Wedding dress abitoの非公式ブログ

Wedding dress abitoの非公式ブログ

貸衣裳を利用する時に少しでもお役に立てるような情報をお伝えしていければと思っています。

Wedding Dress abitoのブログへようこそ!

ご結婚される花嫁様に少しでもお役に立つ情報を
発信していければ・・・と思っています



こちらもどうぞご覧下さい!⇒ホームページ



Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

今やフォトウェディングは全国各地で盛んで、和装の前撮りとして、結婚式の代わりとしてご利用頂いているようです。


もちろん我社も力を入れておりますが、ある意味「ロケーション撮影」に特化しています。


スタジオ撮影では叶えることのできない撮影ができますし、何より閉ざされた空間ではないので被写体となるお客さまも開放感を感じ、自然な表情をすんなりと出すことができるからです。

 

現在、全国的にスタジオ撮影の雰囲気は「ナチュラル」が圧倒的で、多少の違いはあるにせよ区別できないほど似通っていると感じます。

それに比べ、ロケーションは好みに応じて撮影場所を選べますし、なにより時代に左右されない雰囲気を感じることができるのが最高の特徴です。


流行を追い求める事も捨てがたいですが、数年後、十数年後に写真を見ても変わらぬ良さを感じる事ができるロケーション撮影もいいものです。

特に和装前撮りではナチュラルなスタジオでの撮影より、和の雰囲気たっぷりのロケーションでの撮影がより打掛姿・袴姿が素晴らしいものになると思っています。だからこそ我々は皆様にロケーション撮影をおすすめしています。


天気やきせつに左右されがちではありますが、外が土砂降りではスタジオ内で撮影できたとしても気持ちは上がりません。いつでも撮影できるのは魅力ですが、やはり特別な時の撮影はその季節、その時の風のにおいを感じつつ思い出を作ったほうがより心に残ると思っています。


さてさて皆さんはスタジオ派でしょうか?それともロケーション派でしょうか?


当店はもちろんロケーション派です。

栃木県内随一の実績と経験で、特別な時の撮影を記録だけでなく記憶も深く心に木前で頂けること間違いなしです。


テーマ:

一般的に経済が停滞したり、客数が減少したりしているとそれまでの価格が維持できなくなって安くなったりするものですが結婚式はちょっと違うようです。



バブルが弾けようが、リーマンショックが来ようがお構いなしで価格が上がり続けた結果、「結婚式をしない」と考えるカップル様が増え続けています。


 

ま、そりゃそうです。


経済の原理から間逆の方向に進んでいるわけですから、結婚式がしたくても「出来ない」という結論に達しても不思議ではないですね。


なぜ結婚式の費用が上がり続けるのか?



その一因としては業界が広告宣伝費にジャブジャブと経費を掛けているのが挙げられます。



ある意味この業界ではお客様は奪い合うものです。そのためには莫大な宣伝費を掛け、他社よりも目立ち、お客様を囲い込む事こそが一番の近道と考えているのかもしれません。



ある程度の規模の会社ならともかく、多分皆さんが想像もしない小さな会社まで宣伝広告費に相当の費用をかけています。もちろん当社も数年前までは同じ事をしていました。



この業界の宣伝のメインと言えば某有名結婚情報誌。

もちろん費用がかかるのですが、1ページあたりの費用は皆さんの想像以上です。結婚式場ともなると4ページなんてざらですから、年間を通せば莫大な出費となります。


そして最近ではネット広告も盛んです。

「ブライダル」「ウェディング」「結婚式」というキーワードはかなり高額で、こちらでも費用はかさみますね。



もう広告業界では「ウェディングの業界は儲かる」ということが定番化しているんじゃないでしょうかね。



そして結局、その高額な宣伝費用は結婚式の費用に転化されるわけです。



ある意味、どんな企業にとっても宣伝広告はある意味ドラッグみたいなもので、やめるにやめられないのも事実です。



「もしやめたらもうお客さんが来ないかもしれない・・・・」
「この雑誌に宣伝を掲載しないと選択肢として見てもらえないかも・・・」


 

以前、当店も同じ事を考えましたが何とかこのスパイラルから脱却する事が出来ました。今考えると相当な宣伝費を掛けたのにもかかわらずに、その費用対効果は散々なものでした。


