観覧車♪の短編小説☆

短編小説を書いています。

刺激的な内容が多いので、ご気分を悪くされる場合もあるかもです。。。その時は本当にすいません。

ブログのアクセアップの方法や、ビジネスについての講座などもHPの紹介ページより、ご説明しています。


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

昨夜、婚約者の彼のマンションに行くと知らない女性がいて、

 

 

その場は、後日、話あいをするということで終わったんですが…

 


帰宅後、彼から、

 

 

「明日の夜8時に浮気相手の彼女が、

 

話があるからファミレスに来てとほしいと言ってる」

 

 

と電話がありました。

 

 

 


彼の浮気相手の彼女は、

 

 

高学歴でモデルの仕事をしてるらしくて、

 

とても綺麗な人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、会ってどうするべきかすごく悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


たぶん、浮気相手の彼女は、私から彼を奪い取る気満々です。

 

もし、ファミレスに来ないなら彼女は、

 

私の家に来ると言ってるみたいです。
 


なので、ファミレスに行こうと思います。

 

 

私も、一人の大人の女性です、

 

 

 

しっかりと、話しあいに応じて自分の意見を伝えようと思います。

 

 

 

そして、しばらくすると、婚約者の彼から、

 

 


「浮気相手の彼女が逃げずにファミレスにきてねと言ってる」ってメールがきました。

 

 

 

なんか、だんだん浮気相手より、

 

質の悪い彼に腹がたってきて、

 

どうして、こんな男を愛してしまっのかなって、

 

悲しくなってきました。

 

 

 

 

 

 

翌日、約束の時間にファミレスに到着すると、


婚約者の彼と浮気相手の彼女がいました。


二人の目の前に行ったら、浮気相手の彼女が、

 

「話しあいをして、白黒はっきりさせましょう」と自信満々に言ってきました。

 

 

 

 

でも、黙り考えてみると、

 

高学歴の彼女と話しあいをして、

 

論争で勝てるわけがありません。

 

 

 

私は、足がすくんでしまい、

 

 

一言も、言葉がでませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なので、

 

今までもらった誕プレなどを入れた袋と指輪、

 

そして、マンションの合い鍵を、

 

彼に渡して一言「ありがとう」と言って、

 

浮気相手の彼女に「じゃあ幸せになってください」と笑顔で一礼して帰りました。

 

 

 

やっぱり、話しあいをするのは、恐くて無理でした。

 

 

 

これで、よかったのでしょうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミレスをでた瞬間、涙が止まりませんでした。

 


悔しくて、帰宅後も、家でたくさん泣きました。

 

 

 

 

頭の中が、真っ白になって、

 

どんな道を歩いて、

 

帰宅したのかも覚えていません。

 

 

浮気相手の彼女には、

 

学歴や容姿では負けたけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

人間性では勝ったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。フィクションです

 

 

 



 



この、短編小説はいかがだったでしょうか

 

 

また、読んでみたいと思ってもらえたり、

 


少しでも何かを感じて頂けたなら嬉しく思います。



最後まで、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 
AD
いいね!した人

テーマ:

 

 


男ってバカですよね♪(笑)

 

 

 

 

合コンや飲み会の席で、

 

こっちが仕方なく、

 

お仕事は何をしてるんですか?とか

 

興味ないけど質問したり…‌‌

 

つまらない、話題に食いついたり‌‌

 

もしくは、仕方なく話題をふったりして‌‌、


その場をとりつくろう、

 

社会的な大人の対応してたら‌‌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐにコイツは、

 

俺に興味があるって勘違いするし‌‌(笑)

 

そして、メールや電話を知らんぷりしてたら‌‌

 

もう、他に君より可愛い女の子と‌‌知り合ったから、バイバイって、

 

捨て台詞のメールまで送ってきて笑えます(*^_^*)‌‌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達のような美人は、ハッキリ言って彼氏がいますし‌‌、


人数あわせや女友達に頼まれて‌‌、


仕方なく合コンや飲み会に参加しています。‌‌

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、男性に奢ってもらうことは断りますし‌‌


割り勘したうえで、楽しい時間をありがとう、

 

ごちそうさまでしたと丁寧にお礼を言います。‌‌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっ、これは、サヨウナラの意味ですが…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 


私達、美人は、

 

 

