伝説的なアトラクション制作者、ジョー・ロードさんの引退の急報が伝わってきました。



ジョー(ジョセフ)ロードJoseph "Joe" Rohdeさんは、ディズニーのテーマパークとリゾートホテルを設計構築するウォルトディズニーカンパニーの企業、
ウォルトディズニー・イマジニアリングのベテラン重役。
ロードさんの正式な役職は、クリエイティブ部門のデザイナー取締役・副社長です。
ディズニーシーにいくと、実はロードさんの写真はあちこちで見かけます。
彼はタワー・オブ・テラーを制作する過程で、自分の自画像を加工して、
ご自身がハリソン・ハイタワー3世のモデルになったから。
ロードさんはハワイ出身だったので、
ディズニー・アウラニ・リゾートの企画設計も指揮し、地域住民との交渉にも働きました。
彼の最初の大仕事はマイケル・ジャクソンを主役にしたアトラクション、
キャプテンE.Oなどがあります。
特にソアリンはロードさんが東京ディズニーに残した最大級の贈り物だったのではないか。

ロードさん、長い間ありがとうございました。
われわれはあなたのことを決して忘れません。