ちょっと休憩で立ち寄ったケーニヒスクローネでモンブランパフェ♪




大好きな栗が2つと黒豆も乗っていて…

秋を味わって参りました(^^)


さて、KCC姫路の「あがらない話し方」教室、受講生の皆様には

「秋」

という大きなテーマでスピーチをお考え頂いております。


秋の目標、秋の楽しみ、○○の秋、秋を感じたこと、我が家の秋の恒例行事……


など、色んな秋をお探しくださいました。


木曜日のマンツーマンを受講なさってますKさんは、

「この秋、初めての楽しみ」

というタイトルでスピーチなさいました♪


初めての楽しみ…それは、

盆栽です。


とおっしゃいます。私よりもずっとお若い女性がまた珍しいではありませんか(^_^)


今年の春に桜の盆栽を頂いてからすっかりハマってしまったそうです。

苔の仕上がりが美しく、毎朝眺めるのが楽しみなご様子ですよ!


その美しさを保つのが中々難しいようです。

日に当てすぎると苔の深い緑が茶色に変色してしまうし、

葉は日に当てないといけないしで…


霧吹きで水をあげては程よい日の光が当たるように盆栽をもってウロウロなさってるそうです(^^)


その桜の盆栽が、秋には美しい紅葉になるのですよね〜!

桜もみじと言って短歌でもよく詠まれていますよ♪


この秋、初めての桜の盆栽の紅葉が見られることが、Kさんは今から楽しみだとおっしゃいます。

家で季節を楽しめる贅沢…

家で紅葉を眺めることができる余裕の時間…


生活にメリハリがあるって良いですね〜!


さらにKさんは、お母様にもみじの盆栽をプレゼントなさったそうで、

この秋は、紅葉の盆栽をふたつ並べて、母とゆっくり眺めて過ごしたいと楽しそうにお話くださいました(^^)
昨日の日曜日は、吉永クラスの課外イベントでした(^^)

KCC姫路の「あがらない話し方」教室、受講生の皆様と和菓子作り体験を通してグループクラス&マンツーマンクラスの交流を深めて頂きました。

ご都合の合う20名の皆様がご参加くださいましたよ♪




私がこんな作業が好きなものですから昨年春にも和菓子作り体験をしましたが、

今回初めてご参加の方も多く

なんか形がちがう…なかなか難しい…上手くできた!…

など、真剣な中にも和気あいあいと取り組んでくださいました(^_^)



姫路の老舗和菓子やの杵屋本店のご指導くださいました内藤様、ありがとうございました!!



出来上がった和菓子がこちら♪


左上が「秋の山」

左下が「こぼれ萩」

右下が「菊の花」

と、秋満載です♪

右上にはおまけを1個付けて頂きました。

箱詰めすると何となくそれなりに仕上がってますね(^_^)

敬老の日のお祝いに和菓子大好きな母にプレゼントしました!


普段は私と一対一で受講なさっているマンツーマンクラスの方と、

グループクラスの方が交流なさって、一人で頑張っているんじゃないよ!

一緒に頑張っている仲間がいるんだよ!


と、思って頂けると嬉しいです。


何事も事前準備が大変で、杵屋さんとも何度も連絡をさせて頂いたり、

皆さん楽しんでくれるかな?

などと不安になったりしますが、

楽しかったです!!というお声を頂くと

次回の課外イベントは何をしようかな?

と既に考えているところです(^^)

私はとってもとっても楽しかったです!!

いつもお付き合いくださる受講生の皆様、本当にありがとうございます♪

宮中歌会始の締め切りが今月末となりました。

今年で6回めの挑戦ですが、毎年この時期になると、

「あぁ、今年も終わりに近付いたんだな」

と感じます。

今年のお題は「望」です。短歌を何度も推敲し挑みますよ(^^)



作品は毛筆で書かなければいけないので、下手なりに丁寧に心を込めて何枚も書きました。

静かな時間の中、心穏やかに過ごすことができました。




さて、KCC姫路の「あがらない話し方」教室、月曜日のマンツーマンを受講なさってますCさん、

「母の法事」

というタイトルでスピーチなさいました。


法事とお聞きしますと神妙で厳かな印象をうけますが、Cさんは少し違っていたようです。


数年ぶりに実家がある愛媛にお帰りになったということで、ワクワクした気持ちがあったご様子…


久しぶりに降り立った駅では、高校時代を思い出し

親戚の懐かしい話

仕出しが豪華で美味しい

古いアルバムを見ながら母との思い出

……

と、言いたいことが多くて話が散らばってしまいましたのでスッキリとまとめてみましょう!


親戚一同での懐かしい話、古いアルバムを見ながら母との思い出、それだけを切り取っても具体的なエピソードが出るはずですが、


ワクワク感じたことを全て話したいとすれば、まとめて数を提示してみましょう。



母の法事で実家に帰りました。
悲しい思いよりも、不思議とワクワク感じたことが3つあります。

1つめは、駅に降り立った瞬間です。


高校時代、毎日電車通学していた駅に降りた瞬間タイムスリップしたように、私は当時の高校生に戻っていました。

母が毎日作ってくれたお弁当、必ず少し形の崩れた玉子焼が入っていました。

その甘い玉子焼の味を思い出しました。


2つめは、親戚が集まり、母の思い出話に花が咲きました。


私はずっと、母は穏やかで控えめな性格だと思ってましたが、実は芯がしっかりしていて時にはキツイ口調になった話を聞かされ意外でした。

母が亡くなった後に、私の知らない母を知ることができたのは新鮮でした。


3つめは、豪華な仕出しが出たことです。


親戚が家に集まることがあった日は、母が奮発して豪華な仕出しを頼んでいました。

自分は我慢して、大きな海老を私に食べさせてくれたことを思い出しました。

私はこの仕出しが大好きでした。



母の法事で実家に帰って、意外にもワクワク感じながら母との思い出を懐かしんで参りました。


と、私のフィクションも入りましたが
このようにまとめるとスッキリしますね(^^)





洗濯物を取り込んで畳んでいると…

無口な長男のジャージがボロボロ!!お尻の縫い目が破れかぶれやん!

