國岡徹造に学ぶビジネスと会社経営
  • 27Jan
    • 國岡徹造の巨大石油タンカー「日章丸」同乗取材記(5) 密着取材クルーの秘密。

      國岡徹造の巨大石油タンカー「日章丸」同乗取材記(5) 密着取材クルーの秘密。国岡徹造が主人公の物語『海賊とよばれた男』。その國岡徹造の所有する巨大タンカー『日昇丸』その日昇丸に同乗した取材クルーは2か月半も密着していたそうです。その苦労や制約の秘密とは?タンカー「日章丸」同乗取材記(5) 取材クル國岡徹造と仲間たち。国岡徹造の見た世界とは次回は巨大石油タンカーの万一の事故に備えてに迫ります。お楽しみに!

  • 26Jan
    • 國岡徹造のタンカー「日章丸」同乗取材記(4) 海賊対策とは!?

      國岡徹造のタンカー「日章丸」同乗取材記(4) 海賊対策とは!?国岡徹造が主人公の映画『海賊とよばれた男』。オマーン湾とペルシャ湾をつなぐホルムズ海峡で、不審な小型船が近づいてきた。海賊の船なのか、密輸船なのか、それとも・・・タンカー「日章丸」同乗取材記(4) 海賊対策官僚主義に立ち向かう國岡徹造。國岡徹造の夢見た未来とは

  • 25Jan
    • 國岡徹造の巨大タンカー「日章丸」同乗取材記(3) 船の食事の秘密とは?

      國岡徹造の巨大タンカー「日章丸」同乗取材記(3) 船の食事の秘密とは?国岡徹造が主人公の映画『海賊とよばれた男』。中でも國岡徹造の所有する巨大石油タンカーがペルシャ湾を突破する姿は圧巻です。ところで、その巨大石油タンカーの食事はどういったものなのでしょうか?今回はその秘密に迫ります。國岡徹造の巨大タンカー「日章丸」同乗取材記(3) 船の食事の秘密とは?次回は、なんとペルシャ湾の本物の海賊対策についてです。お楽しみに!国岡徹造と仲間たち。國岡徹造の目指した世界とは?

  • 24Jan
    • 國岡徹造のタンカー「日章丸」同乗取材記(2) 巨大タンカーの乗組員の仕事とは?

      國岡徹造のタンカー「日章丸」同乗取材記(2) 巨大タンカーの乗組員の仕事とは?国岡徹造が主人公の映画『海賊とよばれた男』。その國岡徹造が所有した巨大石油タンカー『日昇丸』ですが、実際にその『日昇丸』(現在は5代目)に同乗した貴重な記録です。今回は、巨大タンカーの乗組員の秘密に迫ります!タンカー「日章丸」同乗取材記(2) 乗組員の仕事国岡徹造と仲間たち國岡徹造の思い描いた未来とは。

  • 23Jan
    • 國岡徹造の船『日章丸』同情取材記(1)東京湾を出発!

      國岡徹造の船『日章丸』同情取材記(1)東京湾を出発!国岡徹造が主人公の物語『海賊とよばれた男』。その国岡徹造が所有していた石油タンカーが、『日章丸』。戦後間もなくの日本で、国岡徹造は『日昇丸』で独自にイランまで行き、石油を買い付けることに成功しました・その日昇丸(現在は5代目の)に同乗した貴重な映像です。まずは東京湾を出発です!タンカー「日章丸」同乗取材記(1) 東京湾から中東・ペルシャ湾へ海のロマンを感じますね!続きはお楽しみに!国岡徹造役の岡田准一国岡徹造が目指した世界とは

  • 21Jan
    • 国岡徹造主役映画『海賊とよばれた男』出演の鈴木亮平さんインタビュー映像。

      国岡徹造主役映画『海賊とよばれた男』出演の鈴木亮平さんインタビュー映像。映画『海賊とよばれた男』中でも主人公の國岡徹造の重要な仲間の役を演じたのが、鈴木亮平さん。國岡徹造の良き仲間を演じた鈴木亮平さん鈴木亮平さんは、確かな演技でますます人気急上昇中ですね。その鈴木亮平さんが、映画への熱い思いを語った貴重な舞台挨拶です。【鈴木亮平】映画『海賊とよばれた男』完成披露イベント【鈴木亮平】映画『海賊とよばれた男』インタビュー映像こんな仲間に恵まれて国岡徹造は幸せ者ですね。国岡徹造の見た空とは

