『前田建設ファンタジー営業部』公開記念舞台挨拶

【日程】2020年2月1日(土)

【会場・時間】

①新宿バルト9 12:05の回上映前 

※舞台挨拶終了後12:35頃より本編スタート

【登壇者(敬称略)】

①新宿バルト9

高杉真宙さん、上地雄輔さん、岸井ゆきのさん、本多力さん、六角精児さん、小木博明さん、英勉監督

 

1月31日全国ロードショー

映画「前田建設ファンタジー営業部」

■監督 英勉
■脚本 上田誠(ヨーロッパ企画)
■原作 前田建設工業株式会社 『前田建設ファンタジー営業部1 「マジンガーZ」地下格納庫編』(幻冬舎文庫)
永井豪『マジンガーZ』
■出演 高杉真宙 上地雄輔 岸井ゆきの 本多力 町田啓太 六角精児 小木博明(おぎやはぎ)
■配給 バンダイナムコアーツ 東京テアトル
Ⓒ前田建設/Team F ©ダイナミック企画・東映アニメーション

 

【ストーリー】
2003年.前田建設工業のオフィスの片隅にある広報グループ。社会人になったら粛々と生きていく、と働くことに情熱を見いだせないでいたドイ(高杉真宙)が憂鬱そうにパソコンに向かっている。満面の笑みをたたえたグループリーダーのアサガワ(小木博明)の「マジンガーZの格納庫を作れるか」という問いに、適当に答えるドイ。そんな二人のやりとりに、同グループのベッショ(上地雄輔)、エモト(岸井ゆきの)、チカダ(本多力)も入ってきて口々に持論を展開する。部下たちが話に乗ってきたタイミングを見計らい、アサガワの声が轟いた。「うちの技術で、マジンガーの格納庫を作っちゃおう!」驚く一同をよそ目にアサガワは、会社の広報企画としてウェブで『ファンタジー営業部』を立ち上げ、設計をし、工期を立て、見積もりも出すという。実際には作らないが「心の中に作る」と熱弁を振るうアサガワ。「我が社は国家的必要性もあり、ダム、トンネル、発電所など、数々の大プロジェクトをものにしてきた。しかし、昨今では、新規事業は明らかに縮小、民間営業は厳しいコスト合戦を強いられている。そんな中でも、どこかにブルーオーシャンがあるんじゃないか…。あったんだよ!それが、マンガやアニメの世界、つまり空想世界からの受注だったんだよ!空想世界では、毎週のように、さまざまな建造物が、作っては壊され、作っては壊され!そんな奇跡のようなニューフロンティアに、わが社がいち早く、乗り込もうじゃないか!」かくして、アサガワに巻き込まれる形で広報グループは、マジンガーZの地下格納庫を作る依頼をファンタジーの世界から受けたという体裁で、検討に向け始動する。アサガワが上層部やマジンガーZの権利元に次々と根回しをし、部員たちも創意工夫を凝らしていくが、前途多難な問題が次々と襲い掛かる。最初は、冷ややかだったドイも、渋々ながらも巻き込まれた部員たちと共に、掘削オタクで土質担当のヤマダ(町田)、クセの強いベテラン機械グループ担当部長のフワ(六角)、さらに社内だけでなく社外からも協力を得て、前代未聞のミッションに立ち向かっていく。

 

 

 

 

前田建設ファンタジー

東京龍馬会 第十二回 令和2年新年会のご案内

新たな年を迎え、東京龍馬会恒例の新年会を下記の通り開催いたします。

 

<会場>

うおや一丁銀座本店

TEL:03-1234-1111

住所:東京都中央区銀座1-2-32F首都高速高架下

 

令和2年1月18日(土)

受付:13:30〜

宴会:14:00〜17:00

5,000円(予約制)

 

<交通アクセス>-JR有楽町駅京橋口徒歩5分

-地下鉄銀座線京橋駅3番出口徒歩2分

-地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口徒歩2分

 

申込締切:会員は郵送した案内状に同封の返信ハガキにてお申込みください。1月11日(土)締め切り。

非会員は東京龍馬会ホームページよりお申込みください。

http://東京龍馬会.JP

 

※新年会は予約制です。キャンセルの場合は1月16日(木)迄に必ずお知らせする緊急連絡先までご連絡下さい。翌日以降のキャンセルは後日食事代料金を請求させて頂きます。

 

詳細・お問合せ:http://東京龍馬会.JP

 

 

 

新年会

東京龍馬会

 

 

 

東京龍馬会会報誌
龍馬タイムズ131号本日発送
⚫表紙 龍馬の手紙 高知県立坂本龍馬記念会提供
⚫新年のご挨拶
東京龍馬会会長佐藤禔員
幹事濱田紀郎
幹事藤井博英
⚫坂本龍馬と薩長同盟
東京龍馬会顧問 作家 山村竜也氏
⚫長崎・考
幹事玉田満里子
⚫脱藩の道を歩き、御手洗を訪ねる
幹事市川理枝
⚫第65回史跡探訪レポート
~山村竜也先生と歩く、勝海舟が愛した洗足池と著名人が眠る池上本門寺
幹事岡本万紀
⚫第65回史跡探訪感想
会員 西村悠汰さん
会員 中村早苗さん
⚫書籍案内
⚫催事の案内
⚫表紙の解説
増補改訂版 全書簡現代語訳 坂本龍馬からの手紙 著者 宮川禎一より引用



龍馬タイムズ

 

ニューアルバム『見っけ』を携えた全国ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2019-2020 “MIKKE”』

スピッツ全国ツアースタート

48公演、来年夏まで!

