華川瑶香のハッピーヒーリングライフ

華川瑶香のハッピーヒーリングライフ

シータヒーリング・占星術・アロマの豆知識などを綴っています。宝塚とアロマと猫と音楽をこよなく愛す、ライター&スピリチュアルカウンセラー。

本日から、望海さんのInstagramがスタートしたようです😁。友人から連絡が💕。


今日は記念すべき、退団後の初の舞台の日なんですよね💕。「エリザベートガラ」、私は23日と24日に観に行きますが、だいもんの女優デビュー、しっかり応援してきたいと思います🍀。


しかし、またまたの緊急事態宣言💧。。

劇場には休業要請は出ないよね❓️目玉のスペシャルバージョンはちゃんと上演できるのかしらと、昨日からハラハラもしておりました。


でも、だいもんのインスタ初投稿は、何とものどかで、初々しく🌷。ほほえましく💕。

なんだかとても、和みました~。


あまりに、のどかな感じに、大物感も感じましたよ(笑)。でも、お元気そうで、何よりでした‼️

無事、千秋楽まで公演出来ますように~❗


そして、きっと筆マメ(予想)ですから。だいもんのインスタ投稿も楽しみです😁


↓だいもんのインスタは、こちらから~💕

nozomifuto_official 



雪組公演「fff」を観劇してきました❗
昨年はベートーベン生誕250周年。ということで、私は、テレビで放送されていた特番を、結構見てから向かってみたのですが、本作はベートーベンの生涯を追うというより、ベートーベンのスピリットにフォーカスしたような作品。

主演の望海さんの快演(怪演❓️)ぶりも凄まじく、いやー相当、面白かったです。
魂が揺さぶられるという表現がありますが、「魂をたたき起こされる❗」ような感覚に。

コロナ渦だし、お正月明けだし。ボーっとしたり萎縮したり、何をどう頑張れば良いのか、思考がフリーズしているところに、だいもんと、ベートーベンからの有無を言わせぬ激励が、飛んできます!浴びせられます。

特に冒頭は、圧巻。大砲の音と共に、ベートーベン望海氏が登場花火花火花火。全身で指揮をするだいもんが、オーケストラの団員と観客をあおりまくります。

声が大きいのも、歌が上手いのも、以前から十分に知っていますが、「もっともっと」「生きろ生きろ」と力強く歌うだいもんの気合いと迫力は凄まじく、全身が震えました。
高みを目指し、進化し続け、だいもんが通った後には草木も生えないんじゃないかというくらいの活躍ぶりを見せてきた姿は、確かにベートーベンとも重なりますが、今回は伝わってくるエネルギーは、そういうことでもないんです。

何でしょうね、この圧倒的な前向きさと元気とパワーは✨☀️✨。

私、気がついたら涙が出ていましたが、1階6列目、両脇のお客さんも、爆歌&爆音に何度もビクンビクンと驚きながら泣いていました。
コロナの影響で、生演奏が禁止になったオーケストラボックスからは、黄色い衣装のオーケストラ集団が躍動感たっぷりに何度も浮かび上がり、舞台背後では、ナポレオンが闘い、ゲーテと天使が歌っています。

雪組さん、新春から何事かってくらいの大騒ぎです。あーびっくりした😁。でも、この冒頭を観るだけでも1万円の価値ありです‼️
そしてその後は、ナポレオンとゲーテに心酔したけれど、聴力が弱り始めたベートーベンが、真彩ちゃん扮する謎の女と共に、「運命」や「第9」を創作していく過程が描かれる構成となっていました🍀。

身分違いの恋人にフラれ、しかし楽しそうに鼻歌を歌い、ひとり言を言いながら、羽根ペンで楽譜をかきなぐるベートーベン。
この様子が何とも面白く、魅力的で、見飽きません。1日中見ていられるなーと思いました😁。
身近にいたら困るけど、遠目から観ている分には面白い人を演じさせたら、望海さんの右に出る者はいないと思います。

次に、何をするのか言いだすのか、ドキドキするベートーベンで、新婚生活❓️のような、真彩ちゃんとの丁々発止のやりとりも、なんだか新鮮でした(笑)。

ピアノの演奏シーンや、真彩ちゃんとの連弾シーンもありましたよ。「21世紀号」のデュエットを彷彿とさせるような、声が絡み合うようなデュエットもあり、息つく間もなく、最後までじっくり観ることが出来ました。

ナポレオンの咲ちゃんも、挫折する役が上手いなーという感じで存在感がありましたし、多分、上田先生が言いたいことであろうメッセージをたくさん話すゲーテ役の翔くんも、出番がたくさんあり、異彩を放っていました。

ゲーテがナポレオンに、武力は遠くまでは届かないけれど、思いや精神性は遠くまで届き世界を繋ぐと話す台詞があったのですが、望海さんの歌声は、それこそ、劇場内にとどまらず、全国各地にまで届きそうな勢いで、歓喜で一杯の大合唱になる終わり方も素晴らしく、後味がいい作品だなー、生命力が上がる作品だなーと思い、大満足でした❗

ちなみに昨年、赤坂ACTシアターで「NINE」という舞台を観たのですが、これが本当に後味の悪い作品で。。今、これを上演する意味あるのかなと思うくらいだったのですが(出演者の方々に、罪はありません)。。

でも今回の雪組公演は、この時期に観たいもの、やるべきものであるとも思いますし❗
閉塞感や恐れから開放されるような、なんだか本当にパワフルな舞台で、良かったと思います!チョロチョロ舞台を走り回っていた、天使姿のヘンデルやモーツァルトも、超可愛かった💕。アーサーと朝月さんの温かさにも、癒されました。

ということで、これを観た後に、さらにショーまで観れるのかという、本当に贅沢過ぎる、至福の雪組公演😁。
ショー「シルクロード」の感想は、また改めて書きたいと思いますが、個人的には中づめ、シンドバットのような白い衣装で、インド・ポップスみたいな音楽で軽やかに踊る、珍しく❓️若々しい軽やかな、望海さんが、かなり新鮮でした💕。

サヨナラ公演だけど、感傷的にはさせず、元気にさせて、まだまだありそうな引き出しと伸びしろを惜しみ無く見せつけて、超ポジティブに卒業していく、望海さんと真彩ちゃん。
本当に、天晴れというか、お見事です😁✨☀️✨。

私は、ファン仲間の方のご厚意で、今回も何とか拝見することが出来ました🍀(涙)。感謝です。まだまだ公演は続きます。何とか1人でも多くの方が、現在のだいもんの勇姿を生で観ることが、できますように~‼️




🌸ライター&ヒーラー🌸
華川瑶香
http://presenttime.p/
皆様、もう15:日になりましたが、、
あけましておめでとうございます🎍。 
昨年お世話になった皆様、ありがとうございました。風の時代が、バリバリに始まりましたね💕。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします😁❗

さて、週刊占い連載をさせていただいている、夕刊フジさま。この連載も、ありがたいことに開始して1年が経ちました。 

こういう時期に、発信させていただく機会をいただいているのは、ありがたい限りです。
少しでも、突破口やひらめきを得られるメッセージを、占星術を通してお伝え出来ればと、思います😁。

そして、年末年始の新春特別号では、2021年の年間占いも、書かせていただきました💕。


余談ですが、私が書かせていただいている土曜日版では、橋本マナミさんが競馬の連載をされているのですが、掲載されているお写真が、本当にキレイ✨☀️✨。お美しいです。

ということで、今年は、バリバリ原稿も書きたいと思います。あ、ブログも。
今年も、よろしくお願いいたします😁💕。

華川瑶香
公式ホームページ→http://presenttime.jp/
個人セッション
シータヒーリング+占星術
90分15000円~(電話セッションも受付中)