  • 20Jan
    • 國岡徹造主人公『海賊とよばれた男』ラジオで熱く語る山崎貴監督の思いとは。

      國岡徹造主人公『海賊とよばれた男』ラジオで熱く語る山崎貴監督と阿部プロデューサーの思いとは。ラジオ日本「坂上みきのエンタメgo!go! 映画『海賊とよばれた男』スペシャル!20161203 (ゲスト:山崎貴監督・阿部プロデューサー)山崎監督と阿部プロデューサーとの熱き友情。そして、岡田准一の出演の秘密も熱く語られます。國岡徹造を主人公とした映画『海賊とよばれた男』國岡徹造を演じた岡田准一。監督の山崎貴氏。国岡徹造の見た空とは。

  • 19Jan
    • 国岡徹造の物語は百田ワールドの最高傑作!

      国岡徹造の物語は百田ワールドの最高傑作!国岡徹造が主人公の物語『海賊とよばれた男』百田尚樹氏の小説『海賊とよばれた男』の主人公、国岡徹造のモデルは、日本の石油王と呼ばれた出光興産創業者の出光佐三氏である。国岡徹造のモデル出光佐三氏裸一貫から日本を代表する企業である出光グループを作り上げるサクセスストーリーであるが、その国岡徹造の波乱万丈の“熱い”物語に、血肉が踊るほどの感動を味わうことができた。人を信じるがゆえに、社員をクビをしない、出勤簿なし、定年制無し…という破天荒な社風は、社員を家族の一員として信頼していく佐三氏(作品内では国岡徹三)の信念に、武士道を漂わせた明治男の頑なな正義が見える。こうした社風は平成にまで受け継がれ、出光興産は唯一の民族系石油会社として存続をしてきている。百田尚樹の作品は、『錨を捨てよ』や『ボックス』、『風の中のマリア』や『聖夜の贈り物』、前作の時代小説の『影法師』にしかり、1作ごとに作風を変え、様々なカテゴリーへのチャレンジを意図的に行ってきている。『海賊とよばれた男』の作者百田尚樹氏中でも今回の作品は、ノンフィクションを十分に意識した企業小説、立志伝、評伝として、そのチャレンジが成功した出来になったと思う。まさに“百田ワールド”。また、『永遠の0』を読んだ人ならば、思わずニヤリとするサービス精神にも感心するだろう。(レビューより)国岡徹造を演じた岡田准一と名優たち。国岡徹造の見た空とは

