こんにちは。


写真は、仲間のリサイクル企業8社ほどが集まり、


情報交換会を行ったときのものです。


デスクの上にはたくさんサンプルがあるのが


見えますでしょうか?


今の時代、リサイクル業界もご多聞にもれず競争が


激しくなってきています。


日本国内から製造工場がアジアに流出し、発生する


プラスチックスクラップが減少しているのです。


中国からブローカーがきて、ダイレクトに現金で高値を


つけて買い付けしていくことも珍しくありません。


そんななかで、スクラップ(我々の商売のネタ)を確保


するために、我々はディフェンスを余儀なくされ、


単価競争に巻き込まれていくのです。もうこんな


状況が10年くらい続いていますでしょうか。


ここで二つ考えたことがあります。


ひとつは、情報の共有を進める必要があるということ。


信頼できる仲間で集まり、相場情報と有利な情報を共有


するのです。1社だけの情報では限界があります。


10社くらい集まり、情報交換するだけでかなりの情報が


集まります。10社を訪問して個別に情報交換するのは


時間がかかりますが、1か所に集まって討議すれば


数時間で終わります。効率もバツグンに良いです。


ふたつめは、市場競争のなかにいながらも、ベースは


「競争」ではなく、「協力」のほうがはるかに


良いと思います。


さまざまな情報交換を行い、それぞれが「強み」を


持ちより、お互いの強みでお互いの弱点を


カバーし合っていく、そんな協力関係が競争市場


のなかで有効に働き、競争力を高めていけると


考えるわけです。


がしかし!!


もうひとつ注意しなくてはならないのが、単に市場競争


のなかで「生き残るため」に競争力をつけようと


するのは、どうかと思うわけです。


そもそも、環境事業に従事する我々は何のために


競争力を高めなければならないのか?


何のために利益を上げるべきなのか?


何のために「協力」するのか?


企業を存続させて、自分たちの生活を安定させれば


それで目的は達成したことになるのか?


弊社はやはり、利益をあげたなかから、まだ解決


できていない環境問題や、廃棄されている


プラスチックのリサイクル技術の開発に投入して


いくために利益が必要であると捉えています。


仲間との「協力」は、あくまでも新しいチャレンジ


のための「協力」なのだと改めて認識を新たにする


必要があると思った次第です。


香港出張

香港に二日間だけ滞在しました。

内容が濃い二日間となりました。


しかし、このアップは単にダラダラ二日間の一部を書くだけで、特にテーマはありませんので予め申し上げておきます。


深夜に到着して翌日の朝、九龍サイドの港沿いをランニングです。



香港が生んだ永遠の大スター、ブルースリーさんにも会えます。


今は何と戦っているのでしょうか。


香港島も見えますが、やはり日本企業の看板が減った印象です。


変わりにSUMSUNGやハイアールなどが目立ちます。


これは朝なのでよくわかりませんけどね。




ランチミーティングはこれまたGOOD SEA VIEWの飲茶レストランでした。


雰囲気は豪華ですが、お値段は意外とリーズナブル。


個人的にもリピート絶対したいレストランです。



日中の仕事を終えて夜は香港のマジック仲間と研究会!


みんなたくさんマジックやりました!



仲間の一人が高層のサービスアパートメントに引っ越したとのことで、泊めていただきました。


なかなか快適で、しかも独身だとかなりエンジョイできそうです。



翌日は朝から香港のラグビーチームGai wuのキッズラグビースクールに参加しました。


子供達とタグラグビーの試合をした後に、練習でした。


この後はメンバーの皆さんとラーメン屋さんの「札幌」で食事。


仕事の仲間、マジックの仲間、ラグビーの仲間、、、


それぞれの仲間と異国の地で一緒の時間を過ごせるのはほんとに嬉しいことです。






茨城県を中心とした地元和風ファミレスのばんどう太郎で、名物味噌煮込みうどんをいただきました!


