【親子ヒーリングレポート例 2の2】** | 小樽・札幌*。・Fontes Sequana。・*ボディートーク・レムリアンヒーリング・チャネリング・カラーヒーリング

小樽・札幌*。・Fontes Sequana。・*ボディートーク・レムリアンヒーリング・チャネリング・カラーヒーリング

~Fontes Sequanaへようこそ。・*
植物の妖精、レムリアのクリスタル、太陽の光と虹でいっぱいのお部屋です。まるで、天使の羽音が聴こえてくるような空間で、あなた本来の輝きが開花します。

親子ヒーリングレポートの続きです^^

パパさんへ引き続き、Yくんのヒーリングレポート。

この順番にも意味がある^^

Yくんへのヒーリングは2回目。ピュアな心が、より深く、照らされたヒーリングとなりました。


********************



黄金の光がYくんに射し込み、さらにYくんから光が照射されます。

「お母さん、僕はもう、今のままではいられない。
僕自身が、光(観音様を示しています)と一体となる時がきた。
もう大丈夫だから。」

真っ白な雪と氷の景色。
北極の雪山で、そりをひく勇敢な犬。
アポロ15号が降り立った年、僕はそこにいる。
そのためにぼくは、今、強さとたくましさ、そしてしなやかさを学んでいます。
今世も来世も、今はないから。
(やはり最近は、時間軸がそういう風になっているのでしょうか^^)

嗅覚を身に付ける。
香りに敏感で、鼻がきくところがあるかもしれません。



キラキラと輝く紫の星。
恒星。
それらが、たくさんの学びを与えてくれます。
人間関係における人の弱さや儚さ、人というのは弱く、一人では決して生きてはいけないことを学び、知る必要があります。

お母さんを始めとして、人を、
愛しているから、より理解し、より深く愛していくのです。


「僕はお母さんのことをしっかり、 見ているからね。」

その手はお母さんの手(観音様の合わせた手のことです。)。
お母さんが合わせた手を握りたいということ。
共有するということ。
「お母さんが見えるものを、僕にも見せて。
同じもに寄り添い、とにかく感じたい。
人間とはどういうものなのか。人間の感覚を。」


砂浜で、笑い、星の砂と戯れる光景が浮かびます。
パパを通してこのヒーリングをお願いしたのは、ぼくです。
人間とはどういうものなのかを知りたかったから。

「私たちと同じ光を持つ人、同じ波長を持つ人はいます。そして、その場、その場で活躍しています。」


「パパへ。僕の代わりに、レムリアンヒーリングを受けてくれてありがとう。
パパ、大好き。」
パパへのメッセージです。

そして、ママへ。
「このヒーリングが、より良き方向を示すよう一緒に祈ってくれてありがとう。
あなたの思いも届きました。
これからは僕も助けになりますから^^
やることはしっかりやる!僕は人が好きだから。」


最後は、透明な光でプロテクトしました。
目には見えないけれど、しっかりと包み守ること。
ピュアなハートは壊れやすいもの。
そっと羽で優しくなでること。
僕の大好きな羽で…。



********************



過去世とか、色々あるけれど、事実がどうということよりも、それが今必要なメッセージとして、何かの気付きのきっかけになれたら…☆







Android携帯からの投稿