タケちゃんの歯ぎしり用マウスピース・漢方薬・鍼灸の世界

タケちゃんの歯ぎしり用マウスピース・漢方薬・鍼灸の世界

大阪梅田で歯ぎしり・食いしばりから歯と全身を守るオリジナABO式マウスピース専門の歯科医院を開業しています、皆が考えている以上に歯ぎしりは全身に悪影響を与えています、それを伝えたくてブログを書いています。

漢方薬と言えば長期に飲んで

体質を改善するイメージが

強いと思います。

 

しかし、漢方薬の中には

短期間使用して終わり・・・

といった漢方薬も多くあります

 

その1つに

芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)

ツムラの医療用漢方なら68番

があります。

 

薬草はシンプルで

1)芍薬(シャクヤク)

2)甘草(カンゾウ)

2つだけです・・・

 

漢方薬は一般的に

多くの薬草を使用した漢方薬は

効き方がマイルド

 

薬草の数が少ない漢方薬は

効き方がシャープです

 

漢方薬は1つの薬草だけの

漢方薬は無く、最低2つ以上

の薬草を使用した薬を

漢方薬と言いますので

 

2つの薬草の芍薬甘草湯は

最も少ない薬草数で作られた

漢方薬だという事です。

 

つまり即効性がある漢方薬です

筋肉の痙攣と痛みを抑える

効果があります

 

夜間に起こる「こむら返り」は

とても辛いですね、痛みが引くまで

ひたすら我慢しなくてはなりません

 

この「こむら返り」に良く効くのが

この薬です

 

芍薬甘草湯を飲んでから寝ると

こむら返りが起こりにくいので

ぜひ試してください

 

その他に

筋肉の痙攣緩和を利用して

市民マラソン ランナーは

マラソンの途中でこの漢方薬を

飲みながら走る方もいます

 

練習量が少ない市民ランナーは

35㌔を過ぎたあたりから

足の痙攣との戦いになります

 

立ち止まっては、ふくらはぎを伸ばし

痙攣しないように走らねばなりません

 

制限時間内にゴールしたいが

足がつりそう・・・止めようか・・・

ここまで走ったのだから

42.195㌔走りたい・・・

 

足が痛い・・・辛い・・・

 

そういう状態で走っている時に

ポケットに入っている芍薬甘草湯

はとても頼もしい仲間であり

お守りなのです・・・

 

ギリギリの状態で

漢方薬を飲むと

薬の効果を体験できます

 

実体験の話なので

ついつい、熱くなりましたが・・・

 

スポーツをされている方にも

応用できます!

 

歯科では顎関節症による

筋肉の痛みに使用される漢方薬です

 

芍薬甘草湯は

ずっと飲み続ける薬ではなく

症状が治まれば、飲むのは

終わり・・・といった飲み方をする

漢方薬だと覚えておいてください。

(その27に続く)

 

ABO歯科クリニック 英保武志

 

前回までに

気・血・水について

説明させていただきました

 

に関しては

 

気虚(気のパワー不足)

*元気がない状態

その時には

1)補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

 

気滞(気の滞り)

*ストレスが続いている状態

その時には

2)加味逍遥散(カミショウヨウサン)

 

に関しては

 

血虚(血のパワー不足)

*貧血タイプ

その時には

3)十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)

 

瘀血(血の滞り)

*舌・唇が紫色、シミ・クマ

その時には

4)桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

 

に関しては

 

水虚(水のパワー不足)

*肌の乾燥・かさつき・口渇

その時には

5)麦門冬湯(バクモントウドウ)

 

水滞(水の滞り)

ムクミ・舌苔が厚い

その時には

6)五苓散(ゴレイサン)

 

1)~6)の6種類の漢方薬を

勉強して、使ってみてください。

 

何年かかってもよいので、この

基本になる漢方薬の使い方を

身につければ一生、役立ちます

 

何十種類・何百種類の

漢方薬がありますが

 

数多くの漢方薬を少しずつ

試すより、

 

基本中の基本と

言われている漢方薬を

しっかり使いこなせるように

なる方が

 

人生において

絶対に、役立ちますので

基本漢方薬

の勉強・経験をしてください。

(その26に続く)

 

ABO歯科クリニック 英保武志

水の滞りについてお話ししました

自覚症状としては

ムクミがポイントになりますが

 

自分がムクンデいるかどうかの

判断を自分で行うのは

少し困難かもしれません

 

そこで・・・

 

私も水の滞りの診断に

使っている方法に

舌診」(ゼツシン)があります

 

