頑固なもの(脳卒中片麻痺、慢性疼痛)と戦う理学療法士のブログ

頑固なもの(脳卒中片麻痺、慢性疼痛)と戦う理学療法士のブログ

東京八王子で活動しており、主に慢性疾患のクライアントさんを見てます!八王子で訪問リハビリと整体(https://www.reha-me.com)をしています!
セラピー情報サイト(https://therapyfreak.com)も運営しています。Amazonより書籍も発売中です!

ブログにお越し頂きありがとうございます。

 

 

 

■Amazonより書籍発売中です!

 

 


今回の記事は動作の考え方の話。



Gray cookのスポーツ動作のスキルアップの考え方は分かりやすいです。




下の図のように、

ベースにモビリティとスタビリティ関節の確立があり、

その上の効率的動作パターンの習得を重要視しています。



そこがしっかりしていないと、

パフォーマンスアップ

スキルアップ

は難しいということです。


モビリティ関節とは、
距骨下関節、股関節、胸椎、肩関節、手首、環椎後頭関節を指し、

スタビリティ関節とは、
膝関節、仙腸関節・腰椎、肩甲胸郭関節、肘関節、頚椎を指します。



これはおおよそ交互になっています。



動くべき関節の柔軟性、
固定すべき関節の筋力、
がしっかり作られた上で、
効率的動作パターンの獲得が大事です。



効率的動作パターンの獲得は神経系の問題が大きいです!
いわゆるモーターコントロールです。
神経のあらゆるパターン、シナジーを作る事が大事なので、
あらゆる動きを行うことと、
必要な動きを繰り返す行う事が大事です。



パフォーマンスを上げるためには
ただ繰り返し練習するのではなく、
ベースのモビリティとスタビリティをつくりましょう!



では。


---------------------------------


店舗ホームページ

  ↓     ↓      

https://www.reha-me.com


■Amazonにて電子書籍『BSストレッチ』発売中

  ↓       ↓     



■note:有料にて臨床の内容を公開してます。

  ↓     

https://note.com/kajikajiwarawara



私が管理人のセラピー情報サイトがあります!よかったらご覧下さい(^^

   ↓      ↓      

https://therapyfreak.com


■Instagram

   

https://www.instagram.com/reha_me.kajiwara


■Twitter

「かじわら(理学療法士)

@kajikaji_pt

よかったら気軽にフォローしてください(^^)


公式LINEアカウント

https://lin.ee/PWwJkUE

からご登録下さい(^^)

ブログで書かないネタや動画などを不定期に配信しています!