  • 18Jan
    • 国岡徹造を通して石油と世界の関係を考える。

      国岡徹造を通して石油と世界の関係を考える。国岡徹造を主人公と下物語『海賊とよばれた男』小説『海賊とよばれた男』は、国岡徹造こと出光佐三のいわば伝記であるとともに石油をテーマとした歴史小説とも言えでしょう。国岡徹造のモデルとなった出光佐三氏国岡徹造の生き方は、称賛に値し大変勉強になります。国岡徹造の目を通して、石油というエネルギーに翻弄された20世紀の日本の姿を見ることができます。日本がアメリカをはじめとした連合国と戦った太平洋戦争の主な原因が、石油にあったこと。そして、負けた理由も石油であり、さらに、戦後の復興のカギも石油にあったということは、まぎれもない事実である。日本が米国と戦争に踏み切ったきっかけのひとつが、アメリカの日本に対する石油禁輸措置にあったことは以前から聞いてはいたが、そうはいってもなかなかピンとこなかった。しかし、国岡徹造は、軍艦も戦闘機も石油がなくなれば動かなくなり国防が破たんすること、日本が石油を求め否応なくインドシナへ進出することを事前に見抜いていた慧眼の持ち主であった。また国岡徹造は、日本がその石油ルートを断たれた時、まぎれもなく日本が戦争に負けることを予測した。そして、国岡徹造は戦後においては、自ら経済復興の第一線にたち世界を支配するメジャー石油資本と闘った。国岡徹造の石油タンカー国岡徹造の石油タンカーと石油基地国岡徹造はこう言う「石油のために戦争を始めて、石油がなくなって戦いに敗れ、今度は石油によって支配されるわけか。」〜世界経済の高度成長に伴い、1970年代にはそれまで供給過剰だった石油の需給バランスがくずれ、OPECが台頭していく。石油は、大衆社会の必需品としてクローズアップした。しかし実際は、石油は常に世界の黒幕により裏で操られ、相変わらず真相を見せないままに歴史を辿って来たきたように思えてならない。近年、シェールオイルが開発され、状況がまた変わりつつある。ここにきて、石油の需給バランスが再び崩れ、石油は供給過剰の時代に逆戻りしたように思える。ロシアの通貨「ルーブル」が急落しているらしいが、こうした資源国は今後どうなってしまうのだろうか?また、一方で、アメリカが一旦手を引いた中東イラクでは、「イスラム国」なるテロ集団が、その隙間に手にした石油資源を資金源に勝手を振い世界に脅威をもたらしている。日本では、本書の題材となった出光興産が昭和シェル石油を買収することになった。英蘭ロイヤルダッチシェルが石油販売の採算が悪化し日本市場から手を引くためらしいが、これは、戦後を通じて席巻してきたメジャーが日本から撤退をするという画期的事件といえるのではないだろうか。一方で、トヨタが世界で初めて電気自動車を開発した。石油に代わり水素を燃料とする車であり、この二つの出来事は、近未来のエネルギー革命の転換点を暗示しているようにも思えるが、その結論はあと数十年は待たねばならないだろう。20世紀は、エネルギーに支配された世紀と言えるだろう。その中身は、「石油」。そして、「原子力」である。福島の原発事故は、今なお生々しく、現在進行形である。この悲劇は二度と繰り返してはならない。21世紀も引き続き「石油」や「原子力」に翻弄され続けるのだろうか? それとも、エネルギーは多様化し、今までの価値観とは違った新しい世界がやって来るのだろうか? しかし、石油価格の下落が続けば、資源国を中心に世界経済は疲弊する。日本の円安デフレ脱却の道筋も崩れるのではないだろうか。果たして日本経済や私たちの生活は、良くなるのだろうか?本書を読んで、とてつもなく大きなテーマについて覚醒させられたと同時に、何かこう、目の前がますます見えなくなった感がある。しかし、国岡徹造のような人物が現れて、時代の危機を乗り越えてくれることを信じたい。(レビューより)海で石油を売る国岡徹造国岡徹造を演じた岡田准一国岡徹造が思い描いた未来とは

  • 17Jan
    • 国岡徹造の人間力に感動!

      国岡徹造の人間力に感動!国岡徹造が主人公の『海賊とよばれた男』。この小説『海賊とよばれた男』の主人公、国岡徹造は、名前や社名は違うものの、石油会社「出光」の創業者の物語です。国岡徹造のモデルとなった出光佐三氏。歴史小説も経済小説も苦手な私ですが、経済面などもわかりやすく表現しており、夢中で一気に読んでしまいました。主人公の国岡徹造の人間としての魅力に引き付けられ、内容の難しが気にならず読みやすかったです。歴史や経済の難しさはさほど気にならず、とにかく店主の国岡徹造の理念・決断力には胸が熱くなります。しかし、国岡徹造の素晴らしさとは真逆に“出る杭は打つ”べく、彼の邪魔をする者や組織の壁が立ちふさがり、その緊迫感が作品を大いに盛り上げます。国岡徹造は愛国者でありながら官僚主義に立ち向かう。国岡徹造は会社の利益よりも、日本という国のこれからに照準を合わせた経営を展開します。タイムカートなし、出勤簿なし、馘首なし、定年なしという会社で、社員を“家族”として絶対的な信頼を置きます。国岡徹造の利益だけにとらわれない広い視野・そして信頼関係。国岡徹造と仲間たち。これに社員たちは惹かれ、この店主についていこうと思い、奮闘努力していきます。上に立つ者次第で、下の者も伸びる。素晴らしい上下関係!儲けよりも、この人のために頑張る・・・という気持ち。これこそが会社という組織にとって最も重要なことなのだと教えてくれます。どこまでがフィクションなのかわからないけど、そんなことはどうでも良く、それ以上に、国岡徹造の人間力に感動します!(レビューより)国岡徹造を演じきった岡田准一国岡徹造の歩んできた道とは