ですから現在は一切情報誌等には宣伝はせず、ウェブサイト・SNS・ブログ等だけで宣伝し、浮いた費用をお客様に還元し、商品を安くレンタルして頂いています。


もちろん情報誌やウェブ広告で結果を出している企業さんもあるわけですが、多分それは一握りだけでしょうね。それにつられて身の丈以上のことをしてしまうと取り返しのつかないことになってしまうでしょう。


栃木県内のドレスショップさんも今は殆どが情報誌には掲載していません。それだけ負担であり、結果が思わしくないということなんでしょうね。もうその時代は終わったような気がします。少なくてもこの栃木においては。



ご利用頂いく全てのお客様に満足していただくこと。まずこれが大切です。

 

どんな商売でも最後は人と人との繋がりに尽きますからね。


テーマ:
「今日はたくさんのお客様がご来店しているのでとっても忙しいです☆ありがとうございまー


す」とか、


「急遽ご来店に枠ができましたので、ご予約可能です!」とか。




SNSのこういった投稿は実は逆だったりするものです。




だって忙しければSNSに書き込んでいる場合じゃないですし、そんなに来店のキャンセルがあるわ


けないですからね~。



でもね、そういった書き込みをしたくなる気持ちはわからなくもないです。



だって忙しいお店だって思われたいですし、実際にそうなって欲しいと心から思っているんです


から。




なので当店は一切「忙しい」とかは投稿しません。むしろ暇な時に「暇すぎて困ります」なんて


投稿しちゃってます。例えSNSとは言え、むしろSNSだからこそ嘘は書きたくありません。




っていうか、お客様にとってはそんなの関係ないですもんね。



行きたい店なら行くし、そうでないお店なら何があっても行かないもの。



過剰な自己演出は切ないものです。


テーマ:
ドレスのレンタル料って高いですよね~。



例えどんなに素敵なブランドドレスでも実質着ている時間は結婚式と披露宴を一着で通しても、およ


そ4時間くらい。ましてやお色直しのドレスともなると、その時間は約1時間ほど。



そのレンタル価格が30万円オーバー・・・・一時間あたりのレンタルにこれほど費用がかかるも



のって結婚式の衣裳くらいかも。




高級車をレンタカー(ベンツGLA)のレンタカー料金も24時間で20000円くらいですからね。



こう考えるととっても高いんですね。ドレスでこれですから、その他のものも同じような感じな



んですね。






でも安いからいいわけでもないんですよね、実際。




やはり中には「一生に一度の結婚式には費用を気にせずに、自分が気に入った衣裳を着たい」と



いう方は少なくない。




その反面、「そんなに費用を掛けずに衣裳を手配したい」という方もいるわけです。




当店は後者を応援するドレスショップ。






ドレスは65,000円、打掛は80,000円と栃木県内でも格安のレンタル料金でご利用いただける



ようになりました。そのため、宣伝費は縮小してWebのみで展開していますし、営業時間も



以前より短くしました。






要は企業努力で成り立っているレンタル価格です。




「他のお店の衣裳レンタル価格がこうだから、うちはちょっとだけ安くしよう」



こう考える店舗さんは多いと思いますが、それってちょっと違うのかなと。そしてそんなこと



だから年々結婚式をするカップルが減少し続けているのではないかと思うわけです。




「それはそれ」

「よそはよそ」


安いだけが能じゃないですが、一つの魅力でもありますよね。





結婚式の費用を抑えたい方、小規模の結婚式をお考えの方は一度ご相談下さい。




かなり衣裳代を縮小できますからね。



まずは当店のウェブサイトをご覧下さい。










テーマ:
当店のブログは現在はこちらのアメブロではなく、Word plessで日々更新しています!

※アメブロには2014年から一切更新していません。


現在のWedding Dress abitoのブログ


是非上記のリンクをクリックして、当店のブログをお読み下さい!


お店の宣伝だけではなく、ドレスショップをこれから初めてご利用されるカップル様方のお役立ち情報も発信しています。


何卒宜しくお願い申し上げます。

ブックマーク・お気に入り登録も重ねてお願い申しあげます。



2016年7月25日

Wedding Dress abito スタッフ一同

Ameba人気のブログ