2019/12/5(木)
18:30 開演 ( 17:00 開場 )
会場:武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ (東京都)





 
 
 
 
SPITZ JAMBOREE TOUR 2019-2020 “MIKKE” 
2019年
11月30日(土)  静岡エコパアリーナ
12月05日(木)  武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
12月07日(土)  武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
12月08日(日)  武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
12月12日(木)  横浜アリーナ
12月14日(土)  横浜アリーナ
12月15日(日)  横浜アリーナ
12月27日(金)  マリンメッセ福岡
12月28日(土)  マリンメッセ福岡

2020年
01月18日(土)  大阪城ホール
01月19日(日)  大阪城ホール
01月28日(火)  大阪城ホール
01月29日(水)  大阪城ホール
03月28日(土)  YCC県民文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
03月31日(火)  高崎芸術劇場
04月07日(火)  米子コンベンションセンター・BiG SHiP
04月09日(木)  広島文化学園HBGホール
04月10日(金)  広島文化学園HBGホール
04月14日(火)  宇都宮市文化会館
04月18日(土)  和歌山県民文化会館 大ホール
04月19日(日)  姫路市文化センター 大ホール
04月21日(火)  レクザムホール・大ホール(香川県県民ホール)
04月28日(火)  市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
04月30日(木)  大分iichikoグランシアタ
05月05日(火・祝)名古屋国際会議場センチュリーホール
05月06日(水・振)名古屋国際会議場センチュリーホール
05月08日(金)  名古屋国際会議場センチュリーホール
05月12日(火)  金沢歌劇座
05月14日(木)  新潟県民会館
05月19日(火)  札幌文化芸術劇場hitaru
05月20日(水)  札幌文化芸術劇場hitaru
05月26日(火)  仙台サンプラザホール
05月27日(水)  仙台サンプラザホール
06月01日(月)  沖縄コンベンションセンター劇場棟
06月02日(火)  沖縄コンベンションセンター劇場棟
06月07日(日)  松山市民会館・大ホール
06月08日(月)  高知県立県民文化ホール・オレンジホール
06月12日(金)  山形県総合文化芸術館
06月14日(日)  リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
06月21日(日)  帯広市民文化ホール大ホール
06月23日(火)  コーチャンフォー釧路文化ホール
06月29日(月)  大宮ソニックシティホール
06月30日(火)  大宮ソニックシティホール
07月05日(日)  福井フェニックスプラザ
07月06日(月)  滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
07月08日(水)  岡山市民会館
07月14日(火)  三重県文化会館大ホール
07月16日(木)  長良川国際会議場メインホール
 

■細野晴臣 イエローマジックショー3

2019年12月1日(日) 東京国際フォーラム ホールA

開場17:00 / 開演18:00

出演:細野晴臣/安部勇磨(never young beach) / 伊賀航 / 伊藤大地 / 小山田圭吾 / 清水ミチコ / 清水イチロウ /ジョイマン / 高田漣 / 高橋幸宏 / 豊崎愛生 / 野村卓史 / ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)/水原希子 / 水原佑果 / 宮沢りえ / U-zhaan / Little Glee Monster / ロッチ

50音順

映像出演 坂本龍一 / 星野源

声の出演 ナイツ

※この日の模様は、NHK BSプレミアム、NHK BS4Kで近日放送される

 

細野晴臣 音楽活動50周年オフィシャル・プロジェクトを締めくくる2days公演、高橋幸宏、宮沢りえら豪華ゲストを迎え音楽バラエティーショー『イエローマジックショー3』を展開。

過去にNHKで2回放送されて人気を博した、細野を中心とした音楽バラエティ番組『イエローマジックショー』の3回目を、今回は生のステージでやろうという企画。

 

細野に加え、高橋幸宏、宮沢りえ、水原希子、安部勇磨(never young beach)が出演し、星野源も映像で参加した「家族コント」。

清水ミチコ、清水イチロウ姉弟によるものまねコーナー、さらに、ロッチ、水原佑果、豊崎愛生、小山田圭吾、U-zhaan、Little Glee Monsterといった面々も加わった学園コントなど、盛りだくさんの内容の間に、細野バンドによる演奏。

ハイライトは、細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一の3人によるコーナー。坂本龍一が映像で出演し、坂本の演奏映像に合わせて、細野、高橋が生演奏で。

【記事はナタリーから引用】

 

 

細野晴臣

高橋幸宏

坂本龍一

イエローマジックオーケストラ

YMO

 

 

初のソロ東京公演!
「ふるさとの唄2019」野田かつひこコンサート」
〜Born in the kurume 九州の風にのって〜
尺八/山崎箜山、トロンボーン/濱田治

江戸川区総合文化センター

 

野田かつひこ

福岡県久留米市三潴町生まれ。 国内外でのライブ活動を経て吉本興業福岡音楽部門より九州初のミュージシャンとして「よかやんね」で CDデビュー。各地でのコンサート活動を中心に、劇音楽の制作やラジオ番組、随筆活動と 幅広く活躍しているアーティスト。
自らの足で各地をめぐり、そこに暮らす人々の思いや命の輝きを歌にするスタイルが自然に出来上がり、 2005年の福岡西方沖地震では被災した玄界島の応援歌「僕のふるさと玄界島」を作曲、2007年からは重症筋無力症と闘うファンの方との出逢いから 「さまざまな命の物語」と題し、命をテーマにしたコンサートを各地で毎年開催している。 また、廃校目前の中学校の生徒たちの思いを歌にする取り組みを行い、それを取材した番組は日本ケーブルテレビ大賞番組アワード最優秀賞を受賞、 作曲した曲「加志々が好きなんだ」は2014年3月に歌碑が建立された。 2015年には福岡県久留米市の「くるめふるさと大使」に任命され、 活動の幅が徐々に広がっている。

 

 

 

 

 

野田かつひこ