 


茨城に住んでいた4年前にその存在を知り、従業員のサービスの質の高さ、気配り、動きにいつも感心していました。


そのばんどう太郎が先日テレビで紹介されていて、社長のインタビューを聞くことができました。


素晴らしい経営をしているばんどう太郎ですが、社長が相当な修羅場をくぐってようやくたどり着いた経営であることがわかりました。


社員が定着せず、最悪の状態が長く続き、体も精神的にも追いつめられていたそうです。


そしてある日、助けを求めるように墓参りをしたときのことだそうです。


すでに他界しているにもかかわらず、母親の声がはっきりと聞こえてきたのだそうです。


「社員が幸せでないからやめるんだよ」と。


その言葉を転機として、自分の経営の欠点にハッと気づき、社員への接し方を全く変えたそうです。


そして、人間重視の経営に大きく舵を切ったのだそうです。


そうでなければ、こんな看板を立てておくファミレスは普通はないですよね。




この日はたまたま母の日の前日だったのですが、「地元でとれたレタスを母の日の記念としてお配りしています」といってひとつレタスをまるごとくださいました。

 


地元の生産者を大事にしている面も人間重視の発露なのでしょう。


 


テレビで印象に強く残ったのは、アルバイトのおばちゃん達が本当に社長を慕っているということが画面から伝わってきたことです。


もう65歳だというアルバイトのおばあちゃん、「仕事がほんとうに楽しくて楽しくて!私、残り少ない人生をばんどう太郎にかけてるの!」と目を輝かせて話していました。


別の40代くらいのアルバイト女性は、撮影の日は休みだったらしいのですが、「社長が来るっていうから会いに来たの」と店にやってきていました。


ここまで言わせる社長はあまりいないのではないでしょうか。


本当に素晴らしい!!


翻って、自分はどうでしょうか。


ばんどう太郎の社長と比べてしまうと、落ち込みそうになってしまいます。


まずは「良き目標」として社員の幸せとビジネスを両立させる経営者になる!


と、誓うこととしたいと思います。

先日栃木県那須の国道4号線を運転中、あるパン屋を見つけました。


つい先日テレビで紹介されていたパン屋でした。


社会貢献とビジネスを見事に成り立たせた素晴らしい事業でしたのでよく覚えていました。


すぐに車を止めて、パンを買ってみることにしました。


一見、普通のパン屋です。


 


しかし、このパン屋さんはメインの商品が「パンの缶詰」なのです。


こんな感じです。


 


しかし、このパンの缶詰はタダものではありません。


普通は皆さんが思いつく非常食用のパンというと、乾パンのようなものではないでしょうか。


カリカリで飲み物と一緒でないと食べづらいですよね。


このパンのアキモトが開発したパンの缶詰はなんと、しっとりしているのです。


パンも本当に甘くて美味しく、作りたてといってもいいような状態です。


缶詰のパンなのに、美味しい!


これは一つ目のビックリです。

NASAのスペースシャトルでも食糧として採用されていたそうです。



そして、アキモトが素晴らしいところは、ここからです。


この3年が賞味期限のパンは2年で回収されます。


そして、回収されたパンは世界中の被災地や極貧の地域に送られるのです。

そのような地域は流通に時間を要するので、1年前から回収をするそうです。


通常美味しくない非常食パンを素晴らしい味にしただけでなく、賞味期限がくる非常食用のパンを世界の困っている人達の役に立てる仕組みを作り上げたわけです。


ほんとに素晴らしい!!


やっぱり、こういう仕事をしたいですね。


弊社はリサイクルという分野が専門ですが、日本国内や世界の困った人を本業を通じてお助けできるようなビジネスモデルをひとつでも作ってみたい!


