KATO 285系サンライズエクスプレス(旧製品)のアップデート | カムコタ日誌

カムコタ日誌

アラフォー男の独り言です。

こんにちは、yahooブログから引っ越しが完了し、1回目の記事となります。先週KATOから285系サンライズエクスプレスの新製品(Wパンタ)が発売されましたがホビーセンターカトーからもモハネ285のWパンタ屋根パーツセットが発売されました。今回の記事はモハネ285のWパンタ化のアップデートを中心とした記事となります。

 

 

アップデート対象セット。

品番:10-386 285系0番台サンライズEXP JR西日本編成7両セット

品番:10-387 285系3000番台サンライズEXP JR東海編成7両セット

購入したのが2セット共1999年1月なので既に20年以上経過しています。過去に何度もアップデートを実施し、室内灯取付(電球)→薄形車輪への交換→車端部床下パーツ取付→ヘッドライト電球色LEDに交換→室内灯交換(LEDクリア)の順でアップデートしてきました。

 

 

使用するパーツ

品番:Z04-9367 電連・連結器カバー(285系)

品番:74191-1C3 前面カプラー(221系RN)

品番:28-238 モハネ285Wパンタグラフ屋根パーツセット

品番:4430-1C モハネ285-203床下セット

写真には写っておりませんが2セット分のパーツを購入しております。

 

 

早速整備に入ります。まずはモハネ285-201。

写真は整備前です。

 

 

分解作業

外したパーツには再利用するパーツ(パンタやクーラー)もあるので捨てずに保管しておきます。

 

 

台紙が説明書代わりになっているので説明に従いパーツの交換を行います。

 

 

モハネ285-201(3201)の床下交換も並行して行います。

上の2枚の写真の上側(台車と室内灯が取り付けられている)が古い床下、下側が新規製作された新しい床下となります。

 

 

パーツ交換完了。

動力車のモハネ285-1(3001)と比較すると屋根上パーツが少ないのでスムーズに作業が出来ました。

 

 

続いて動力車(モハネ285-1及び3001)。

床下は弄りませんがアンテナパーツが多いので神経を使います。

 

 

パーツ交換完了。

FMアンテナの穴が小さい為か、押し込んだ時にアンテナが少し曲がってしまいました。

 

 

続いてクハネ285前面カプラー交換(交換前)

以下のパーツを使います。

品番:Z04-9367 電連・連結器カバー(285系) 各10個入り

品番:74191-1C3 前面カプラー(221系RN) 2個入り

 

 

カプラー交換後(カバー無し)

カバーを前面にスライドさせればカプラーが前に出て連結・走行可能となります。

 

 

カプラー交換後(カバーあり)

私は14両編成で走らせる事は無いので通常はカバー取付状態で走行させます。

 

 

乗降扉のステップ以外は最新仕様と並べても違和感が無いと思います。2セット分(JR西日本編成・JR東海編成)整備したので2日に分けて整備しました。285系アップデート日誌は以上です。

 

 

アメブロに引っ越ししてテーマ(yahooブログで言う書庫)の整理をしていないので暫く見苦しいかと思いますが御容赦下さい。御覧頂きましてありがとうございました。