彼氏や興味があると感じた男性にだけ、おごってもらっています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

私は現在、3人の子供たちのお母さんです。

 

 

 

今日が、結婚して10年目の記念日なので、

 

旦那との出会いを思い出して、

 

アメブロで記事を書いてみました。

 

 

「私を選んでくれてありがとう。本当に幸せです。」

 

 

旦那には、普段、照れくさくて、

 

 

口にだして言えないから、ブログに書いてみました。

 

 

旦那との出会いは、飲み会でした。

 

実は、あの時、

 

捨て台詞のメールを私に送ってきたのは、

 

当時の旦那です。

 

 

 

あの、一通のメールがなかったら、

 

私達、夫婦は、結ばれていなかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。フィクションです




 



この、短編小説はいかがだったでしょうか

 

 

クスっと笑ってもらえたり、


少しでも何かを感じて頂けたなら嬉しく思います。



最後まで、ありがとうございました。

 

【観覧車のメルマガのご案内】

 

⇒無料メルマガの詳細はコチラ

 

 

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

 

 

旦那とドライブ中・・・


信号待ちで黒塗りのレクサスから・・・


体格のよい黒いスーツの男性四人が降りてきました‌‌。







私達の前の黒塗りの・・・



レクサスのドアが、同時に4枚開いたんです。



私は、鳥肌がたち震えました‌‌・・・



体格のよいイカツイ男達は・・・恐い関西弁で、



「オマエなんちゅう運転しとんじゃ!‌‌」



「降りて来んかいワレ!!‌‌」

 







すると、旦那は顔色1つ変えずに・・・


わかりましたと・・・


冷静に車から降りました・・・



そして、旦那はイカツイ男性達に・・・


ニコニコしながら、こう言いました・・・



僕は、真っ直ぐ走っていただけです‌‌。


たぶん、他の車と勘違いされてますよ‌‌。


なので、この件について謝るつもりは一切ありません・・・


‌‌ですが、話を聞いてください・・・


貴方は、迷惑運転をされて被害者‌‌・・・


僕も迷惑運転の犯人扱いをされて被害者‌‌。


なので、こうしませんか?


僕はこれから車の運転を気を付けます。
 



アナタの顔もたつし・・・


僕の顔もたちます‌‌・・・


これで話を丸く納めていただけませんか?‌‌


僕は、男としてアナタに頼んでいます・・・

 

アナタの下から話をしています‌‌。
 

 

 

 


すると、体格のよいイカツイ男性達は、


兄ちゃんは素晴らしいな・・・


話にキッチリ筋が通っている‌‌・・・


このような話術で旦那は・・・


男性四人と笑顔で握手を交わし・・・



車のトラブルをたった45秒で解決しました。

 

 







旦那のトラブルの解決方法は・・・


正しかったんでしょうか・・・


車から降りたことは、少し危険だけど・・・


私は素敵だなと思いました・・・


・・・(・ェ・`U)

 

 

 






。。。フィクションです。
 

 

 

 

 

私は、最近プライベートで、

 

 

車のトラブルや自転車の事故などを見かけることがありまして、

 

こういった話を書いてみました。

 

自転車に乗るお年寄りの方は、スピードを出して来る人に対して、

 

 

怖いおもいをして、おびえている場面をみかけます。

 

 

安全は、人と車の譲り合いだと思うので、

 

 

気持ちに余裕をもって、

 

 

怪我や事故をしないように、気をつけてくださいね☆

 

 




 



この、短編小説はいかがだったでしょうか

 

 

 


少しでも何かを感じて頂けたり、

また読んでみたいと思ってくださったなら嬉しく思います。



最後まで、ありがとうございました。

 

 

 

 

【観覧車のメルマガのご案内】

 

⇒無料メルマガの詳細はコチラ

 

 
 

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

 

 





8月の初旬・・・


女友達と買い物の帰り、駅前で・・・


中学生同士の殴りあいの喧嘩を見ました。

 

 







もう、お互い血だらけで・・・


飛び蹴りをしあったり、むちゃくちゃな喧嘩で・・・


死ぬまで、負けを認めない感じの・・・


相当負けず嫌い同士の、男の子の喧嘩でした・・・


通行人の大人はわりと・・・


止めないんですよね・・・


懐かしいみたいな・・・


青春だなぁ・・・


みたいな感じで、微笑ましく見とれるだけで・・・


ただ、通りすぎて行くだけでした。


夏休みだから、

 