  • 16Jan
    • 国岡徹造の生き方は、正義感と人間味あふれるもの。

      国岡徹造の生き方は、正義感と人間味あふれるもの。国岡徹造が主人公の『海賊と呼ばれた男』。百田尚樹の小説『海賊と呼ばれた男』は、出光興産の創業者・出光佐三をモデルとした、歴史経済小説です。この物語に登場する人物、国岡徹造は、実在したとは驚きです。国岡徹造のモデルとなった出光佐三氏主人公・国岡徹造は、明治十八年(1885年)に福岡郊外の田舎町で染め物業の子として生まれ、父親に隠れて受験し福岡商業に合格し、その後、神戸高商(現在の神戸大学)に進みます。そして神戸高商時代に一生を賭ける石油と、生涯の支援者であり人生の師となる資産家の日田重太郎に出会います。卒業後、国岡徹造は丁稚奉公をへて独立、「国岡商店」を創業し、昭和の戦前・戦中・戦後にかけて、日本国内そして世界を相手に石油を商売として闘っていきます。しかしそれは、儲けるための闘いではなく、人間尊重・消費者重視、誘惑を退け、妥協を排し、正義の信念を貫くものでした。昭和五十六年(1981年)没、88歳でその生涯を閉じます。80代の国岡徹造も岡田准一が演じきった。日本民間人で、こんなにすごい人がいたのかと、感動してしまいまいた。経営者としても人としても、スケールが大きく、また言動も、正義感と人間味あふれるもので、日本人として、勇気と誇りを持たせてくれる物語です。今の自分をと比べてみると、何と姑息でちっぽけな存在かと思ってしまいます。しかし、同じ日本人なので、自分も自信を持って頑張らなくてはと元気を与えてくれる小説です。目先の利益・損得が重視されてしまう今の世の中ですが、若い人たちも含め、大勢の方に読んで頂きたくなる本でした。本屋大賞を受賞したのも納得の本でした。(レビューより)国岡徹造が今の世を見たとしたら

  • 15Jan
    • 國岡徹造の『情けは人の為ならず」の生き方。

      國岡徹造の『情けは人の為ならず」の生き方。国岡徹造が主人公の『海賊とよばれた男』。『海賊と呼ばれた男』の主人公、国岡徹造の生き方は、「義を重んじ,利はそれを貫けば自ずとついてくる」という信念のものでした。「情けは人のためならず、巡り巡りて己がが身のため」を貫いているような生き方でした。自分の生まれ育った家も商売をしているので、商売の大変さや、その誠意を裏切られた時のくやしさは身にしみてわかります。章の分け方が「春夏秋冬」なのに,なぜか「朱夏」から始まっていました。第2章が「青春」なのにも興味をそそられました。物語としての比重から言えば,「青春」に多くの紙面を割くのではと思いましたが「朱夏」の終戦から始まるのが国岡鐵造の生き方には合っていました。謎解きのように後に「青春」が控えている構成も良いものでした。以前に、同じ作者の百田尚樹作の「永遠のゼロ」を読んだ身としてはゼロの宮部がちらりと登場するシーンはとても嬉しかったです。(レビューより)国岡徹造を演じきった岡田准一。国岡徹造の見た空とは。

