先日のスチールラックの記事。
 
 
ニトリのシートに対して
「ケースの滑り止め」としてよりも
「ラックのホコリよけ」としての方が
反応が多くてちょっとビックリしました。
 
確かにスチールラックにつく汚れは掃除が面倒!
 

シートを敷かずに「ワイヤーを1本1本」拭くのと
シートを敷いて「面」を拭くのとでは手間が違う!
 

シートなら丸洗いもできるし、断然、楽チンです爆笑
 

そしてシートを敷くと、ワイヤーの隙間からモノが落っこちる、ということもない!
コレ、地味に大事です♬
 
ということで、よければやってみてくださいね照れ
 
 

 
さて、
前回はPPケースがズレないように滑り止めシートを敷いてます、って内容でした。
 
 
 
実は カゴの奥にも空きスペースがあり、
(カゴの下はPPシートなので滑りがよくて)
つい奥まで押してしまうところなのですが…
 
 
 
カゴの奥で、密かに頑張ってくれてるアイテムが。
 
 
こちら
 
 
フタも一緒に使ってます。
 
 
棚の奥で2つのカゴを一手に引き受けてくれています。
奥に行っても特に問題はないのですが
カゴの手前の面が揃っているとスッキリ気持ちいい♪ 

 

 

ちなみにケースの中は、からっぽ。
 
 
あまり使っていない「バーミックス」を入れたかったんですが
(使用頻度は低いけど使いたい時にすぐ出せる場所)
ほんのちょっとはみ出してしまい、入らなかった‼︎ 
 
   入らなかったバーミックス
 
 
もう残念過ぎた…えーんので、からっぽのままです。
 

 

さて、
 「ほんのちょっとで入らない」といえば…
 
 
こちらは入らないところに
「裏ワザ使って入れることができたよ」という例。
2つ重ねたPPケース。
ただ重ねただけではなく上下を連結させています。
 
 
そうすることでケース全体が少し低くなり、
この棚の高さに収めることができました。
(連結しないと、1、2ミリひっかかって入らない)



2年前の記事ですが、この裏ワザをご紹介しますね。
無印PPケースユーザーはたくさんいらっしゃるので
いざという時にどうぞ♪
 
 
 
 
 
 
片づけのハードルを低くして
一緒にひとつずつ進めましょう
まずはお話しませんか?