テーマ:

 

 

「伝統工法を現代に生かす」という理念で、伝統工法の基本は何か、また何をもって伝統工法と言うのか、自分なりに考えてきました。

そのために、京都の御所・法隆寺・宇治の平等院等を見て、そこから学び、感じたことを書いてきました。

 

柱と梁の組み合わせと、その木組みの方法を前にも述べています。

 

次に述べることは、日本の伝統工法の根本・基本と言えることです。

これは、現在国が認める建築基準法に揚げる建築構造と根本的に異なるもので、一般的に認められていません。

 

今の建築基準法の考え方は、地震の時、地球が振れても、その振れにガッチリ耐えられるように求めています。そのため、建物は土地の一部となる基礎を柱・土台としっかり結びつけ、耐える、つまり耐震強度を高める考え方です。

 

この意味で、カンザキ建設の建物は、どこにも負けないように丈夫に建てています。行政の趣旨に非常に忠実に守っているようなものです。

写真ⒶⒷが、その写真です。

 

 

 

一方、千年以上前からその技術が受け継がれていて、現に建ち続けている伝統工法の建物は、建物の柱が地面に置かれた石の上に乗せられているだけです。お寺の鐘が吊るされている構造の、ある寺の柱は、石の上に乗せられているだけです。このことは、以前から何回も述べていることです。写真Ⓒをご覧ください。

この石のことを鳥居の場合は「亀腹」(カメバラ)と言い、建物の場合は「礎石」と言います。

 

 

つまり日本人は、地球と言う自然の力と対抗せず、ある意味、力を受け流すという精神です。それで500年~千年と建ち続けているのです。

この日本の智慧と誇りの工法を、今の国の行政、及び官僚が理解していないのではないかと疑問に思います。

 

ところが、ある建築雑誌で、伝統工法の建物を実際に作り、耐震実験をしているのを読みました。そして行政に建築基準の改正を働きかけようとしているのです。

その人達に敬意を表したいのは、柱を石の上に置く、ある意味地震と縁を切る、日本の伝統工法の原点を守って実験していることです。

素晴らしいことだと思います。

 

日本の建築の未来に、かすかな光を見た気がしました。

 

AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。