パンの缶詰を空けて食べて食べながら、強く願った次第でした。

こんにちは。


いまや環境に関する問題は非常に多様です。


エネルギー問題も気になる、森林の減少も気になる、大気汚染も気になる、


いろいろなことが気になります。


「環境に貢献したい」と思っていても全ての活動ができるわけではありません。


今の自分に何ができるか、事業として何を成立させることができるのか。


自分がやってきたなかで、一番ヒットしたのは印刷会社の廃棄物を


リサイクルするというものになります。


食品パッケージ(コンビニやスーパーでたくさんありますね)を製造


する工場では大量の廃棄物が発生します。


印刷ミスや端材、製袋不良、試し刷りや、デッドストックなどなど。


大量の廃棄物


毎月数百トンの廃棄物が発生している工場もめずらしくはありません。

この大量のロスは、普通のリサイクル会社がリサイクルできないものが


たくさんあるのです。


何故かというと、食品を包むパッケージは、酸素透過や水分を透過


させないようにするために複数の種類のプラスチックを使用している


からです。複数の種類のプラスチックが混ざってしまうと、


再生したプラスチックの性能が低くなってしまうのです。


また、処理をする機械にも制限がでてきます。


そんなわけで、下の写真のような(全部はお見せできずすみません)


機械を持っていることが必要になります。


フィルム専門の処理機

そこでペレット(原料のこと)が製造されるのですが、品質が低い


ペレットはなかなか使ってくれるユーザーが見つかりません。


これが原料です


他のリサイクル会社が持っていかないにはそれなりの理由があります。


リサイクル加工する技術も難しいし、作った原料を販売するのも時間と


根気が必要です。


約7年をかけてこのテーマに取り組んできましたが、ようやくビジネスと


言えるような規模になってきました。


環境に直接貢献する事業になってきたということについては嬉しく


思っていますが、同時にライバルもでてきました。


次の段階として、まだ誰も手掛けていないリサイクルについても


試作を繰り返しています。


自分ができることをひとつひとつ行い、もっと大きく環境に貢献できる


ようになりたいと強く願っています。


環境ベンチャーのブログ


なかなかごっつい機械ですね。


少し前に行った秘密の製品開発の試作現場です。


他のリサイクル業者が持っていかない


工場の廃プラをどうにか原料に加工して、


更に製品にする試作です。


あまりにリサイクル業者がいやがるものが


混ざってしまっているために、「原料に


リサイクルしてあげる」というリサイクル工場を


見つけるのも難しいし、その謎の原料を大切な


製品製造設備で「加工してあげる」という工場を


見つけるのも難しいのです。


製品を試作してくれる工場に出会うまで4年かかり


ました。(!)


で、試作も試練の連続でした。


環境ベンチャーのブログ


工場のスタッフがアタフタと試作してくれるのですが、


なかなかうまくいかない。


それもそうです。


普通は誰も扱わない種類の原料ですから。


彼らにとっても初めてです。


しかし!!


かっこよかったのはここから!


横で様子を見ていた社長が、「そうじゃないだろ!」


と機械の条件の設定を直々に始めました。


すると、なんとなんと!


スー、と製品ができ始めました。

環境ベンチャーのブログ

恐るべし、日本の中小企業オヤジの技術!


今はですね、この変な原料を使った製品を


買ってくれる変なお客様を探しているところです。


リサイクルも最終的にはお客様が製品を買ってくれ


ないと成立しないのです。


環境ベンチャーのブログ

バンコク行ってきました!


最新の更新が昨年の6月。。。


ここまでサボることになるとは。。。


ブログ界から忘れ去られているんだろうか。


と言っても、もともと覚えられていたわけでもなし。


環境ベンチャーのブログ


出張中に3日間のキャンセルが発生し、突然ぽっかりと時間が空きました。


というわけで、チャオプラヤ川のほとりでゆっくりしちゃいました。


時間の流れがゆっくりで、仕事もメールでできることだけにしました。


よかったあ~。。。


環境ベンチャーのブログ


バンコク郊外でゆっくりしたあと、バンコクにホテルを移しました。


どういうわけか、、、


ラジオ番組に出演するということになり、スタジオでこんな感じで90分ほど


おしゃべりをしてきました。



環境ベンチャーのブログ

もちろん、仕事もしてきました!


