小指にO!その船に乗せてくれ!こんな生活はいつまでも続かないぞ

小指にO!その船に乗せてくれ!こんな生活はいつまでも続かないぞ

ヴィンテージのGジャンをタライで手洗いしていて呪われたKanataが怪人になって100%死ぬまでの日々を綴ったブログ。


写真や文書の転写は禁ずる禁ずる!
 


テーマ:



僕は南無阿弥陀仏こと浄土真宗なんちゃら本願寺派なんですがイカ天大王から形のよい十字架が出てきてひょっとしたら自分はキリスト教徒かもしれないと思った。日本人の多くは僕と同じく十字架を見ただけでイコールキリスト教徒だ。何十年も生きていれば南無阿弥陀仏の僕でも十字架や宗教にまつわる話と何度も出会う。死んだおばあちゃんがキリスト教徒になりたがっていた話を親から聞いことがあって教会のステンドグラスが綺麗だからキリスト教徒になりたかったらしかった。高校の大好きな物理の先生がプロテスタントだったことを思い出した。物理のことは全くわからなかったがいつも授業中に脱線した話が面白かった。強烈に覚えているのは重力加速度の問題だったと思うが物体が高いところから落ちて地面に落ちるのにどれぐらいの力がかかるか何秒かかるかそんな問題だった。具体的に僕らにイメージしてもらうために卒業生の教え子の話になった。先生の教え子がある百貨店に就職して仕事場で悩んでトイレの窓から飛び降り自殺をしてしまったそうで先生は授業中みんなの前で目をこすって少し泣きながら重力加速度の話を続けてしんみりした。先生にプロテスタントのことを聞いたらパンを食べると言っていた。先生は字が綺麗で清潔感があった。小学校から高校まで同じ学校に通ったA君は変わった宗教の関係で運動会に参加できなかった。A君はどちらかというと大人しく優しく自分から話しかけるような子ではなく友達と言えるような友達はいなかったかがペニスが学校で一番大きく大便をしても流さない奇行の持ち主だった。小学校のころはいじめられることも多かったが不思議と中学、高校になると母校が一緒のヤンキーに守られる存在となった。イジメていたヤンキーは卒業すると守ってくれるのは不思議だ。A君は高校卒業後、牧師さんになって今は布教活動をしている。今思うと同級生の僕らに宗教の勧誘をすることはなかったのは親が息子を思う気持ちからだろうか。子供の頃の自分を思い出すと全く宗教のことは理解できない。お婆ちゃんがお仏壇に毎日線香をあげていたり、初めて行ったお葬式でお坊さんがお経を読んでいるのを見ても全くわからない。イカ天十字架を見つけてお告げだと思っている僕は全くわからないまま育ってきている。






テーマ:


朝からマスクをして半年ぶりに2時間散歩した。正月に怪我した足の痛みがたまに襲ってくるが、次第に気にならなくなるのを「使っていなかったから痛かったんや」と医者でもないのに自己診断する。散歩道はいつもの道。マスクをしているのでメガネが曇るが花粉対策になったのか鼻水も出なければ目も痒くならなかった。たまりにたまったラジオをアイポッドで聴きながら2時間。帰宅してシャワー浴び、風呂から上がって体重計に乗ると3キロ太っていた。

テーマ:



妊娠している人は薬が飲めないのを知ってはいたがわかってはいなかった。花粉症の薬が飲めない妊婦さんはレンジで温めたおしぼりやハンドタオルで目元と鼻を温めるらしかった。薬を飲まずに痒みから解放される一つの方法だそうで実際僕にも効果はあった、というよりホットタオルで昔からよく目元を温めてはいた。ところが鼻を温める選択肢は思いつかなかった。鼻を温めることで血流が良くなり痒みがマシになるという。そもそも花粉症で血流が悪くなって乾燥して痒みが生じるらしかった。ここまでわかると、ああ〜鼻も温めて当然だ、と思うけれども昔からずっと目元だけを温めて鼻はズルズルしてたわけで、知ってはいるけどわかってはいないというのは正にこれじゃないかと思った。僕は妊婦さんではないけれど薬を飲まずにホットタオルで目元と鼻を温めている。お腹に子供はいないけれど妊娠しているかもしれないと人に見られる可能性がある。それは僕が女性であればの話だが、男性の僕が女性に見られるというのは今までなかった。ふと、「女の子みたいに色が白い」とよく女性に言われるのを思い出した。どういうつもりでそんな風に相手は言っているのか、考えもしなかったがおそらく女性から男性に向けて「色が白い」というのは本人が色白になりたいからであって、僕が女性だと思ったからではない。男性から色が白いことを言われたことがないのは男性が色白になりたいとは思っていないからだ。僕は「色が白い」と言われてどうしたらいいか、なんと返事をしたらい良いか今までわからなかった。先日、ペットショップで鼻の下に産毛をビッシリ生やしている女性店員さんと遭遇した。僕は「立派な髭ですね」とは言わなかったが、僕は自分の鼻の下に髭をたくわえたいのかもしれない。

テーマ:


