こんにちは、かいとです。

 

子供を持つ親の立場からみて、

「やはり日本の食事は良いな-」
って思うことが多いんです。

 

何故かと言うと、ベトナムではほとんど子供向けの食事が用意されていないからです。

 

食の場合



子供連れで外食するなら、日本のほうが圧倒的にサービスが良いですね。
まず、日本のファミレスだったら、割れにくい子供用のお皿・カップ・フォーク・スプーンが用意されています。
そして、子供用の椅子もありますよね。
これだけで全然安心度が違います。
ベトナムでは、子供向けのカトラリーは用意されていません。
大人用のフォーク・スプーンで食事をします。
お皿やグラスは落とせば割れます。だから、常に子供の食事には注意しなければなりません。
 
もう一つ、日本のレストランのよいところ。
それは、子供用の食事が用意してあることです。
お子様ランチやキッズプレートなんかがそうですね。
子供が食べやすいサイズに切ってあるし、子供が好きな料理が乗ってるし、サイコーです。
ベトナムはもちろん、海外でも子供向けの食事を用意している店って少ないですよ。
 
じゃあ、ベトナムの子供は何を食べるのか?
大人と同じものを食べます。
辛くないものや食べやすいものをオーダーして、子供に取り分けてあげるんです。
でも、大人の料理ですから、塩辛かったり味が濃かったりで、子供の口に合わない場合があります。
そうなると、どうなるか。
子供はご飯(お米)ばかり食べるようになります。
 
 

庭の食事

さて、家庭の食事はどうか。
日本のスーパーでは、子供の健康を考えたモノが多く手に入ります。
薄味であったり、無添加であったり、低カロリーであったり・・・。
これが良いですね。
 
ベトナムの家庭では、やはり大人と同じものを子供が食べます。
そうでなければ、おかゆを作ったりもします。
特に離乳食なんて、粉にお湯を足して作るモノばかりですから、見ていてかわいそうです。
日本の食環境というのは、本当に子供のことを考えてあると思いますよ。
 
ベトナムの子供は、高カロリーのばかり食べています。
だから、最近は本当にベトナムの子供はデブちゃんが増えているんです。