あなたの癒しになりたい統合失調症

窓から飛び立つ青い鳥。

すべてを賭けた夢がある。

醜い人のエゴ、汚い裏の顔。

それでも人は素晴らしくて。

気持ちを代弁してくれる。

美しい心が大好きで。

言葉に酔って泣いている。

いつからだろう。

この世界はまだ終わりじゃないって。

それでも人はまごころに恋する。

きっとやり直せるって。

過ぎ去った昨日を振り返る。

まだ見ぬ明日を夢見て。

儚い命を慈しんで。

つまずき転んだ日々のマボロシが。

心を強くするよ。

言葉のパズル。

木の葉のように舞ってゆく言葉が。

ありふれた毎日を輝かせるよ。

言葉で人を殺し、言葉で人を救う。

あの日の約束を覚えているかい。

涙を流して誓った、夢をあきらめないと。

人生のスリルとロマン。

愛は危険な逃避行。

いつか死神があなたを迎えに来て。

あの世に連れて行ってしまう。

羽ばたく青い鳥の導きに。

風の行く先を知るかのように。

背中に目いっぱいの荷物を背負い。

この手には何も持たない。

何も手に出来ない。

失うことばかりを数えて、刹那の中で永遠を夢見る。

自分の利益を稼ぐ世界で。

誰かの幸せを願い、不幸を悲しむ。

そんな思いやりに憧れて。

時代の異端者になる。

利他の風が吹く朝に飛び立つ。

舞い上がれ私の夢。

忘れてしまうにはあまりに惜しい。

光を追い求めるなら。

人が人であるために。

人は誰かの幸せを願ういきもの。

命の燃焼効率。

幾つもの涙が染み込んだ大地。

そのたくましさに抱かれて、今夜も愛を語ろう。

永遠なんかないなんて言わないで。

永遠を夢見ていよう。

永遠という名のマボロシに騙されていたい。

人間の文明の中で、人間として生きている。

僅かな生のその間に。

何ができるだろう、何を残せるだろう。

子供を産んで死んで逝く世界。

独りで結婚もしないで。

寂しさを紛らわせるために。

デジタルに染まってゆく。

すべてが一色になる。

なにもかもが。

道化を演じるそのわけを。

誰も知ることのない秘密に。

傷つけ合い、慰め合う。

憎み合い、許し合う。

人は愚かだとしても、永遠に理解できないとしても。

希望はいつの世にも提示されているから。

今日も恥ずかしいセリフを吐きながら。

人の慰めを欲しがる。

栄光を夢見て、挫折を繰り返す。

誰もが愛を愛しているのに。

その事実を言えないでいる。

愛を本気で伝えるのは。

照れ臭い、馬鹿らしい。

愛がなきゃ生きてゆけないのに。

愛が寂しがっている。

背中にふっと感じるぬくもり。

振り向いたら消えてしまう。

かすかな愛の香り。

絶対を欲しがる、保証を欲しがる人々。

殺された後では文句を言えない。

残された人は愚かに争う。

パズルのように言葉を組み立てて。

答えを探して、問答は続く。

美しい心に触れて流す涙もまた、美しいものだから。

輪廻の風に吹かれて、旅の途中で出会う時。

その懐かしさに、嬉し泣きするのでしょう。

一杯やるネーチャン

今日は木曜日だけど、デイケア一日行きました。

月初めなので料金がかかります。

行くなり、壁に貼られた絵を見た看護実習生の女の子が、絵を見せてほしいというので。

6年間で描き溜めたファイル、6冊見てもらいました。

上手だとか、感心し切りで、なんだかモテているような錯覚に陥りました。

看護実習生の女の子とアニメの話で盛り上がりました。

「女子高生の無駄遣い」とか。

若い女の子はいいですね、エキスを分けてもらいます。じゅるじゅる。

午後はカラオケで、浜田省吾さんの「パーキングメーターに気をつけろ!」と尾崎豊さんの名曲「I LOVE YOU」を唄いました。

「I LOVE YOU」のあたりだと、マスクをしながら歌うので呼吸困難になって、窒息しそうでした。

 

 

 

 

 


帰りに浜松市雄踏町のスーパーのクックマートで、スタミナ弁当と発泡酒ののどごしストロング7%を買い、帰って一杯やりました。

クックマートで、850円もするエコバッグを買いました。

コンビニもレジ袋有料化したので。

あと、オムライスを作りたいので、ケチャップとミックスベジタブルも買いました。

 

今日は月曜日なので、デイケアへ行きました。

担当の心理士の実習生の女の子の似顔絵を描きました。

綺麗なおねーさんに描けました。

喜んでくれました。

ちょっと盛りすぎかと思いましたが。

実習生の先輩にあたる、デイケアのスタッフの心理士の女性のOさんは。

いろいろ気遣ってくれます。

カラオケで一曲歌いました。

曲目はやしきたかじんの「ついてくよ」です。

 

 

 


昨日、日曜日に、漫画家志望の友人のアパートへ行きました。

彼が描いた私家製本の漫画原稿を読んでいるうちに。

脳が飽和状態になり、頭がヘロヘロになってしまいました。

車で運転して帰る時に、変でしたが。

一晩眠れば治りました。

それでは、一週間頑張りましょう!