  • 11Jan
    • 國岡徹造は身近にいるけど知られてない人。

      國岡徹造は身近にいるけど知られてない人。國岡徹造を描いた『海賊と呼ばれた男』百田尚樹作『海賊と呼ばれた男』は、身近にあるガソリンスタンド「出光」の創業者:出光佐三(本書では国岡徹造)の人生を綴った、上下巻合わせて700ページ超の大作です。國岡徹造のモデルとなった出光佐三氏国岡徹造が、戦争、資金難、外資系石油会社や腐敗官僚からの圧力など、幾多の困難に見舞われても、「日本人としての誇り」と「人間尊重」の信念を決して曲げることなく、持ち前の度胸と執念深さで乗り超えていく様子は、まるでプロジェクトXを見ているかのような読み応えのある内容でした。こんな国岡徹造のような、日本人がいたことに驚くと同時に、その存在を知ることができて良かったと思います。もっと取り上げられても良い人間なのに、なぜあまり知られていないのでしょうか。でも百田さんの手でこうして本となり、世の中に広めていただけたことに感謝したいです。國岡徹造と仲間たち。國岡徹造の目指した世界とは。

  • 10Jan
    • 國岡徹造は典型的日本人。

      國岡徹造は典型的日本人。本屋大賞を受賞した国岡徹造の物語『海賊と呼ばれた男』。この國岡徹造が主人公の物語『海賊と呼ばれた男』は、戦後の混乱期に全てを失いながらも、大企業、出光興産を一から作り上げた実在の男、出光佐三の物語。本書では、国岡徹造と名前を変えて描かれている。国岡徹造のモデルとなった出光佐三氏。国岡徹造。その志は高く、自分の事業を拡大すること以上に日本の未来の為に尽力する。そのひたむきで真っ直ぐで、妥協を許さない生き方が周りを巻き込んでいく。日米の政府高官や大企業トップ、さらにはイラン国王にもその存在に一目置かせる存在感。一つ一つの言動に貫かれる人生哲学は、そのへんの自己啓発本に書かれている言葉よりも遥かに重みを感じる。リーダーシップや仕事のやり方にも通ずるものが感じられる。昨今グローバル、グローバルと言われてTOEIC等が一種のブームのようになっているが、国岡徹造のあり方を見ていると、そういった世間の雰囲気に違和感を覚えてしまう。国岡徹造自身が英語を使った場面は出てこないにもかかわらず、圧倒的な存在感を世界に示しているのだ。國岡徹造の経営方針も一貫している。社員は家族。家族だから、少々出来が悪くても面倒を見る。リストラはしない。仕事がなければ、仕事を作る。戦後すぐの仕事が一切ない時期は、ラジオ事業部を立ち上げた。この国岡徹造のいかにもという感じの日本臭さ。大好きです。(レビューより)国岡徹造を演じきった岡田准一。国岡徹造が見た日本とは?

  • 09Jan
    • 國岡徹造は身近な存在。

      國岡徹造は身近な存在。国岡徹造を描いた映画『海賊とよばれた男』この『海賊とよばれた男』を読んで、なぜ、国岡鐵造が海賊とよばれたのか、わかりました。大きな志を実現するために、やらなければならないことを考え抜くと、こうなるのですね。終戦後から始まるお話しと、そこまでの国岡徹造の生きざまを、歴史とともに描いていきます。国岡徹造の大きな志と、実現するために突き進む行動力。これを見てしまうと、『とても真似できない』と思ってしまいますが、国岡徹造が選んだ道を後悔するところ、それを支える人がいたことを織り交ぜながら描いてくれています。国岡徹造の自分で後悔しながらも、周りが助けてくれる生き方。そのような所は、とても身近に感じさせてくれました。そんな生き方は、国岡徹造に学ぼうと思いました。国岡徹造の仲間たち。国岡徹造が見た世界とは。

  • 08Jan
    • どんな困難が訪れても『國岡徹造』は、人間力で解決してしまう。

      どんな困難が訪れても『國岡徹造』は、人間力で解決してしまう。國岡徹造を描いた映画『海賊と呼ばれた男』まずこの國岡徹造の物語『海賊とよばれた男』を読んで欲しい。どんな困難が訪れたときも、必ず「国岡徹造」という人間力でもって解決してしまう。周囲の人間からの、半ば宗教的とも言える圧倒的な信頼。そして国岡徹造個人もさることながら、国岡商店という一つの集団として、常に前を見て先に進む。その熱き人間ドラマにぐいぐい引き込まれ、最終的には読み手である自分も国岡徹造の信奉者の一人になってしまった。戦後の驚異的な復興の陰には、先人たちの滅私的な頑張りがあったのだと思い知らされる。信じるもの、正直者が結果を出した時代もあったのだ。国岡徹造の生き方を知り、『人間捨てたものじゃない』と思った。国岡徹造を支えた仲間たち国岡徹造の思い描いた未来とは。

