デザインの基礎と実践的な技術を紹介!デザイナー志望の方へ

デザインに必要な基礎デッサンから、主にグラフィックデザインの基本から応用まで、実践的なテクニックを解説。また、デッサンやデザインに役立つ技法書も紹介します。

NEW !
テーマ:

 デザインを学ぶために、鉛筆デッサンを勉強している人も、多いと思います。


 最初に、鉛筆で描くグラデーション、立体物のとらえ方、そして、光と影の関係などを学んだことでしょう。


 その後は、いよいよ実践で、例えば、カップや果物などの簡単なモチーフをデッサンします。



 でも、最初は、とまどうと思います。


 どこから、どのように、描けばいいのか?



 これが、実は、デッサンをするうえで、非常に重要です。


 なぜなら、デッサンでは、描く順番が、ある程度、決まっています


 順番通りに描いていかないと、スムーズにデッサンができません。



 また、デッサンを進めていると、当然、修正や変更もでてきます。


 しかし、これは、最小限におさえるできでしょう。


 なぜなら、「描き直し」というのは、とても大変だからです。



 確かに、デッサン用のねりゴムなどで、鉛筆の描いた線を、消すことはできます。


 しかし、真っ白な状態に戻る、というわけではありません。


 やはり、一度、描いた後は、薄くですが、黒く残ります。


 そうなると、デッサンの出来に影響して、完成度は落ちるわけです。



 また、描き直しをするとなると、その分、時間が無駄になってしまいます。


 美大の入試などでは、当然、デッサンの時間は、決められています。


 制限時間内に、デッサンを完成させないといけません。


 描き直し、ということになると、間に合わないかもしれないのです。



 ただ、デッサンを学習する初期の段階では、もちろん、描き直しは、することになるでしょう。


 最初から、失敗もなしに、デッサンを描くことができるわけはありません。


 しかし、描き直して当たり前、という態度でデッサンに向かうよりも、常に向上心を持ち、スムーズに進めようと決意することが大切です。



 そこで、重要なのが、デッサンを描いていく順番です。


 まず、全体的な輪郭から、描いていきます。


 この時、構図や全体のバランスを見る必要があります。


 構図がよくないようであれば、変更します。


 この段階であれば、まだ、修正は、それほど難しくはありません。



 次に、モチーフの輪郭を、より詳しく描いていきます。


 この段階で、モチーフの形は、把握し、正確に描いていきます。


 この形をとらえる段階で、しっかりと描いておかないといけません。


 輪郭の修正は、あとからするとなると、大変だからです。



 形がしっかりとれたら、次は、影や質感の描きこみになります。


 この時、注意する点は、薄い部分から、ゆっくり描いていく、ということです。



 影の濃さというのも、バランスです。


 一番薄い影と、一番濃い影の間の、グラデーションを把握し、それを表現する必要があります。


 そのため、最初から、黒い部分を濃く描いていくと、他の影とのバランスを、うまくとることができません。


 極端な場合、画面の一部分だけが真っ黒で、そこだけ、浮いた存在になってしまいます。



 そうならないためにも、最初は、影を薄く描いていき、全体の影の濃さのバランスを見ながら、ゆっくりと濃くしていきます



 つまり、一か所だけに、こだわるのではなく、常に、用紙全体を見ながら、少しずつ少しずつ、影を描きこんでいくのです。


 そうすると、途中で、間違ったり、修正したいと思ったりしても、少しの手間ですむからです。



 デッサンを描き始めたばかりの頃は、ついつい、一か所だけに集中して、そこだけを入念に細かく描いてしまいがちです。


 そうではなく、全体を見ながら、バランスよく描いていくのです。



 最初は時間がかかるかもしれませんが、デッサンをやっていると、大事なポイントや、影の上手なつけ方も、把握できます。


 そうすると、完成度の高いデッサンを、短時間で、描くことができるようになるのです。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。