3月27日アレルゲンを考慮したチョコレート工場見学、ランチ、経営者の講話ツアーはマンパワー | 環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク 愛知

環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク 愛知

全国に環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク支部が23か所(2019年4月現在)あり、本部は東京にある団体です。

3月27日の当団体主催の春休み特別企画は愛であふれこぼれそうなくらい素晴らしいイベントとなりました。

アレルギーのある子も、ない子も楽しく過ごせました。

今回の目的は未来を創るこどもたちにユニバーサルデザインの思想をプレゼントしたい内容でした。

ただの工場見学ではないのです。

2交替制で、可児社長は2時間工場見学と、講話をしていただきました。

子ども達は「質問いっぱいしちゃった。5つも~!」

と楽し気で、大盛り上がりました。

 

 

お土産の量がすごくて、、、。帰りのバスでも試食し満足でした!ありがとうございます。

 

バスの中では、食物アレルギー体験レポーターの岡夫婦の岡パパ(岡雅仁さん)がチョコにまつわる面白いトークで何度も笑いました。

さすがです!

 

海外留学アドバイザー日比野さんも熱弁で海外行く時のアイデアを伝えてくれました。

子ども達の世界をサポートしてくれます。

 

環境アレルギーアドバイザー支援ネットワークさいたま中央支部長金山さんは、

埼玉県から電車のトラブルも発生し、苦難の出だしから無事到着され、帰りのバスでは、環境アレルギーの話、腸内環境の話など

素晴らしいトークショーをされました。

 

中央のちあきさんは、チャレンジ精神をこどもたちに伝えてくださり、夢をあきらめないことをとても分かりやすく、食からお伝えしてくださいました。大人も子どももハッピーソウルになりました。

 

 

カレーがピリリと辛く美味しいです。

協賛品の数々です。すごく参加者の皆さん、喜んでいます。ありがとうございます。

 

こんなにタイトスケジュールですが各務ヶ原市民公園でお花見もしました。

 

≪御礼≫

イベントにご協力していただいたかたのご紹介です。

アレルギーの啓発活動している皆様のご協力に誠に感謝しお礼を申し上げます。

環境アレルギーアドバイザー支援ネットワークさいたま中央支部長金山さん。

食物アレルギー体験レポーター岡夫婦の岡さん。

環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク愛知支部の糟谷さん、日比野さん。

取材で多くの人に伝えることができるくらしのニュースの岡村さん。

アレルギーの子どもを育てているお母さんたち。

アレルギーの対応チョコレート工場のアレルゲンフリーフーズ社長の可児さん。企画のサポートの篠田さん。

エンキッチンカフェの社長ちあきさん

協賛品をご提供していただいた、環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク滋賀支部長村上さんの会社、ナチュラルグリットから甘酒黒糖。

環境アレルギーアドバイザー大阪支部長小山田さんの会社、地球洗い隊から洗える素材のサンプル商品。

辻安全食品の辻社長から超美味しいキャラメル。

バスツアーのための下見と組み立てを考えてくださったパーソナルツアーズの社長岡本さん。

集客にご協力していただいた日本環境保健機構の皆様。

 

ありがとうございました!!

 

またお会いしましょう!

未来を変えるのは子ども達💛

いっぱい色紙に書いてくれて感謝です。どんな想いがうまれたかな?これからも大きく羽ばたいてください。