加賀屋薬局グループのブログ

加賀屋薬局グループのブログ

秋田市加賀屋薬局グループは地域の皆様の健康と安心に貢献します

NEW !
テーマ:
立春を過ぎだとはいえ、
まだまだ、インフルエンザ、ノロウイルスと油断できませんが、
2月に入り、花粉症の方にとっては、とても辛い季節が、やってきましたね。

2〜3月は、花粉飛散のピークといわれています。
花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、
実はスギ花粉の飛散ピークは毎年2〜3月頃です。

花粉症には、現在のところ、確実な根拠的療法はありませんが、対策や治療にやり症状をより和らげることができるので、早めの対処が重要です。

日常生活における対策としては、花粉に触れる機会、量を
減らすことが大切です。
ニュースなどで、花粉状況をチェックして、飛散の多い時には、念入りに対処しましょう。

マスク、眼鏡、帽子などを着用する。
表面かすべすべした素材のコートを着用する。
帰宅時に、玄関前で衣服や髪をよく払ってから入る。
帰宅後は、すぐにうがい、手洗い、洗顔をする。
窓、戸をなるべく閉めておく。換気時には窓を小さく開けて、短時間にとどめる。
洗濯物の外干しは避け、室内干しや乾燥機を使用する。
こまめにお掃除をする。特に窓際を念入りに掃除する。
空気清浄器を使用する。

花粉症を悪化させない為に、
花粉症の症状がある時はお酒を飲み過ぎると、血管を拡張させ鼻詰まりや血の充血などの症状を、起こしやすくします。
また、タバコや香辛料なども鼻の粘膜を刺激して花粉症の症状を悪化させるので、できるだけ控えましょう。
規則正しい生活を心がける、過労、睡眠不足を避ける、ストレスをためないなど、生活習慣も見直しましょう。

除菌消臭水のアイポッシュは、インフルエンザやノロウイルスの際の除菌、殺菌だけでなく、花粉などのアレルギー物質の分解も認められています。

早めの対策でつらい花粉シーズンを乗り切りましょう。

かがや薬局 登録販売者 杉山




テーマ:

先日、某バラエティ番組でのことです。

小学生の子どもに「学校で今、流行っていることって何?」と、質問していました。

話の流れからいって、遊びなんかを想像してみていたんですが、その子どもの答えは「インフルエンザ」。

そう、今世の中ではインフルエンザが猛威をふるっています。

まさに当薬局でも、1日に何人もの患者さんが訪れます。

先日は長野の病院でも、スタッフや患者さんの集団感染にみまわれ、ニュースにも上っていましたね。

新薬のゾフルーザの生産が追い付かず、出荷制限がかけられる中、従来品のイナビルが処方されることが多く、投薬口では感染の恐怖に

おびえながら、吸入指導をしています。

このお薬は、普段から喘息の吸入などしている方には容易に吸えるお薬ですが、慣れない方には難しいらしく(指導の仕方が悪かったらごめんねショボーン)、むせたり、吸入器の中で息を吐いて周りに粉を飛ばしたりと散々です。

早々に流行が終わって欲しいところですが、例年通りなら5月の連休くらいまで廃れながらも続くのでしょうか?

とは言えインフルエンザに負けないよう、皆様手洗い、うがいの励行でこの時期を乗り越えましょう。

 

加賀千代 Katayama

 

 


テーマ:
新しい年を迎えて1年健やかに過ごしたいものです。
そのために気をつけたいのが食事です。
ちょっとした工夫で食事の健康度がグンとアップします。
その大きな鍵が食物繊維です。

食物繊維って何?

食物繊維とは人の消化酵素では消化されない食品中の成分のことです。
カニやエビの殻など動物性食品にも含まれますが、多くは植物性食品に含まれています。

日本人に不足がちな食物繊維は足りないと善玉菌が減少、腸内環境悪化、便秘、免疫力低下、うつ病など、健康状態の悪化につながることもあります。

1年のスタートに食物繊維の大切さ、食生活を見直しましょう。



もっちり麦には食物繊維が白米の22倍。水溶性食物繊維が豊富。LDLコレステロールを下げてお腹の調子を整えます。
(過食防止、便秘予防、血糖値を抑制、コレステロールの吸収を抑える、腸内環境を整える)

使い方はいつものご飯に混ぜて炊くだけで、もちもちで美味しく簡単にできます。

食物繊維で健康始めましょう‼︎

引用class A Life 1月号

かがや薬局 加藤



テーマ:
明けましておめでとうございます🎍
本年もよろしくお願いいたします。

さて、先日皮膚科に行ってきました。皮膚が弱いのでかれこれ何年もビタミン剤や漢方などずっと同じ薬を飲んでいます。


そして、先日、突然先生に「この薬効いてる?」と聞かれ、私は「たぶん・・・」と。
「あまり効果なければ、やめてもいいんだよ」と言われ。「えっ!やめていいんですか?」
衝撃的でした!!!

確かに、初めて処方された時、効く人と、効かない人がいるよーとは言われていましたが、多分効いてるだろうと何にも考えず何年も飲んでいたんです。

「ボーッと生きてんじゃねーよ」と、チコちゃんの声が聞こえたような😨

先生に全て委ねていましたが、その後試しに薬をやめてみると、なんの変化もなく・・・。
私には特に効果がなかったことが判明⤵️

今更ながらなんて、ボーッと生きてきたんだろうと反省しました。
何年も通ったのに・・・・😱

薬局に勤めていながらお恥ずかしいですが、自分の体に聞きながら薬とお付き合いする事が大事だと学んだ今日この頃です💊



まだまだ寒い毎日ですが、皆様も風邪など引かれませんようご自愛ください😊



勝又薬局 渡邊

テーマ:
インフルエンザの流行シーズンに入りました。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする
急性の呼吸器感染症です。
毎年、世界中で、流行がみられます。

インフルエンザの予防には、インフルエンザワクチンの接種が有効です。
ワクチンの接種後、2週間ぐらいで、インフルエンザウイルスの抵抗力がつき、約一ヶ月で頂点に達します。
その後、効果は、約4ヶ月ほど持続するといわれています。

インフルエンザの流行は、12月下旬から3月上旬が中心になるので、なるべく、早めのワクチン接種が効果的です。

予防接種をしても、インフルエンザにかかる 可能性はあります。
重症化や合併症を防止するという目的で予防接種の効果は十分あります。

また、ワクチン接種だけでなく、日常での対策も大切です。

外出後の手洗い、うがいは予防の基本!
流行シーズン中は、外出時のマスク着用も、忘れずに!

慢性の疾患のある方、乳幼児、高齢者の方などは、インフルエンザが重症化することがあると報告されています。

予防を心がけて、これからの厳しい冬を、乗り切りましょう!



かがや薬局 登録販売者 杉山

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス