亀屋薬局の漢方養生ブログ

亀屋薬局の漢方養生ブログ

日々の何気ないことから、ココロとカラダの健康の話、漢方の養生など色々書いてます\(^o^)/

八月は「文章」もしっかり書いていこう。



と、言うことで、ブログも更新していきます。


あと、noteでも日記を書いてます。



まぁ、別に書かないといけない訳ではないのですが



文章化するって言うのは、なかなか頭を使いますし、日記的なものは一種「心のデドックス」にもつながります😊



私の人生をもっと垂れ流していきたいと思います(笑)


noteなどはこちらより↓


私の発信リンク集



はい。前置き長いw




今日は



腸内環境の3つのポイント


キレイな血液を作るのに欠かせないのは「腸」です。





しっかり解毒できないと、良い血も作れません。



だから、腸に入れる「食材」が大事なのは当たり前と言うことですね。



だけど、良いものばっかりは食べていられない現代人(笑)ついつい体には悪いかな〜と思いながら「食べ過ぎ」てますよね(←自覚ありw)




なので、腸には悪いですが、しっかり「排出」してもらわないと困る訳です。



そのために、せめて「腸内環境」を整える3つのポイントは押さえておきたいところです



はい。先に言いますねw


①食物繊維で排便力アップ


②発酵食品で善玉菌を増やす


③起床時にコップ1杯の水を飲む



当たり前すぎますね(笑)



でも意外とできてないんです。




◉発酵食品


ヨーグルト、もいいですが、おすすめは「味噌」です。日本人の腸によく合います。


あとは醤油、酢、漬物なども良いです



◉食物繊維


野菜、果物、豆類、穀物など。水溶性と不溶性があります。どちらも腸内環境の環境に役立ちますが、


便秘のときは、りんご、なめこ、わかめなど水溶性がおすすめ。


◉オリゴ糖


善玉菌のエサになるのが「オリゴ糖」ですね。バナナ、ハチミツ、玉ねぎなどからも取れます。


◉グルコン酸


これも善玉菌の好きなエサ。酢やハチミツに入っています




朝、コップで水を飲むのは腸を刺激してあげるためです。水で刺激され、ぜんどう運動が活発になります。


当店では「漢方茶」を飲んでいただくことも多いですね😊



あとは、腸を冷やさないことも大切です😊



血液をキレイにするためにも「腸」の力は高めましょうね〜