キンカ鳥っていうんです、可愛い鳴き声ですよ。とペットショップの20歳ぐらいの若い女性店員がボタンインコを見ている僕の手にキンカ鳥を乗せた。僕の親指より少し小さいぐらいの体長で嘴がオレンジ、羽根がグレー、ホワイトのキンカ鳥は僕に背を向けて小さな声でペフペフ鳴く。ニオイガメが見たくてペットショップに入ったのに鳥コーナーにいるのは亀のことを爬虫類コーナーの近くにいた店員に聞きたくて話かけたら鳥コーナー担当の方だったからだ。うまく誘導され今キンカ鳥が僕の手に乗っている。すみません、とだけ言ってキンカ鳥を店員に返した。店員の顔を見ると鼻の下にビッシリ産毛が7mm生えていた。女性でこんなにビッシリ産毛が鼻の下にボーボー生えている人を見たので店を出て友達にすぐにLINEした。




テーマ:

歯が白くなる研磨剤を持っている。1週間に1度電動ハブラシを使って磨くと真っ白になる、ツルツルにもなるし。大阪の箕面に本社を構えるmisokaという水で歯がツルツルになる歯ブラシを買った。水だけで歯がツルツルになった。60歳を越えて後悔することランキング上位に歯の治療を怠ったというのを何かの雑誌で目にしたことがある。僕は散髪屋より歯医者に行っていることに気がついた。髪も歯もいつかなくなる。去年お婆ちゃんが亡くなって火葬場で頭蓋骨の口元が紫色になっているのを係りの人が説明してくれた。歯の治療で使った金属のせいです、私たち家族はオー!!っと感心した。死ぬときに歯が全部あって全部銀歯にしたら頭蓋骨が半分紫になってツートンカラーになるんじゃないかと思ったと同時に、前歯に銀歯の差し歯をしている人を見たことがないことに気がついた。歯科に行った。前歯は白っぽいものじゃないと保険がきかないからだと言われた。

テーマ:


家にテレビがない。携帯からしか情報が入らない。テレビは付けているだけでニュースが耳にはいる。テレビがないと家の音だけ。実家に帰るとテレビが流れていて東京の美味しそうな食べ物をよく紹介している。行くことなんて絶対にないのにジーッと見てしまう、と思った。普段携帯でケーブルテレビの人がローカル情報をブログにアップしてくれているのをよく見るのだがその殆どが潰れた飲食店の情報だ。入ったこともないのに「潰れるのかァ」と思う。東京の店も近くの店もどちらも行ってもないし食べてもないのに何かを体験している気がする。知り合いのオバさんに手塚治虫さんのブラックジャック全巻を貰った。愛蔵版なのかハードカバーで大きいので3月からちょっとづつ寝る前に読もうと思う。そういえばテレビでこのお医者さんは腕利きだ!神の手だ!みたいな情報番組を見たことがない。

テーマ:


牛乳パックから酸っぱい臭いがして鍋でカタカタ温めてから穀物酢を入れて混ぜた。しばらくすると白い部分と透明な部分に分離してザルに布を置いて濾した。酢の湯気が上がってきた。熱い、触れない。しばらく洗い物をして時間を潰した。布を絞る。固まった牛乳を皿に移して胡椒を振って食べた。

テーマ:


学生の頃にアルバイトしていたスーパーの店長と会う機会があってコウモリが住んでいるアパートに住んでいるといったら賞味期限切れの廃棄の食べ物をくれた。2、3日の間食費が全然かからなかったのだが普段の食費が気になり計算すると大体1日数百円で生きていることがわかり食べ物を食べるのが嫌になってきた。お腹は空くけど食べる理由にならない気がしてきた。食べたってお腹はすく。漫画を描くのが好きな女の子がお腹が空いて漫画を描いてお腹がいっぱいになるなら漫画を描くはず。野球が好きな男の子がお腹が空いて盗塁してお腹がいっぱいになるなら盗塁するに決まっている。お腹が空いていないかもしれないのに食べることもあるはずだ。美味しいからとか。美味しかったら腹が減ってなくても食べることがあることに気がついた。誰がいったい1日に三食食べるように私にドリルしたのか気になってきた。甥っ子が正月にお年玉をアパートに取りにきた。小さな透明の虫かごに500円玉を入れているのを見て何これ?というので今カブトニオイガメという500円玉ぐらいの大きさの亀が可愛くて欲しいのだが亀を飼って部屋が臭くなるのが嫌だから間をとって500円玉を虫かごにいれて亀やと思ってるというと賢いなぁこの亀はスーパーでお菓子買えるやんといって甥っ子は帰って行った。おじさんは亀でお菓子を買わないぞ。でもお金で亀を買うのかとも思った。

テーマ:

フライパンの蓋をネットで知り合った人にもらった。もうすぐ選挙なんですが○✖︎党に一票お願いしますと言われた。帰りにペットショップに寄ってカメを見た。リクガメは全然動いてくれなかった。亀コーナーの餌を見ているとどれも「臭く無い」「消臭できます」の文字が並んでた。トカゲは尻尾の先まで骨があるのか動きが繋がって見えた。蛇の水槽には骸骨の形をした岩があって中に蛇がとぐろを巻いている。最近よく里親募集サイトを見る。アレルギーが原因で飼えなくなったという理由が多い。アレルギー検査をしてからペットを買いに行くようにすればいいと思った。

テーマ:





越えてました10万キロ。那智の滝を見に行った時大雨の中時速60キロで走りました。全身に雨を受けて前は全く見えません、着いた安旅館のお風呂は水垢だらけで一緒に行った友達は彼女やったらこの風呂は嫌がるやろなと言っていたのを思い出しました。部屋は二階で変な形の姿見がかけられていました。夜ご飯は近くの居酒屋で刺身を食べた。

Ameba人気のブログ