  • 07Jan
    • 國岡徹造の生き方は現代のサムライ。

      國岡徹造の生き方は現代のサムライ。国岡徹造を描いた映画『海賊とよばれた男』。過去の偉大な人物の歴史を学ぶことは教養として最上級のものであり、心震わせるエンタテインメントでもあると思います。そういった意味でも、この「海賊とよばれた男」は間違いなく至高の本といえるでしょう。出光佐三氏をモデルとした国岡徹造の一生はまさしく英雄のそれです。こんな人物が実在したのかと、念を押して聞きたくなるほど驚き、感動しました。幾度と世界を驚倒した日本にとっても誇るべき史実です。重苦しいことを言いましたが気軽に読んでみてください。このビジネスのサムライ達を知ることは決してマイナスには働きません。驚きと感動、そして勇気を与えてくれるものでしょう。国岡徹造を描いた作者の百田尚樹。国岡徹造の見た空とは。

  • 06Jan
    • 國岡徹造の生き方は、中学生にこそ読んで欲しい。

      國岡徹造の生き方は、中学生にこそ読んで欲しい。國岡徹造『海賊とよばれた男』は本屋大賞受賞!國岡徹造が主人公の物語m『海賊とよばれた男』は、上下巻あわせて910ページ弱もあるのに、二日で読みきってしまいました。百田先生の文章は飾り気のない、言ってしまうと小説としては素っ気ない感じがあります。ですが逆にその無駄のない文章でこのページ数を書き上げたのですから、内容に関しては申し分なく充実しています。 主人公・国岡徹造の人生観と経営理念、そして国家観と愛国心は、国岡商店の立ち上げ以降様々な軋轢や障壁にぶち当たります。そして時に世間の耳目を驚かす成功に輝き、時に雌伏を強いられ呻吟しつつも、常に大きく逞しく成長していく様は読む人の心を打ち、かつ企業人ならびに日本人に限らず、『人として』 の大切さを知ることができます。 ラノベや私小説しか読んでいない精神遅滞気味な輩も、前述のように文章的には難しいことはないと思います。(読解力は個人の能力に準じますが) また課題図書にしては長い物語にはなりますが、中学生くらいから読める “推薦図書” です。(レビューより)国岡徹造のモデルとなった出光佐三氏国岡徹造を熱演した岡田准一さん。国岡徹造の未来への想いとは。

  • 05Jan
    • 國岡徹造「海賊とよばれた男」の出光興産の創業者・出光佐三の生家。

      國岡徹造「海賊とよばれた男」の出光興産の創業者・出光佐三の生家。國岡徹造のモデルとなった出光佐三氏その生家の貴重な映像です。出光興産の創業者・出光佐三の生家(小説「海賊とよばれた男」国岡徹造のモデル)出光興産の創業者である出光佐三(いでみつ さぞう)の生家が、福岡県宗像市赤間の旧唐津街道の赤間宿(あかましゅく)だった場所にあります。英国メジャーが支配していたイランの石油を、産油国イランとの直接取引によって日本に輸入した日章丸事件が有名で、最近では百田尚樹著の小説「海賊と呼ばれた男」のモデルとしても知られています。よかとこBYhttp://www.yado.co.jp/tiiki/munakan/a...本当に貴重な映像ですね。国岡徹造の見た世界とは?

  • 04Jan
    • 國岡徹造『海賊とよばれた男』橋爪功の朗読(2/2)

      國岡徹造『海賊とよばれた男』橋爪功の朗読(2/2)橋爪功さんの貴重な朗読です。國岡徹造『海賊とよばれた男』朗読の橋爪功さん「海賊とよばれた男」のモデル 日章丸事件の主人公 出光佐三 2/2 本当に素敵なお声ですね! 國岡徹造の歩んできた道とは?