頂き、やりとりも色々させて頂いて、いつもとはちょっと違ったコンサートに♪

そんなコンサート、毎回ハプニング続きですが、今回も表も裏も色々ありました。。。


2部の始まり直前、上手袖に小道具の確認に行った私。

なんと、出口のドアがどこにあるかわからなくなってしまい、上手袖に閉じ込められる事件勃発!!

周りはもちろん何も気が付いていないわけで、一人でバタバタ。。。

光を頼りにドアを開けようと隙間を覗いたら、そこはステージ!

「確かここがドアだったはず〜。でも取手らしきものはない!!!」半泣き状態の開演1分前。。。

もう、上手から出るしかない!

と思ったその時、ドアが開いたじゃありませんか!!!

たまたまスタッフさんが入っていらして私を救って下さいました!!!

速攻で下手へ移動。

その瞬間、2部「サウンド・オブ・ミュージック」のオープニング曲を高知尾さんが弾いている音が!!!

大急ぎで最初のナレーションを読み、そのままステージへ!!!


間に合ったぁ!!!!!!


本当に一時はどうなることかと思いましたが、2部の幕は無事に開いたのでした。

そして、このドタバタ劇、もちろん私以外の誰もこんなことが起こっていたことは知る由もなく。。。でした。


実はまだまだ色々ありましたが、お客様の暖かいお心に無事、フィナーレを迎えることができました。







目まぐるしく色々なことが変化している世の中ですが、心のオアシスとなれるようなひと時を感じて頂けるよう、これからも歌い続けていきたいと思います。

ご来場の皆様、お手伝いして下さった皆様、ホールスタッフ、制作の皆様、そして、ピアニスト高知尾純さん、本当にありがとうございました!


※写真はリハ時&終演後のものです。

皆さん、こんにちは♪

Voice Artist 横洲かおるです☆

 

コツコツとアップしてきた譜読み講座の動画が最終回を迎えました!

 

この動画は、歌を歌うために必要な楽譜の読み方を、簡単にご紹介しているものです。

耳コピで歌うももちろんいいのですが、楽譜には、耳コピからは分かりづらい、その曲の色々なことが記されています。

音をとることももちろん楽譜でできる方が絶対にいいですが、その楽譜に書かれている作曲者の想いを受け取ることができるとその曲の表現がさらに広がります!

 

そんな色々の中から、最低限これは知っている方が役に立つよ〜!というものをお伝えしています。

当初、5回完結の予定でしたが、前半後半に分けた回もあり、全7回となりました。

 

歌を歌うことが大好きな皆様へ贈る譜読み動画です。

是非、ご覧下さい♪

 

※すでに楽譜が読める皆さまにとっては、あまり為にはならないと思いますがご了承下さい。

 

ということで!

こちら、全7回分の内容です♪

(YouTubeへのリンクになっておりますので、クリックして下さいね♡)

 

♪Lesson1 楽譜のド・レ・ミ

 

♪Lesson2 音符の長さについて(前半)

 

♪Lesson3 音符の長さについて(後半)

 

♪Lesson4 拍子について

 

♪Lesson5 鍵盤のド・レ・ミ

 

♪Lesson6 調号について(前半)

 

♪Lesson7 調号について(後半)

皆さん、こんにちは♪

Voice Artist 横洲かおるです☆


昨日は、3〜4ヶ月に一度出演させて頂いている、船橋にあるJazz BAR「コクリコットフォルテ」でのライブでした!





蔓延防止措置が明けたとはいえ、まだまだライブ開催はなかなかハードルが高いのが現状です。


そんな中にも関わらず会場に足を運んで下さった皆様には、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

せっかく、貴重なお時間を空けていらして下さったのですから、「来てよかった!」と思える楽しいひと時をご提供するぞ!

と今回はいつもより多くJazzのスタンダードナンバーを入れてみました。


とは言え、一度私から放たれた音はそれ以外どうにもできるものでもなく、お聴き下さった皆様の心に少しでも届いてくれていたら嬉しいなぁ。と願うばかりです。


昨日は、私がなぜJazzを歌うことになったのか。というお話も2ndステージではさせて頂きました。

人生というのは本当に何が起こるかわからないもので、「なぜこうも毎日、神様は私に試練を与えて下さるのだろう。」と思ってしまいたくなるほど3秒先は未知の世界です。

何を隠そう、Jazzとの出逢いもそんな突然の出来事だった訳です。

あれから15年くらい経っているのでしょうか。

やっと、「Jazzってこういうものなのかぁ!」と、やっと少し近づけた気がします♪


何はともあれ、人生は様々な波を乗り越えていくことの連続。

ひとつひとつ受け取って、一歩一歩進んでいきたいものですね。


話が大きく逸れてしまいましたが、昨日はいつもお世話になっているピアニスト小野孝司さん、そして、前回に引き続きご参加下さった音楽仲間でパーカッションのパーカス石井さんとご一緒させて頂きました♪



昨日の発見は、小野さんの一瞬のリズム変化を聴き逃さず、パーカスさんが叩くリズムを変化させているということ。

この微妙な変化をキャッチするってすごいなぁ。と思いながらお2人のアドリブを聴き、「よし!次は私!どのリズムで来る??」とドキドキワクワクしながら音に集中する。これが音楽で会話するっていうことなんだろうなぁ。と思いました♪


きっと、このやりとりをご覧になっていらっしゃるお客様もドキドキワクワクでしょうね!


そんなコクリコットフォルテライブ、次回は8月5日(金)となります。


そして!


6月14日(火)には、銀座シグナスでもJazzライブに出演させて頂きますので、皆様、是非お越し下さい♪


また、5月22日(日)にはプラッツ習志野にて、ひとりミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を上演させて頂きます。

こちらも是非♪





それでは、素敵な週末を♡

こんにちは!

Voice Artist 横洲かおるです♪


新京成電鉄で今日から年末までふなっしートレインが運行♪


ということで!!


昨日、「ふなっしートレイン出発式」が新京成電鉄車両基地にて行われました。

5年前にもあったコラボ企画!

ありがたいことに、今回も出発式の司会をさせて頂きました♪


朝から降っていた雨も、ちょうど出発式の時だけ止んでくれたという奇跡!

ん?

5年前もそうだった気が。。。


ふなっしーは船橋市の非公認キャラクターということで、これまでも何回かご一緒させて頂く機会がありました。

そんなふなっしーですが、今回、特に感じたのは、ふなっしーの曲の歌詞もそうだし、ご本人もそうですが、元気をみんなに与えてくれている存在なんだなぁ。ということ。

終始みんなを笑顔にしてしまうパフォーマンスをしているのを見て、「あははっ!」と思わず笑ってしまいながら、なんだかとっても楽しい気分になりました。

今更かもしれませんが、ふなっしーってそういう存在なんですね!


ふなっしー、元気をありがとう♪


これから年末まで、新京成電鉄では、ふなっしートレインが運行します。

みんながこの電車を見て、元気になってくれるといいですね。


駅長さん方と記念日撮影☆



今回はふなっしーの仲間もプリントされています。


☆おまけ☆

時々、インスタやFacebookでアップしている15秒ソングを撮ってみました♪



あけましておめでとうございます。

 

Voice Artist 横洲かおるです♪

 

本年もよろしくお願いします。