カンザキ建設のWEB住まい塾

ヒノキと漆喰は人類を救えるか

 

 次のカビ実験をご覧ください。

 

 ヒノキや漆喰から出る気体が殺菌力を持った空気になり、ビン全体の空気を浄化していることが分ります。ヒノキと漆喰はカビ菌を殺しているのです。

 

 天然乾燥のヒノキや杉から発する「揮発性芳香物質」は、殺菌力だけではなく、人の心を落ち着かせたり、人の免疫力を高める効果も持っています。

 漆喰の主成分、消石灰は、水を含むと強アルカリになりウィルスを不活化します。空気の循環により漆喰壁の表面に付着した各種ウィルスは、漆喰の強アルカリと脱水力により死滅するのでしょう。 

 

 このような時期に、カンザキ建設で建てられたお客様から「家の空気が爽やかで、住み心地が良く、安心だ」と大変お喜び頂いております。

 日本人は2600年以上、こうして家を建ててきているのです。

 自然の摂理は、科学的に正しいのです。

 

 今、コロナウィルスが世界中に広がる中、ご自分とご家族の命を守る一つの方法として、家を建て替えたり、リノベーションするときは、天然乾燥のヒノキなど、人の免疫力を高め、空気を浄化する効果のある、「無垢の木と漆喰」をお使いになることをおすすめします。