∠かなめまよの胸はって行け〜〜!自信持って行け〜〜!

∠かなめまよの胸はって行け〜〜!自信持って行け〜〜!

ポルノグラフィティ大好きな50代半ばなミーハーです♡懐かしいドラマや映画、ポルノグラフィティの事、時々最近のものなんかも書いちゃうかも。昭和から平成を半世紀以上生きて来たからこその味のあるブログにしたいです。無言リブログOKです♡


たくさん来て来て\(^^)/

テーマ:
こんばんは( ´﹀` )ギザギザ
【追記】悪性リンパ腫のステージ3でした。今日骨随搾取したのでその結果が2週間後くらいにわかるんですが、骨髄に転移してたらステージが変わるかも知れないって。
めげずに治療に専念します!またコメントの返事、少しずつ返して行くね♡
今日は【ホリディラブ】の予定でしたが動画が全く無いという(;^ω^)
で、先日最高に幸せな結婚会見を見せて下さった蒼井優ちゃん主演映画、【彼女がその名を知らない鳥たち】を紹介します。
彼女がその名を知らない鳥たち】は沼田まほかるさんのミステリー小説が原作として作られた映画です。2017年に蒼井優ちゃん主演で映画化された衝撃的な映画でした。
映画の予告編です。
映画の概要です\(❁´∀`❁)ノ
何の取り柄もない下品な男(阿部サダヲ)と同棲しながらも既婚者(松坂桃李)との不倫に走る女(蒼井優)。
失踪した元恋人(竹野内豊)を巡って女の衝撃的な過去が明らかになります。
この映画は第41回日本アカデミー賞で主演の蒼井優ちゃんが最優秀主演女優賞を受賞しています。
蒼井優ちゃんの今までのイメージを清楚で明るい役柄が多かった過去作品を、この【彼女がその名を知らない鳥たち】ではすごく良い意味で裏切ってくれていました。
あの蒼井優ちゃんがめちゃくちゃ身体を張った演技をしてるんです。
R15指定だったのかな、売れっ子の蒼井優ちゃん、松坂桃李くん、竹野内豊さんが今まで見た事のないハードなラブシーンに挑戦していたのもビックリしたし、女優魂をすごく感じました。
この子、妥協を許さない、結婚会見でも自己分析していた【とことん仕事をやる】って姿勢も見れた気がします。
映画のあらすじです。
何の生き甲斐もなく、自堕落な日々を送る北原十和子(蒼井優)は、佐野陣治(阿部サダヲ)という男と同棲していました。
陣治は大手建設会社に勤めていることだけが唯一の自慢で、何の取り柄もなく傲慢で不潔で不器用な男でした。
しかし、ろくに働かない十和子は嫌悪感を覚えつつも生活費と家事の全てを陣治に頼っていました。
十和子の脳裏の中には、8年前に別れた元恋人の黒崎俊一(竹野内豊)との日々ばかりが思い出されていました。
十和子は黒崎と別れた半年後、ストーカーまがいの行為をしていた陣治とずるずる付き合っているのです。
十和子の姉・美鈴(赤澤ムック)は夫や子供と幸せな家庭を築いており、十和子は姉に対して劣等感を抱いていました。
そんなある日、十和子はお気に入りの腕時計が故障し、デパートに修理を依頼したところ既に生産終了品であり修理はできないとの知らせを受け、デパートに対して執拗にクレームを入れました。
そこで担当社員の水島真(松坂桃李)がお詫びの品を持って十和子の自宅を訪れました。
最初は頑なな態度を見せた十和子でしたが、水島はそんな十和子に不意打ちの口づけを交わし、以後十和子は水島が既婚者と知りつつも不倫関係に陥っていきました。
しかしある日、ホテルから出た十和子は、自分の後を尾行してきたらしい陣治の姿を目撃しました。
ふと黒崎の事を思い出した十和子は、彼の電話番号に電話をかけましたが出ませんでした。
数日後、十和子の元に刑事の酒田(赤堀雅秋)が訪れ、黒崎は5年前に失踪したままであることを聞かされました。
その5年前、陣治が血の付いた衣服を洗っていたのを思い出した十和子は、いずれ水島も陣治の標的になるのではと感じ始めていました。
その後も水島と関係を持っていた十和子でしたが、水島からお詫びの品として渡された腕時計が安物だったことなどから、水島は十和子に気はなく、ただ“遊び”として付き合っていたことに気付きました。
そしてある日、十和子は水島を呼び出しました。十和子の手にはナイフが握られていました。

十和子が水島を刺そうとしたその時、突如陣治が現れて十和子を止め、水島は逃げ出していきました。

その瞬間、十和子は自ら封印してきた過去の全てを思い出しました。

かつて黒崎と付き合っていた時、黒崎は自らの出世のために会社の実力者・國枝(中嶋しゅう)に十和子を貢ぎ物として捧げていたのです。

その後、黒崎は國枝の姪・カヨ(村川絵梨)と結婚、もはや必要となくなった十和子が別れを拒んだことから黒崎は壮絶な暴行を十和子に加え、十和子は衝動的に黒崎をナイフでメッタ刺しにして殺害、相談を受けた陣治が黒崎の死体を埋めていたのです。

全てを思い出した十和子に陣治は愛を告白し、十和子の醜い過去を全て持っていくこと、そして十和子にまともな男を見つけて幸せになるよう告げると、陣治は柵を飛び越えて崖の下へと落下していきました…。

バッドエンドですよね。最後の阿部サダヲの逆さ向きでの飛び降り自殺、十和子に幸せになって。って言葉を残して死んで行くんだけど冷静に考えたらまず十和子は1番に事情聴取に合うだろうし、目の前でこんな自殺を見せられて普通の感覚じゃ幸せになんか慣れっこないよね。

余程、冷酷で痛みがわからない人以外は。登場人物みんな最低な人ばかり。

なんだけど、ボタンの掛け違いでごちゃごちゃになってる。

そこさえ間違えなければそれぞれきっと幸せになれる要素を持っているのにみんな生き方が下手なんだろうな。

あ、先日結婚記者会見をした蒼井優ちゃんと南キャン山ちゃん。
本当におめでとうございます。
全部会見が見たくてAbemaTVインストールしてリアルで見させていただきました。
山ちゃんがこんなに男らしかったこと、
優ちゃんが山ちゃんに惚れ込んでいる事、
山ちゃんとしずちゃんの絆の深さ、

色んな素敵なものを見れてイヤホンして見た私はニヤニヤし過ぎて娘から気持ち悪いと注意が入る始末(笑)
2人ならきっと生涯添い遂げられるとしんじてます。
おめでとうございます❤️💒💑💍💐
さてさて、私、∠かなめまよは今日6/10(月)から岡山市の病院に入院して悪性リンパ腫の抗がん剤治療と放射線治療に入ります。
先週のPET検査結果を聞いて治療方針が決まるはず。
頑張って来ます。また途中経過もブログに書きますね。なのでこれからもよろしくお願いしますおねがい