新年おめでとうございます。平成31年、平成最後となる新年を穏やかな天気で迎えました。(茨城県北部地方はこのところしばらく降雨もなく良い天気が続いています。) とは言ってもはや正月も中旬となり、時間の進み具合がますます速く感じます。正月に入って地元の新年会に3回出席、これからまだ2回の予定がありますが、これが終わればようやく通常の日々に戻ります。今月は誕生月、還暦を過ぎて?歳になりましたが今年も元気に柿作りに励んでいきますのでよろしくお願いします。

 今の季節は花が少ないのですが、庭先に咲いているものを紹介します。

 珍しい白い南天です。

 ロウバイの黄色い花が咲いて良い香りを漂わせています。

 赤い南天です。

 水仙の白い花が咲き始め、早春を感じさせます。

 柿園の方は、平核無柿の剪定作業が終わり剪定枝を集めて片付けました。これらは乾燥後に焼却します。

 今の作業は、剪定した柿木の粗皮を曲り鎌で除去しています。これは柿の木の虫の害、枯れなど全体のチェックと処理のために行っています。まだまだ、選定作業は半分くらい残っています。