初入荷!!!!大注目【Lunor】

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このたび蒲池眼鏡舗に、ドイツの新ブランド【Lunor】(ルノア)が仲間入りしました!

魅力たっぷりのこのブランド、既にご存知の方も多いのではないでしょうか?簡単にご紹介致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

世界でもトップクラスの眼鏡大国ドイツ

 

 

 

ドイツはモノづくり大国としても知られ、眼鏡はシンプルな構造で壊れにくい反面、デザインに派手さやインパクトは少ないです。

それでも眼鏡強豪国たる所以は、画期的な技術と素材を次々と開発し、今のファッション・トレンドともリンクしているからです。

 

例えば、世界で初めて板状のステンレスを使ったシートメタルを眼鏡に採用いたブランドや、シートメタルによるファッショナブルなアイウェアを展開したブランド。

チタンのような性能を持つハイテク樹脂TMiを開発したブランドなどがあります。

 

ドイツ眼鏡は品質が高くてオリジナリティがあり、トレンド感も強いのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンティーク眼鏡の先駆者 Lunor

 

 

 

 

 

 

 

ドイツ眼鏡ブランドの中でもアンティーク眼鏡の先駆者として一目置かれているルノア。

創業者は、世界的なアンティークフレームの収集家として知られるゲルノット・リンドナー氏。

 

 

氏は、14歳の若さでアンティークフレームや拡大鏡、顕微鏡、望遠鏡、検眼機器等の収集を始め、現在では眼鏡のコレクション数が約3000本に至ります。

日本を含む世界各国の眼鏡の博物館設立の際は、氏の私蔵コレクションの中からかなりの数買い付けられた事は有名な話です。

 

製造後100年以上経過したものをアンティークと一般的にいいますが、ゲルノット・リンドナー氏のコレクションは、デザインは良いものの使用するという点に関しては全く納得のいくものが無かったため、自らのブランドLunorを設立しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ルノアの魅力

 

 

ルノアは、16世紀から20世紀に存在していたアンティーク眼鏡を、現代の技術やアイデアで蘇らせています。

 

1910年頃に考案された可変式ブリッジを軽量なチタンで表現したモデル。

他にも19世紀後半に普及したブリッジがクロスする【X ブリッジ】や、伸縮可能な【スライドテンプル】などが代表作です。

 

そのスタイルを貫く事で、一時的なトレンドに流される事無く、その魅力に一度取りつかれてしまったらなかなか抜け出せなくなるかもしれません。

 

 

 

ルノアの眼鏡は、南ドイツのアルテンクシュテットにあるファクトリーで製造されています。

眼鏡が完成するまで、約200の工程をマイスターの手作業によって行われ、完成までに長い期間が掛かります。

パーツも全てルノアオリジナルで、大量生産されたパーツを使用する事は一切ありません。

また、チタンフレームは加工技術の高さから日本で生産されているものもあります。

 

作り込まれたディテールの評価は非常に高く、厳しい審美眼を持つスティーブ・ジョブズ氏が愛用したことで知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中世から製造されてきた眼鏡の最も美しいエッセンスを現代に復活させるルノア。

我々スタッフも楽しみにしていたブランドです。

まだまだ、お伝えしたい事は山ほどありますが、、、

 

掛けているだけで眼鏡を知っていると思わせる玄人好みのブランドを、

先ずは一度お試しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒲池眼鏡舗

 

〒860-0845

熊本県熊本市中央区上通町8-26

TEL&FAX : 096-319-1775

HP : www.kamachi-megane.com

Blog : http://ameblo.jp/kamachi-megane

Facebook : www.facebook.com/kamachimegane

Web store : http://www.kamachi-web.com/

instagram : https://www.instagram.com/kamachigankyouten/

 

 

【 蒲池眼鏡舗 FLOOR 】のBlogはこちら

http://ameblo.jp/kamachi-megane-flo

【 蒲池眼鏡舗 FUKUOKA 】のBlogはこちら

http://ameblo.jp/kamachi-megane-fukuoka/entrylist.html