自分らしく、幸せになりたい人へ 西洋手相術 YUTAKA

自分らしく、幸せになりたい人へ 西洋手相術 YUTAKA

西洋手相術のYUTAKAが手相を始めとした
占いのことを書き綴るブログです

鑑定メニューは3つあります。

1、西洋手相術+西洋占星術 60分
(1万円・消費税込)

2、西洋手相術+西洋占星術+トートタロット 90分
(1万5000円・消費税込)

3、西洋手相術+西洋占星術+トートタロット+惑星数秘術+ルーン 150分
(2万円・消費税込)

詳しくは、https://www.kanotako.com まで

手相は、主にその人の性格や傾向、体質的なものを鑑定します。
西洋占星術は、手相の影響の深層を鑑定するのに活用します。
幸運が訪れる時期なども判別できます。
タロットは卜占といって、その場の吉凶を占います。
西洋占星術の知識を応用しているトートタロットを活用します。
数秘術は西洋の姓名判断です。人間関係の改善方法がわかります。
ルーンは古代文字による卜占です。

いろんなお客様がいらっしゃいますが、
だいたいお話ししていると
90分ぐらいになってしまうことが多いです。
対面鑑定は銀座のオフィス他、都内ホテルのラウンジなどです。
時間と場所は応相談です。
※ホテルでのご飲食代は別料金になります。

 

●依存症の歴史

 

銀座の西洋手相術占い師YUTAKAです。

依存症の歴史を調べてみると、いろんなことが

わかります。

 

今では、いろんな依存症があるのですが、

もともと依存症の概念はアルコール依存症から生まれたようです。

第一次世界大戦前後でアメリカで生まれました。

 

アルコール・アノニマス(AA)というアルコールをやめることを

続けるための団体があるのですが、この創設者はアルコール依存症

の人です。創設者は二人で、二人ではじめた活動だったそうです。

きっかけには心理学者のユングが関わっているという

話もあります。

 

アダルトチルドレンという言葉があるのですが、アルコール

依存症で診察を手伝っていた支援の人が名付けた言葉です。

支援をしているとあまりに同じ境遇の子どもがいることに

びっくりして、Children of Alcoholism(アルコール依存症の

子どもたち)と名付けました。その子どもたちは大人になると

対人関係や生きづらさに悩むので、Adult Children of Alcoholism

(大人になったアルコール依存症の子どもたち)

と名付け、アダルトチルドレンとして知られるようになりました。

もちろん、私もアダルトチルドレンです。

 

自己肯定感が低く、周囲の評価が気になる

居場所がなく、酒や薬、仕事に溺れてしまう

などの特徴があります。

 

●引き金の存在

 

酒や薬などに溺れてしまう、わかっているけどやめられない・・・。

依存症じゃない人は知らないかもしれませんが、

依存症になった人だけが知っている

依存する行為や薬物(酒を含む)をやってしまう前の段階

というのがあるのです。

 

やるか、やらないかは

きっかけであるトリガー(引き金)によって決まります。

 

ある薬物依存症の人は、ミネラルウォーターがトリガーに

なっているそうです。

なぜなら、その水で薬物を溶かして注射していたからです。

ミネラルウォーターを見ただけで、薬物をやりたくなる。。。

 

これが脳の報酬系という神経回路が行う「学習」

というものです。

 

ある条件によって報酬が得られると、その条件を見ただけで、

報酬を想像する。パブロフの犬ですね。

 

実はこの学習プロセスがAIにも使われていたりします。

 

引き金は人それぞれで個性があるといいます。

 

ただ引き金を引くシチュエーションというのが決まっています。

不安、怒り、自信がなくなる、退屈、焦り、うつ、無力感、

孤独などを経験した時です。

 

まずは、引き金を引きそうになるときの

シチュエーションに気づくことと、

自分の引き金は何か自分で調べることが重要かもしれません。