写真はあるプラスチック関係の工場です。


大変素晴らしい技術力で、日本よりも進んでいる面もありました。


タイ恐るべし!

ブログは、1年に一回を目途に更新するぞー!

皆様こんにちは。


すっかりブログをサボりました。


巷ではfacebookとやらが席巻していますが、見事にその波に飲まれておりました。


日常の細々した写真やらを都度アップしていると、それですっかり満足してしまうのです。


結果、ブログはもう半年近くご無沙汰と。


ここまでで言い訳は終了し、先日はあるリサイクル原料と、また別のリサイクル原料を混ぜ混ぜしたら、面白い原料になるのではないかというアイデアを検証しました。


これが2種類のリサイクル原料を混ぜたところ。

環境ベンチャーのブログ


この原料をこんな機械で射出成型します。

環境ベンチャーのブログ


すると、こんな試験用の成型品ができあがります。


写真は、型から取り出すところです。

環境ベンチャーのブログ


この試験片を使って、どのくらい強いのかを測定します。

環境ベンチャーのブログ


なかなかいい感じに数値が上がっていました。


アイデアはズバリ的中です!


やはり数値を元に開発しませんとね。


リサイクルとはいえ、お客様の要求する数値を満たしていなければ、いくら地球に優しいと謳っても原料が採用されることはありません。


私、こういう開発大好きなんです。


楽しい一日でした!




環境ベンチャーのブログ  


写真は茨城の筑波山です。


ふたつの頂上があるのが特徴です。


それぞれの山頂にイザナギとイザナミがまつられている霊山です。


徳川家も日光へ参拝に行く時は、この筑波山に立ち寄ってお参りしたそうです。


この筑波山周辺も含め、今年もよく車で走りました。


恐らく12月だけで3000kmは走っています。(仙台、名古屋、大阪、京都、奈良のすべて車で行きましたので~)


運転していると、ふと気になります。


「こんなにガソリンを消費して環境に良いのだろうか?」


そうは言っても、リサイクル工場は山間にあることが多く、車がないと訪問できません。


気になったので、計算してみました。


私が今月車で走って使用したガソリン:約250kg相当


私が活動したことでリサイクルできたプラスチック(油):約300,000kg相当


つまり、300トン相当のプラスチック(つまり油)を250kg(0.08%相当)のガソリンを使用してリサイクルしているということになります。


「まあまあかな」、という感覚になりますね。


自分に対する言い訳にはなりそうです。


もちろん、他には工場でのエネルギー使用などもありますから単純計算はできません。


「300トンのリサイクルをするために250kgのガソリンは必要だった」


このうように都合良く解釈をさせていただき、また来年も走り回っていきたいと思います。


弊社の売上が上がれば上がるほど環境に貢献できるビジネスを選択していきます。


環境以外の道に踏み外さないようにしたいと思います。

10年前 変化の原点

テーマ:

環境ベンチャーのブログ


府中にある大國魂神社です。

約10年前に府中に通勤していたことがありました。


そのときに毎朝、この神社で手をあわせていました。


毎朝ご神体に向い、その日一日でやること、将来の夢などを考えました。


また、将来は世の中の役に立てる人間になれるようにとも強くお願いをしました。


結果、念願の独立を果たし、10年前に祈願していた状態は達成したことになります。(世の中の役に立てているのかどうかは回りの方のご判断にお任せしますが・・・)

しかし、自分の目の前にはすでに新しい目標と課題があります。


仕事でもプライベートでも以前とは目標とする自分の姿も違うし、プライベートのあり方も違います。


「独立」だけが目標だった10年前から、今は多くの仲間とより大きな環境ビジネスを目指すようになりました。


単なる合コン好きの新入社員から、「神社にお参りする」というような自分に変化しはし始めたのはこの大國魂神社でした。


今日はたまたま府中に寄りました。


もちろん、いつもより念入りにお祈りし

ました。