諸行無joe 『より豊かなLIFEへ』悟りとは何か?脳科学 心理学を生かしたコーチング

諸行無joe 『より豊かなLIFEへ』悟りとは何か?脳科学 心理学を生かしたコーチング

この世界は諸行無常ですが、いかがおすごしでしょうか?
すべては移り行き変化していくものです。
あらゆる人間関係や環境に関係なく無条件に幸せになっていいんです。
そのように変化してもいいという気づきをもたらす
コーチングをしています。


新型コロナウイルスの陰で密かに増えていることがあるんですけど外出を控えるために在宅ワークやテレワークを取り入れている企業が増えているってことです。


この在宅ワークやテレワークを実施し会社を通常通りうまく運営すことができたら、"出勤する"という概念がなくなっていく方向に加速していくきっかけになる可能性すらあります。


現場作業や工場の生産ラインは設備の問題やらなんやらで無理なので情報空間における仕事ならば、つまりIT関連の仕事でしたらインターネットの環境さえあれば可能ですもんね。


出勤しなくても企業として利益を上げることが出来れば、そちらの方が企業にとっても都合がいいと思うんですよね。


まずは


○交通費が浮きますよね


これかなりでかい。


次は、


出勤することで発生する不確定要素を回避できます。


●交通マヒによる遅刻


●出勤時における事故等の労災の問題


都心なんかでは特に通勤ラッシュが問題になっていたりします。


その通勤のための遅延の損失を年間で換算すると、とんでもない損益を日本全体で出してしまっている。

⬇(クリック)


これね、経済損失が年間で3240億円だって書いてるんだけど、別の考え方をすると


3240億円分の我々の大切な時間が消えているということです。


といった計算もできるんですよ


例えば渋滞や通勤ラッシュなどによる5分の遅延を主に都心で働いている人の人工×時間給で単純計算しても年間で計算すればかなりの金額になるのは理解いただけると思います。


会社に行くためのその時間は利益を上げるための時間に換算できるわけです。


そもそも利益を上げる


って概念も崩壊していくのではないかな?


それじゃ会社として成立しないし、給料だって発生しなくなるじゃん。


こんなお言葉をもらいそうですけど、またそのことについては別記事で書いてみたいと思います。


そもそもこれだけ物が普及しているのにいつまでも利益なんかあげられようもないってのが、超絶にシンプルな発想が根幹にあります。


話を戻し


出勤しなくても仕事が回せるIT関連の企業がこのコロナウイルスによるリスク回避のために外出を控えるって環境管理によって、今後の働き方そのものが大きく変わる可能性が同時にいま生まれているわけです。


社内のコミュニケーションの問題も取り上げられそうですが、実際にとある企業ではバーチャル空間での会議を取り入れているそうです。


これさ


バーチャル空間での会議のほうが絶対にいいと思うんですよね。


これはかなり個人的な意見になりますけど


どれだけ会議を開いても意見を言わない人も当然いると思うんですよね。


思っていても口に出さないってタイプの人にとってはバーチャル空間の、それこそアバターみたいなものなら積極的にバーチャル会議でなら参加することもできるかもしれません。


他では上司に気を使って言えないパターンとかね。

※ここで勘違いしないでほしいのは内気な人は積極的な人より能力が劣っていると言いたいわけではありません。


無口な人は他のことでカバーしようとしたりするので実際は口うるさい人の他人に対する時間的搾取(笑)を考えたら、無口な人のほうがよほど生きていく上では効率が良いと個人的に思っていたりするので。


どちらにせよ一長一短のバランスがあるんです。


そういったわけでこのコロナウイルスの猛威が我々の今後の働き方を大きく変えていく可能性もあるわけです。


オフィスを持たない企業も実際に出てきましたからね。


そこにかかるコストを考えれば自然の流れなんでしょう。


【追記】
⬇(クリック)



そういったわけでテレビをつけるとコロナウイルス関連のニュースが毎日のように流れてますけど、我々は個人個人ができる予防をして、自体が収束に向かうまでは極力、無駄な外出を控えることぐらいしかできませんので、過度に反応しなくてもいいんじゃないかと思っています。


ただ、こういった状況下で東京五輪を開くのはどう考えても納得できませんがね。


これは国内だけの問題ではないので。


外出したさいはマスクをして手洗いとうがいはキチンとしましょうね。


こういったときこそこのようなバーチャル空間での繋がりもリアルな繋がりと同じような絆を生む可能性がありますから。


こんなときなのでしょうがないことですが、暗くなりがちですけど、笑いよって作られる免疫がウイルスを凌ぐ可能性も否定できないので、ここは、こんなときこそ生活に笑いを取り入れていきましょう。


相変わらずわたしはたった5人のチャンネル登録者のために


日夜ゲームプレイ動画を編集してはYou Tubeにアップしています。


そのチャンネル登録者のたった5人は、こんな私の努力も知らず


幸せ者です(笑)


あ、それオレも含まれてる。



私の一番のファンは私自身ですが・・


You Tubeとしての杉江をどうか応援してやってください