飛騨白川郷 料理宿 御母衣 番頭ブログ

飛騨白川郷 料理宿 御母衣 番頭ブログ

「料理宿 御母衣」の番頭、円と言います。岐阜県の北端、富山県との県境、世界遺産白川郷がある白川村で小さな旅館を家族で営んでおります。日々過ごしていく中で気になった事、旅館や村の情報を書き込んでいきたいと思います。

今日は昼から所用で下呂まで。番頭の所用、最近はもっぱら婚活です。が、なかなか厳しい活動状況です(。>д<)(笑)

その帰り道、急遽思い立ち秋神温泉へ(^o^)
下呂から鈴蘭高原経由で一時間弱🚕
途中、御嶽山を眺め(*^^*)

水蒸気???( ゜o゜)

乗鞍岳を眺め、ひんやりした空気で癒されました(´▽`)

秋神温泉を目指したのは、氷点下の森の見学と、その時限定と言われる「森のラーメン」。

三年前に亡くなられた氷の王様、秋神温泉旅館の先代の意志を受け継がれた今のご主人さんが以来毎年、氷点下の森を造られています。

そのスケールは圧巻です( ゜o゜)

斜面、一面氷。

日も落ち、とてもひんやり。まさに氷点下の森でした(^-^)

不思議と引き込まれる氷の芸術( ´△`)

自然の物には癒されます(´▽`)

そして・・・
氷点下の森の一角にあるクリスタルハウスへ(^o^)

念願の森のラーメンを頂きました(*^^*)

澄んださっぱりしたスープと、切り株の断面のようなフワフワの大判チャーシューの油と細麺が凄くよく合い、本当に美味しかったです(^-^)茶色の森の小枝のようなトッピングもこれがまたラーメンによく合って初めての味わいで美味しかったです。大満足でした。
ちなみにこのラーメンを作られている板前さんは、このご近所のお宿のご主人さん。ご馳走様でした。

秋神温泉旅館さん。大自然の中にある趣きのあるお宿さんです(^-^)

ありがとうございました(^-^ゞ

そして、ライトアップ点灯前でしたが、タイムリミットになり、急いで高山へ🚕残念・・・
その途中の美女峠から満月がボン❗と現れビックリ( ゜o゜)写真では分かりずらいですが、大きな月に見えました(笑)

ついつい車を止めて、見いってしまいました(*^^*)

今日は色んなところで癒されて、勉強させて頂いた1日になりました。「明日からまた色々頑張らんなん!!」と気合いを入れ直すのでありました(*^^*)

飛騨白川郷 料理宿 御母衣