さくらんぼの屋根部屋。

Privatterからの引っ越しのついでにB.A.P妄想ツイの保存用にしました^^ 韓タメブログはこちら → http://kakocafe.exblog.jp/

NEW !
テーマ:

ファンタジーは初めてですがハッピーエンドを目指してます。

長いお話になる予定なので続きはまたいつか…

カムバが決まったので明日から慌ただしそうですしね♪

 

 

 

デヒョ猫の物語~プロローグ


***************************

 

 

 


ただいま。

 

暗い部屋に帰るのに挨拶なんて必要ないけれど、これは一人暮らしを始めてから自分を励ますために続けてる日課。ただいま。今日もお疲れ様。明日もきっと、がんばれる。

 

寝室のドアをそっと開けると、彼は広いベッドの片隅で丸くなって寝ていた。ダブルにしようよ。ヌナとくっついて眠りたいから。ベッドを買う時にあなたがそう言うから、部屋に似合わないダブルサイズにしたのに。

 

そっと柔らかな髪を撫でる。規則正しい寝息に安心をもらう。彼の穏やかな寝顔を見ると、気持ちがゆっくりと落ち着きを取り戻す。

 

気配を感じたのか、寝返りをうってうっすらと目を開ける。

 

「んんん、おかえりっ。遅かったね」
「うん、今日も最終かな」

 

もぞもぞと近寄ると、ベッドに座っている私の腰にするりと手を回す。

 

「このまま寝よう?」
「今帰って来たとこだから」
「明日は休みでしょ?朝シャワーすればいいじゃん。あぁヌナの匂い…」

 

顔をすり寄せて、腕に力を込める。逆に私は力が抜けていくよう・・・。

 

「やめてよ 汗臭いだけでしょ」
「ちがうよ、落ち着くんだ。このままがいい…」

 

彼はむっくり起き上がると、寝ぼけながら私の上着を脱がせ、すっぽりと腕の中に抱き入れてそのまま何事もなかったようにまた横たわる。

 

明日にしよう。全部、明日で大丈夫。
心の中であなたの声がする。

 

そうだね。何も考えずに、今夜はあなたを抱きしめて、朝までぐっすり眠ろう。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。