 

今日はデイケアに行こうかと思ったけど。

時間が来た時に行く気にならなかったので、行かなかったです。

昼になって昼ご飯どうしようかなと思っていたら。

デイケアで仲良くなった、俺と同じような肥満の年上の男性から電話がかかり。

昼ご飯さわやかでおごってくれるというので。

浜松市高塚町のスーパーのバローの前にあるさわやかで待ち合わせして。

げんこつハンバーグをおごってもらいました。

美味しかったです。

後で、浜松市志都呂町のコメダ珈琲でたっぷりアイスコーヒーおごってもらいました。

昼メシとコーヒーをおごってもらい、すっかり満足して帰りました。

時には、こんないい加減で無責任な生活も良いものですね。

画像はないです。

すいません、写メ撮るのなんか嫌だったので。

他の若い女性の客が写メ撮ってましたが。

さすがにいい年こいたおっさんが昼メシ写メ撮ってる姿は醜いと思ったので。

歳をとると、写メ撮るのもはばかれる気がしてくるんですよ。

年甲斐もないと言うんですか?

ごめんなさいね。

それでは。

当ブログにご訪問くださいまして。

誠にありがとうございます。

あなたの今日に幸多き事を!

今日は月曜日で、担当になってる心理の実習生が来る日なので。

病院のデイケアへ一日行きました。

実習の女の子も、2回目で慣れてきたのか、積極的に話をしてくるようになりました。

眼が充血しているので、コンタクトをしているでしょうと言うと。

していると答えました。メガネっ子だそうです。

俺と言えば、プログラムにロクに参加せずに、絵ばかり描いているから。

彼女一人でプログラムに参加していました。

俺は午前中は絵を描いて、午後はカラオケに参加しました。

曲目は尾崎豊の「傷つけた人々へ」、です。

難しかったです、息継ぎが苦しくて。

マスクをしながら歌うので、酸欠になりそうです(汗)

 

 


帰りに浜松市高塚町のスーパーのバローにより、かつ丼と酒買って帰りました。

スーパーの入り口で警察官たちが何かカメラを撮って撮影していました。

防犯のイメージ写真でも撮っているようです。

帰って弁当と男前レモンサワー9%で一杯やりました。

狭心症で胸が苦しいですが、少しでも気持ちよくなると、至福の時間です。

夜の匂い、ステキな孤独が訪れる。

甘酸っぱいときめきに守られて、夢を見る。

今夜も星が降る。

ため息と切なさが、些細な日常を覆い隠す。

孤独なんて言ってないで、あなたと一緒に笑いたい。

同じ空を見上げて同じ空気を吸って、瞳を交わしたい。

きれいごとばかり言っても、こころはきれいにはならない。

澱んだ下水道のように、汚臭にまみれて。

何を掲げて何を説くのだろう。

苦しい夜をいくつも超えて、あなたは此処へやってきた。

遠い記憶の中で、かすかに思い出せるのなら。

少しでも懐かしいと思えるのなら、愛しい思い出を再び。

今日の糧のために、罪を犯し続ける私たち。

せめて幸せになってと叫ぶ、いつ終わるかもしれない世界で。

希望はチカラになる。

建て前やうわっつらな言葉なんてどうだっていいよ。

ホンキでいたい、器用が不器用を見下す世間の中で。

あなたの本当の声が聴きたい。

長いものに巻かれろ、右に習えの社会の中で。
 

 

あなたは愛の人。

くだらない言い訳や、くだらない建前は嫌い。

いつも本気で、いつもまごころを込めて。

時にはふざけたお笑いや。

どーでもいい無駄話が好きで。

私たちを楽しませてくれる。

完璧じゃなくても。

あなたは素敵な人。

この世を愛溢れる世界にしたくて。

今日も眠れない夜を数えている。

障害があなたを困らせるのなら。

あなたと苦労を共にするよ。

偽りの涙だっていいから。

素敵な笑顔を見せて。

ときめいて刹那を感じている。

魂の旅の真ん中で、瞳を交わそう。

まっすぐな情熱、夢を見る心。

誹謗中傷なんて耳に入らない。

素晴らしい夢がある。

もしも苦労のない人生なら。

あなたは永遠に未熟な若者。

困難はあなたを成長させる。

澄んだ瞳の奥に、一点のよどみがある。

そして今夜も、まだ見ぬ世界の夜明けを待ちわびる。
 

月曜日に病院の診察なのでデイケアへ行ってきました。

今週の月曜日から、心理の実習生の担当が俺につきました。

色白で一重の眼の可愛い日本美女です。

若い女性と話すときは緊張します。何を話していいかわかりません。

くだらない駄馬話しに笑ってくれますが・・・

今日は、訪問看護の看護婦さんが来て、絵を見てくれました。

気さくな人です。

帰ってから、浜松市高塚町のスーパーのバローへ行き、のり弁と酒と少女漫画雑誌の別冊マーガレット買いました。

家に帰り、のり弁で一杯やりました。

酒は缶チューハイの男前レモンサワー9%です。ご飯で一杯やる時はいつもそれです。ご飯に合うんですよ。

別冊マーガレット久しぶりに買いました。

付録の小冊子の読み切り漫画が目当てですね、はい。

ときめくんですよコレが。

いい年こいたおっさんが少女漫画を買うのは、エロ本買うより恥ずかしいです。