やりたいことが見つからない

生きづらいと感じる方に

占いを通して

日々思うことや感じたことをお伝えしてます

 

リュッカエルク

ナースから占い師になったアナです

 

・☆・・**・・☆・・**・・☆・

 

 こんにちは、アナです!

 

 

私は現在占いのツールとして紫微斗数をメインに行っておりますが、タロットカード・北欧ルーンカード・ルノルマンカード・易カードも、その相談内容によって使い分けをしています。


どのカードを使う時も、

お客様が目の前に座られてご相談を受け、お話をゆっくり聞かせていただいた後、カードにそのアドバイスを求めてシャッフルをします。


その際、私は上の方(その方の守護霊様や神様など)と繋がりシャッフル後にカードを開いた際、上から降りてくる言葉をそのままお客様にお伝えしています。



降りてきた言葉は、そのお客様にとって必要な言葉と考えております。



ですので、鑑定の際は私が頭で考えたあるいはご相談を受けた際に自分が感じた善し悪しなどは、鑑定結果でお伝えしておりません。



ただし、

降りてきた言葉をそのままお伝えすることが、その方にとっては少し辛い、あるいは悲しい、大きなショックを受けると感じる場合は、少し私の言葉を付け加えさせていただいたり、表現を変えたりなどして、その方が明るく前向きにこれからの行動ができるようにお伝えをするように務めています。


せっかく鑑定に来ていただいたのに、ただただショックを受けて帰るというのでは、残念になります。怖がらせて話を信じ込ませるといった方法はどんな商売にもありますが、それは良くありません。





カードリーディングを始めた最初の頃は、とにかくカードの意味を覚えるために本をたくさん読みました。

そしてその意味をそのままお客様にお伝えしていたのですが、うまくいかないこともありました。


カードからでた結果、を英語の直訳のようにお伝えしていました。これが私の第1段階。


直訳なので良いことも悪いこともずばずばとお伝えして、それが当たっていたとしても、やはり悪いことはあまり言われたくないものですよね。

これは良くないなと感じました。



次に、悪いことをオブラートに包んで、なるべくいい事ばかり言うようにしていた時期もありましたが、それもその人にとっていい結果にはなりません。

いいことを言われて嬉しいのは誰しも同じなのですが、やはりそれでは改善はされないのです。

これが第2段階。



そしてたどり着いたのが、いいことも悪いこともきちんと伝えた上で、悪いことはどうしたら改善できるのか、それをやるかやらないかはあなた次第ですよとお伝えしながらも、でもやればこの先はいい方向に進みます、今は辛いけど大丈夫ですというように希望を伝えていくことが必要だなと感じたのが第3段階、今の状態です。




私は

その方が少しでも前向きになるきっかけを掴んでいただく事が鑑定には必要だと思っています。



あるいは、うまく行かない理由を知って、改善する方法や選択ができることをお伝えする。

その方向性を示すことが占い師のお役目。


それが私が今まで鑑定をしてきた中で、たどり着いた想いです。



カードをシャッフルをしている間に、何か上から降りてきたものが、私の体を通してお客様にお伝えしますので、霊媒のような感覚でおります。


私はこれからも紫微斗数鑑定やカードを通して、皆様のお役に立てるよう務めていくつもりですが、鑑定中この言葉が今この方に必要だろうと感じる言葉をお伝えしておりますので、ご相談のヒントやきっかけになってもらえたら嬉しいです。



今年は、更に今の鑑定内容や占術探求を進めて、もっと皆様に愛をお届けできるように精進していきたいと思っております。





今日もお読みいただきまして

ありがとうございます🌸

 

・☆・・**・・☆・・**・・☆・

 

≪千葉・木更津≫

占い&フットケア リュッカエルク

あなたの心と体を整えるプライベートサロン

 

完全予約制 月曜定休

お店の詳細はコチラのホームページから

あんぐりポチ↓

 

 

 

ラインからお問合せ・ご予約できます
あんぐりポチ↓

友だち追加

 

鑑定の詳細はコチラからも

あんぐりポチ↓

 

まったくの初心者さんでも大丈夫

占い生徒さん募集中です

あんぐりポチ↓