こんにちは!本日は飛行日誌のお話をしたいと思います。

 

皆様飛行日誌はちゃんとつけていますか?

 

 

飛行日誌とは、特定飛行(DID、空港周辺、150m以上、イベント上空、30m未満、夜間、目視外、危険物輸送、物件投下)をした時には必ずしなくてはならない、いつどこでどのくらい飛行したのかを記入する日誌です。

 

 

このシステムは昔からあり、かつては定期的に国交省に提出していたのですが、2022年12月から日誌を携行しなければならなくなり、具体的な罰則が付け加えられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「飛行日誌を備えずに特定飛行を行ったとき」

「飛行日誌に記載せず、又は虚偽の記載をしたとき」

→10万円以下の罰則

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、厳しい罰則が付け加えられているわけです...

しかし、紙の飛行日誌を毎回空撮に持っていくのもあまり現実的ではありませんよね。

 

そこで各社デジタルで管理しようと色々なアプリケーションやサイトを発売しました。そろそろ出揃ったと思うので、各社のアプリをご紹介致します。

基本的には、どれも飛行日誌・飛行前点検・整備記録・パイロットログ・日常点検表を航空局指定のフォーマットで出力できる、という点は同じです。

それ以外特徴的な部分を抽出しています。

 

 

 

 

 

 

↓                ↓                ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①UAV飛行日誌

有料買い切りアプリ¥700

IOSのみ

操縦者登録1名のみ

iphoneの位置情報を使用可能

 

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

 

 

➁UAV Flight Log

有料買い切りアプリ¥800

IOSのみ

操縦者登録1名のみ

飛行時間グラフが見れる

保険の更新時期をお知らせしてくれる

 

 

 

------------------------------------------------------------------

 

 

 

③ドローンノート

有料サブスクアプリ

・ライトプラン(広告表示と飛行時間制限、無料)

・スタンダードプラン(初回7日間無料お試し後、月額 300円)

・プレミアムプラン(初回7日間無料お試し後、月額 500円)

IOS、android対応

操縦者登録制限なし

位置情報を自動取得し記載可能

 

 

 

--------------------------------------------------------------------

 

 

 

④FLIHGT REPORT

有料サブスクウェブブラウザ

・ライトプラス(月額4,980円)

・ベーシック(月額14,800円)

操縦者登録 ライト 5人まで

操縦者登録 ベーシック 10人まで

飛行日誌の管理だけでなく、各種レポートの作成等多機能

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------

 

 

 

⑤JULC飛行日誌アプリ

無料アプリ(会員登録必須)

IOSのみ

操縦者登録 3名まで

スマホタップで離着陸の記載が可能

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------

 

 

 

⑥ BLUE SKY/Blue Innovation

ウェブブラウザ(JUIDA会員限定サービス)

飛行ログを自動でアップロード可能

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------

 

 

 

⑦FwriteDown

 

ウェブブラウザ

操縦者登録10名/ドローン10名まで無料

それ以上は月額4,980円のサブスク

 

 

 

 

---------------------------------------------------------------

 

 

 

 

以上⑦つの飛行日誌管理系アプリの紹介でした。

 

当校はいくつかのアプリを使用してみた後、飛行日誌以外のサービスは使用しないので、FlightDownに落ち着きました。

 

ドローンユーザーは自動航行のアプリがiPadのみだった時代があった事から

iphoneユーザーが多いので、IOS以外だとドローンノートのみというのが少し残念ですね。

 

皆様もこちらの記事を見て自分に合った飛行管理方法を見つけて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当校のHPはこちらから!

 

↓                 ↓              ↓