上板橋病院オフィシャルBlog

上板橋病院オフィシャルBlog

全力の先にしか見えないものがある。
くじけてもいい。立ち上がればいい。
寄り添えば、人生はいつだって楽しい!
そう願う病院スタッフのブログです。

こんにちは、理学療法士の金子ニコと、作業療法士の村田ニコです。
今年の七夕七夕は、患者さん全員で、短冊書き、笹の葉に飾りをつけ、半分にチームを分けてて、「星リレー」星を行いました。

患者さんの願いを込めた短冊には、「家族が健康でありますように」や、「○○ちゃん(孫)に、早く会えますように」など、素朴で、純真な言葉がつづられていました。「コロナをやっつけて!!」とお願いをされる方もいて、今年の天への願い流れ星は、コロナ禍によって、例年以上に多いことでしょう。乙姫も彦星も、「マスクお願いします!」とか「ソーシャルディスタンス!」って言われますね。

紙で作った星を「うちわ」でリレーしふんわり風船星、競争しました。
流れ星のように、早く、美しく運んでくださいね!ということで、早く運ぶことしか考えない「せっかちさん」ランニングや、大切に、大切に夢のかけらを扱うように、運ぶ「慎重派さん」ダルマなどがいて、個性ある星リレーは、見ごたえがありました。
なかには、星を見て、お腹が空くのか、「おいしそう・・」とおっしゃる方もいて、油断もスキも無い「星リレー」星でした(笑)。

毎年、曇り空曇りの七夕七夕ですが、空高い場所で、きっと、宝石のように、限りなく美しいキラキラキラキラ輝く天の川が、患者さん、スタッフの願いを届けてくれることを願って。