https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d0323/

 

これも何度か書いただろうか、僕が映像化を悲願としている作品だ。

原案は佐々木守。アニメからドラマまで縦横無尽に活躍した脚本家だ。

 

『風林火山』ものはいくらでもあるが、その武田信玄の5人の娘に着目したというのが面白い。

当時の政略結婚による政治的駆け引きがつぶさに見て取れるし、それに翻弄される女たちというのも非常に興味深い。

 

この主人公である松姫は、幼少期に織田信長の嫡子信忠と婚約したにもかかわらず、織田と武田との決裂で全く会えぬまましかし純愛を貫き、ようやく関係改善で会えるとなって向かった道中で本能寺の変が起こり、夫信忠が自刃するという、壮絶な人生を送った人物だ。

 

後年は遂に誰にも嫁がず、22歳で出家しそのまま生涯を終えた。

 

 

この女性の純愛を描きたい。TVで夢中になって観ていた子供の頃からそう思っていた。

僕はこの作品を最後の作品と決めている。そのくらい惚れこんでいる。

 

いつかはやる。

僕の思い出というか、魂の深奥の大事な部分が、この作品とは通じている気がするからだ。