舌診は舌の色・形

苔の付き方・色 

等をチエックして

 

その方の全身状態を把握する

診断方法です

 

水の滞りの舌診の特徴は

に現れます

 

庭の苔でも、よく育っている所は

湿度が多く、濡れている所です

 

人間も同じで身体に水が増えれば

苔も増えると考えています

 

ご自身の舌を出して鏡で見てください

 

舌の上の苔が多くて、分厚い時

水の滞りがあると考えて

よいと思います。

 

普段は元気で苔の少ない方でも

二日酔いになるぐらいお酒を飲んだ

次の朝はいつもより苔が多いいと

思います。(一時的ではあっても

水の滞り状態になっているということです)

 

歯科医院では舌の上の苔を磨く

苔用の歯ブラシもありますが

 

歯ブラシで苔を擦って減らしても

身体全体の、水の滞りは

改善していないので

 

私は、漢方薬を使用し

水の滞りを

改善することにより舌苔を

減らす事もよく行います。

 

下記は私のクリニックの症例です

 

写真左は漢方薬投与前の

舌苔の状態です

 

口渇があり

苔が厚いので

水の滞りと診断しました

 

そこで

五苓散(ゴレイサン)を14日間

口渇を改善する目的で投薬しました

 

右が14日後の舌です!!!

見事に舌苔が減っていますね・・・

 

身体全体の水の滞りも

改善されていると思います。

 

舌苔が多い方は口臭も

強い方が多いです!!!

 

ムクミが気になり

舌苔が厚く・口臭が

気になる方は

 

五苓散(ゴレイサン)

 

試してください。

(その25日に続く)

 

ABO歯科クリニック 英保武志

水の滞りを改善する、漢方薬は

五苓散(ゴレイサン)です

 

ツムラの医療用漢方なら17番

の薬です。

 

五苓散は

猪苓(チョレイ)

沢瀉(タクシャ)

 

蒼朮(ソウジュツ)

茯苓(ブクリョウ)

 

この4つの薬草は

全て水滞を改善する薬草です

 

それに

桂皮(ケイヒ) シナモン

を加えて5つの薬草なので

苓散の名前がついています。

 

歯科でも口渇(口の乾き)で

保険適用になっています

 

わかりやすい、例として

お酒を飲みすぎた次の日

身体は水分でパンパンなのに

口が乾き、水を飲みたく

なります、この口渇に対しても

五苓散は良く効きます!

 

五苓散は二日酔い予防にも

活用される漢方薬なので

 

お酒を多く飲む日は

飲む前に五苓散を飲んでおき

次の日も五苓散を飲むと

 

二日酔い予防に役立ちます・・・

 

(しかし、飲みすぎは駄目ですよ・・・)

 

五苓散は

口渇・浮腫・二日酔い・めまい

嘔吐・頭痛・下痢などに出される

 

漢方薬なので、この様な症状が

ある方は試されるとよいと思います。

(その24に続く)

 

ABO歯科クリニック 英保武志

 

今回は水の滞りについての話です

水の滞りを、水滞(スイタイ)と言います

 

本当は出ていく水分が体内に

残っている状態と考えるとよいです

 

わかりやすい症状としては

ムクミ・浮腫があります

顔がむくんでいたり

靴下のゴムの跡がつきやすい方は

水滞の可能性があります

 

水滞の全身症状としては

身体がだるい・頭が重い

シビレ・けいれん

 

口が乾く・口がねばる

めまい・乗り物酔い

(乗り物酔い改善の漢方薬は

水滞を改善する薬です・・・

面白いですね・・・)

 

湿度が高くなると体調が悪くなる・・

など、日本人の多くが水滞の

症状に悩んでいると言われています

 

その理由として・・・

日本は海に囲まれた国なので

水(湿度)の影響を受けやすい

のではないかと・・・

 

他の国に比べて日本では

水滞を改善する漢方薬が

多く使用され効果を出しています

 

中国の内陸は乾燥しているので

水滞改善の薬はあまり使わないとの事です

 

ミュージシャンが使う

ギターも、日本は湿度が

悪影響与えるので

ギターケースに乾燥剤を入れて

保管するのに対し

 

海外では湿度を維持するために

リンゴ?を

ギターケースに入れて

保管しながらコンサートを

回っているという音楽記事を

見たことがあります

 

環境(自然)が変われば

漢方薬 選びも変わることに

なります。

 

次回は日本人に有効な

水滞を改善する漢方薬を

紹介します。

(その23に続く)

 

ABO歯科クリニック 英保武志)