種まき1,000枚、完了しました~種まきの様子の動画付き~ | 勘六縁のお米

勘六縁のお米

岩手県遠野市にて、無肥料・無農薬の自然栽培米をさらに天日干しにした、こだわり米を作っている勘六縁です。
亀の尾という、日本でもっとも古い品種のひとつを作付しています。
夫婦で、ブログを更新しています。


テーマ:
こんばんは。

岩手県遠野市にて、無肥料無農薬米(自然栽培米)で亀の尾を育てている、勘六縁です。今日の担当は、陽佑です。

昨日から始めた種まきが、今日で終わりました。全部で1,000枚播きました。今回も、その様子を動画で伝えます。どうぞ、ご覧ください。



途中で、なぜかタワシが出てきます(笑)。水をかけるパイプがたまにつまるので、そのときのために置いています。

今年も、親戚の方と両親に手伝っていただき、無事に終えることができました。ありがとうございました。これでひと安心です。

これから1か月ちょっとの間、ハウス内での苗作りが始まります。芽が出て、順調に成長できるような環境にしてあげたいと思います。緊張しますが、頑張ります。

種まきが終わった苗箱は、軽トラでハウスに運びます。今年は、私と父の2人でずっとやりました。一番疲れる作業なので、いつもは交代しながらやりますが、今年は頑張ってみました。

運よく、昨日と今日は曇っている時間が多かったですが、たまに晴れるといっきにハウスの温度があがります。

そして、ハウスだけどサウナのような状態になり、一瞬にして汗だくになります。

そして、疲れます(笑)。

種まきした苗箱をハウス内に並べ終わり、万歳している裕美氏


まだまだ、2015年のお米作りは始まったばかりですが、今週は体が疲れました。4月~6月の3か月間が、自然栽培米作りにとってはとても重要です。今日はゆっくり休んで、また明日以降から頑張りたいと思います。

それでは最後に、いつもの「ぽちっと運動」にご協力頂けると嬉しいです。今日もご覧いただき、ありがとうございました。

菊池 陽佑さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス