【テフロン加工、銅・アルミ製品の修理・製作】工房かがしや
Amebaでブログを始めよう!
2011年09月10日

宅配便で送る時

テーマ:思いつき

アメブロでははじめての日記になります。


工房かがしやでは、ホテル・レストラン等の業者だけでなく、個人の方のフライパンなどのテフロン再加工も行なっています。

持ち込みの方もいらっしゃいますが、大抵は宅配便で送ってこられます。

送ってこられる際に、段ボール箱に緩衝材をたっぷり入れて送ってこられる方もいれば、紙袋に入れてそのままテープで巻いて送ってこられる方もいます。

ただ、こちらから送り返す際は、できるだけ段ボール箱に取っ手の部分までしっかり入れて送り返すことにしています。

というのは、少し前になりますが、取っ手の部分が出たままフライパンを紙袋に入れて送ってこられたお客様がおられました。

フライパンの様子が何かおかしかったので詳しく見てみるとフライパンの取っ手が折れていました。

プラスティックの部分ではなく金属の部分が。

薄い部分ではあったものの金属の部分が折れていたのでびっくりしました。(お返しする際に修理しました)

それからは、フライパンをしっかり段ボール箱にいれるようにしました。

Ameba人気のブログ