神明社『徒然記』

神明社『徒然記』

角館總鎭守「神明社」の神主による徒然記(ブログ)です









NEW !
テーマ:
今日は、十五夜(旧暦8月15日 中秋の名月)ですが、十五夜の月見が盛んになったのは、平安時代の貞観年間(859~877年)ごろに中国から伝わり、貴族の間に広まりました。

月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管弦に親しむ風流な催しだったようで、貴族たちは空を見上げて月を眺めるのではなく、水面や盃の酒に映った月を愛でました。

庶民も広く十五夜を楽しむようになったのは、江戸時代に入ってからだといわれ、貴族のようにただ月を眺めるのではなく、収穫祭や初穂祭の意味合いが大きかったようです。

十五夜のころは稲が育ち、間もなく収穫が始まる時期で、無事に収穫できる喜びを分かち合い、感謝する日でもあったのです。

本日、9月24日(旧暦8月15日)午後6時より、神明社観月祭を斎行いたします。

*神明社観月祭動画はコチラ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス