皆様こんばんは星空

 

ソフトバンクがSkylo Technologiesの技術を活用した月500円以下のIoT向け衛星通信サービスを来年開始するそうです下矢印

記事によるとSkylo Technologiesは、 Inmarsatの衛星通信の帯域を借りてサービスを提供する様で、1回線当りの通信速度を20kbpsに制限する事で月500円以下を実現するという事ですニコニコ

一般的な地域に設置されている自動販売機の場合には、LTE/3Gのまま利用していた方が安いケースもありますが、登山ルートなどLTE/3Gが圏外となっている地域では、今後衛星通信でオンラインにする事が可能になりますビックリマーク自動販売機等では十分有用性が高いと思います爆  笑

 

今まで衛星通信は非常にコストが高いものでしたが、20kbpsとはいえ500円以下で利用できるのは、今後のIoT機器の未来に希望が持てると思います音譜

衛星通信ですから、屋外設置の自動販売機が想定しやすいですが、自動車のカーナビゲーションシステムにも地図データが初期搭載さえされていれば渋滞情報の取得・発信が出来たり、車両のSOSボタン(緊急通報システム)などの双方向通信程度は可能かもしれませんビックリマーク

他にもLTE/3G圏外、固定回線未開通の地域や山小屋などで、ホームセキュリティーサービスの双方向通信程度も想定できるかもしれませんねニコニコ

20kbpsではSIPを始めとした通話関係は難しいかもしれないので限られてはきますが、様々な業種で活用できる衛星通信サービスだと思います爆  笑

甲斐犬人

■甲斐犬人 最新CDのご案内