ジャージぐらい買えるやろ

と思いながらいいことを思い付きました(^^)

家でしか穿かないジャージだからね…遊び心といたずら心と母の愛情を全部まぜて



破れた所にワッペンを縫い付けてやりました(^_^)

何か文句言うかな…いや、母の愛情だと仕方なく文句言わずに黙って普通通り穿くんだろうな…

と、無口だけれど優しい長男の反応が楽しみです(^^)




さて、KCC姫路の「あがらない話し方」教室、先月ご入会になったばかりのYさん、

今回初めてのスピーチ練習では、

「自分を誉める!」


というタイトルでお考え頂きました(^^)


ご入会間もない受講生の皆様には、

ありのままの自分を認める!

自己肯定感を高める!

という意味から「自分を誉める」ことをお願いしております。

最初は、「誉める所はありません」とおっしゃる方も少なくありません。

でも次回の講座日にはきちんと自分に向き合ってしっかり誉めてくださいますよ♪

探せばいくらでも出てくるものです。

Yさんも、自分では中々見つけにくかったので、まわりの人に聞いてみたとおっしゃいます。

真面目、丁寧、明るい…

色々言ってくれます。

私が一番嬉しかったのは…

誰に対しても仲良くできる!

と言われたことです。

そういえば…私にはキライな人が一人もいません。

苦手だと思っても必ず良い所を見つけて、人を誉めるのが得意です。

と、自分を誉めてくださいました。


短所と思える所も長所に変換できる

悪口も誉め言葉に変わる

無意識のうちにリフレーミングできているのですね!

これは本当に素晴らしいことです。


最後に、

誰に対しても仲良くできることはこれからも失いたくない!

と宣言なさいました。


スピーチの内容も組み立てもしっかりできています。
さらに、立ち方、視線、笑顔も完璧で、初めてとは思えないスピーチでしたので、

「最初からこれだけ仕上がってる方は中々いらっしゃいませんよ」

と申し上げました。


人を誉めるのが得意とおっしゃるYさんに、

「実は私、誉める達人検定3級なんですよ♪」

と言ってしまいましたが、誤解なさらないでくださいね(^_^)

私の申し上げました言葉は心が伴っていないお世辞ではありません。

また、誰にでも言ってる言葉でもありません。

心から嬉しかった誉め言葉だと受け止めてくださいませ(^^)


Yさんの今後の課題は説得力です。

そのための声の出し方、抑揚、ジェスチャー、間の取り方…などの技術面と、メンタル面からお伝え致しますね。





先日の夏祭りで、掬えなかったけどもらってきた一匹の金魚…




雨水が溜まるポリバケツで元気に泳いでいたので、エサを買いホテイアオイを買い…

と毎朝見るのを楽しみにしておりましたが、5日めに亡くなってしまいました。

陽が当たって水が熱くなったのかな…

エサをあげすぎたのかな…

と色々反省します。

金魚のいないポリバケツが寂しがっていると、ご近所さんがメダカを五匹入れてくれました♪


毎朝眺めるのが、あたりまえの日課になりますように(^^)



さて、KCC姫路の「あがらない話し方」教室、月曜日のマンツーマンを受講なさってますRさん、

8月はお嬢様の夏休みに合わせてお休みでしたので、久しぶりにお会いしました。

いつもと変わらない明るい笑顔でお越しくださって本当に嬉しかったです♪


受講生の皆様というより、お友達という感覚に近いかな?…

今日は○曜日だから○○さん達に会える♪

○○さんは挨拶の本番が近いからムービー撮って一緒に見よう♪

などと毎日皆様にお会いできることが楽しみです。
ありがとうございます(^^)


今回のRさんのスピーチは、自由題

「ないと寂しいお中元」

というタイトルでお話くださいました。


毎年、たくさんの方からお中元が届くそうですが、

あの人からはビール、この人からはジュースの詰め合わせ…


と、だいたい決まっているとおっしゃいます。


家族が一番心待ちにしているのは…

大きな木箱に入った揖保乃糸のそうめんですと(^^)


子供達が夏休みの時期はそうめんが有り難いですよね〜!

のど越しも良いし、さっぱりできて重宝します。

なので今年もそうめんつゆを2箱大量に買い込んで揖保乃糸がいつ届いてもいいように待っていたと…


7月にはいつも届くのに、8月になっても届かない!

家族からもまだかまだかと催促されるし…


待てど暮せど揖保乃糸が届かない!!


とおっしゃいます。

そしてとうとう9月になり、夏が過ぎてしまったと…

本当にないと寂しいお中元でしたね…


Rさんのスピーチは展開が面白く、また楽しそうにお話になるので引き込まれてしまいました(^^)

また、Rさんのスピーチから

あたりまえって有り難いんだな!

と感じることができました(^_^)

いつもあるからあたりまえ

いつも会えるからあたりまえ

ではないのですね。

今できること、今出会えることはもしかしたら奇跡なのかも知れません。