たぶん、塾の帰り道での・・・

中学生同士の喧嘩だと思います・・・

 



やがて、母親が・・・

帰りが遅いから駅前に・・・

迎えに来ました・・・


そして、喧嘩に負けて意識を失った・・・


中学生の息子を抱きよせて・・・


名前を呼ぶが応答せず・・・


そして、救急車と警察が来ました・・・

 




 

 

 


3日後・・・


喧嘩があった駅前には


花束やお菓子が供えられてました・・・


さらに、5日後には警察が駅前で・・・


いろいろと調べていました。

 

 




 

 

 


そして、1週間後に・・・


女友達のスマホの留守電に・・・



『どうしてあのとき、喧嘩をとめてくれなかったんだょ、お前を・・・』


地獄をさ迷う、少年からの・・・


呪いのメッセージです・・・





そして、女友達は・・・


一週間後に事故で他界しました・・・





そして、昨夜、私のスマホの・・・


留守電に少年からの・・・


呪いのメッセージが・・・


録音されてました・・・


私の命は、あと一週間になります。






そして、このブログを読んだ・・・


皆さんの命も・・・


あと一週間になります・・・


ひとつだけ、この少年の呪いを・・・


とく方法があります・・・


それは、この記事を読み終わったら必ず・・・


下のツイートボタンを押してください。


ツイートをしてあげる事で・・・


地獄を、さ迷う少年を・・・


天国に導いてあげることが・・・


できるからです・・・






ツイートしてあげる事で・・・


少年の呪いから解放され・・・


皆さんは、生き残る事ができます・・・


このブログが少年を・・・


天国に送り届ける・・・


架け橋となるからです・・・







このブログを読んだ・・・



皆さん全員が生還される事を・・・



心より祈っています・・・

 

 

 

 


・・・

 

 

 

 

 

 

。。。フィクションです

 

 

 

 



 



この、短編小説はいかがだったでしょうか




少しでも何かを感じて頂けたり、

また読んでみたいと思ってくださったなら嬉しく思います。



最後まで、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 


今朝、出勤途中に車同士の事故がありました‌‌...






歩行者用の信号待ちをしていた私の目の前でです‌‌...




車同士の朝の急いでる場面の激しい正面衝突でした… ‌‌

 




偶然、私はスーツの胸ポケットに携帯を入れていました‌‌...


 




私はガラケーの分厚く硬いプラスチック製の物を使っています‌‌...





素材はポリカーボネートだと思います..


 




車の事故の瞬間にボディの尖った鉄のカケラが飛び散りました..




そして...


私の胸ポケットに入れていたガラケーに突き刺さりました ‌‌...



おそらくスマホなら柔らかく薄いので‌‌貫通し...



私の心臓に突き刺さり‌‌...



即死していたと思います‌‌...



私は1メートル後ろに転びましたが無傷でした...
‌‌



このガラケーは‌‌...



高校2年から24才まで6年間付き合った



初恋の彼氏が私の誕生日プレゼントでくれたものです ‌‌...




 






彼は3年前に癌で他界をしました...




病院で息をひきとるまえ..




彼は私の手を握り...




俺は死んでからも...




天国からオマエを守ってやる...




繰り返し私に言った後に...




永遠の眠りにつきました...(*´;ェ;`*)



 





破損したガラケーを開いてみると...



彼が微笑みながら私に...



約束は守ったぜ...




と語りかけてきた様な気がしました..


 




今日は仕事が休みなので...



初恋の彼が好きだった思い出の場所...


海を見に来ました...


命を守ってくれてありがとうってお礼を言いました...


もう、壊れたガラケーでは


彼との思い出の写メを見ることはできなくなったけど...


時々、心のアルバムを開いて...


彼との思い出のページへ訪れたいと思います...
 

 

 

 

。。。フィクションです


 



この、短編小説はいかがだったでしょうか?




少しでも何かを感じて頂けたり、

また読んでみたいと思ってくださったなら嬉しく思います。



最後まで、ありがとうございました。
 

 

【観覧車のメルマガのご案内】

 

⇒無料メルマガの詳細はコチラ

 

 


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(12)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。