腰痛予防ベルトで介護の時の腰の痛みが消えた?

家族の介護や施設での介護職で困るのが腰痛。どうしても色々な介助をするので腰を痛める危険性があります。腰に不安がある人、腰痛に困っている人には腰痛ベルトがオススメです。腰痛ベルトの解説から、介護の腰痛予防に関して解説していきます。


介護の際、腰痛に困っていませんか?
たかが腰痛、されど腰痛。腰痛を甘くみてはいけません。
私も腰痛で大変な日々を過ごしました。
でも今は、しっかりと腰を痛めないように予防に取り組んでいます。
あなたの痛みが取れるように!そして腰痛がなくなるために!このサイトを役立ててください。

1.介護の腰痛には腰痛ベルトがおすすめ
2.介護で腰痛ベルト使うメリット
3.腰痛ベルトのデメリットとは?
4.腰痛ベルトのおかげで動けるように
5.介護の際に使いたいオススメ腰痛ベルトとは?

テーマ:

 

介護の腰痛に悩まされている人や腰痛を予防したい人の多くが利用している便利なアイテムが「腰痛予防ベルト」です。

 

腰痛予防ベルトは「コルセット」と呼ばれることもありますが、いずれにしても腰部分に巻くことで腰を保護し腹圧を高めて痛みを与える姿勢を予防したり腰の筋肉や骨への負担を軽くするアイテムです。

 

一方で、「骨盤ベルト」というアイテムもありますよね。

 

あなたもどこかで聞いたことないですか?

 

「骨盤ベルト」はお尻に巻きつけるベルトで、腰ではなく骨盤を固定させることを目的としています。

 

では介護で腰を傷めてしまったり、腰を痛めないように予防する場合には、どっちのベルトを使用すると良いのでしょうか?
 

介護の腰痛には腰痛予防ベルトとそれとも骨盤ベルト?

 

例えば不自然な姿勢で重いものを持ち上げるなどで腰の筋肉が炎症を起こしている、あるいは骨粗しょう症で脊柱の1部が圧迫骨折を起こしているといった場合は、腰そのものに問題があるためここを直接的に守ってくれる腰痛ベルトの方がお勧めです。

 

一方で脊柱から足の付け根までを結ぶ大腰筋が衰え、骨盤を正常な位置に保つことができなくなることで骨盤が歪んだ場合にも腰痛が起こることがあり、この場合には骨盤ベルトが効果を発揮します。

 

骨盤のゆがみによって周囲の筋肉が緊張したり、骨盤の歪みが脊柱の歪みを招いて筋肉に負担がかかって腰の痛みとなって表れていることがあります。

 

骨盤のゆがみが原因の場合には、骨盤ベルトで骨盤の歪みと位置を矯正してやれば、腰の痛みの原因そのものを治すことができます。

ただし骨盤にゆがみがあるかどうかは素人の私たちではすぐにわかりません。

介護の際に腰痛で悩んでいる人は一度整形外科、もしくは整体で自分の体をしっかり評価してもらいましょう。


骨盤のゆがみで腰痛が起こっていると診断された場合には、介護の際の腰痛を予防・改善する目的で骨盤ベルトを使用することをオススメします。

 

骨盤のゆがみにオススメな骨盤ベルトは?

 

私のオススメは「骨盤ヘルパー」というベルトです。

 

骨盤ヘルパーは装着することで骨盤を固定することができるのと同時に、骨盤周りのインナーマッスルを補強することができるため、骨や関節の位置を正常に保ち腰を傷めない正しい姿勢を保つのにも役立ちます。

 

このベルトは介護士の腰痛予防だけでなく加齢による筋肉の衰えからくる腰の痛みにも効果もあります。

 

ただし骨盤のゆがみがあってしかも腰の痛みが強い場合には、腰痛予防ベルトと骨盤ベルトが一体化したものをオススメします。

ちょっと値段は高いですが、腰と骨盤共に働くので体も軽くになり、何より苦痛なく介護を続けることができます。

 

腰痛予防ベルトと骨盤ベルトは用途が違います。

あなたにあったものを選んで、しっかりと腰痛予防に励んでください。

オスメ腰痛ベルトはこちらから

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。