マンガ大好き! ~漫画のよろず屋的ブログ

マンガ大好き! ~漫画のよろず屋的ブログ

マンガ ときどき、色んなホビー。
そんなブログです。


テーマ:

こんにちは。かどえもんです。

いや~。
夏真っ盛りで毎日暑いですねえ。(;´▽`A``

先月も熱い中
旅行しておりましたが

広島に行った際は
平和記念公園も行ってきました。


 

そういえば
8月15日は終戦の日ですね。

なので今回は
戦争にまつわるマンガを
紹介しようと思います。


====================
戦争ものに対する
感想について。

====================

殆どが
戦争はよくないです。
平和が一番!


・・・といったメッセージだけの
作品ばかりなんだろうな~と
思っていませんでしょうか。

 

今回紹介する作品は

もちろん
そんなメッセージも
含まれている「かも」しれませんが

それプラス
読んだ方にとって
様々な感想が生まれるんじゃないかな~

・・・と思っています。


それが今回紹介する

夕凪の街 桜の国

 


です。

※挿絵は夕凪の街 桜の国より


====================
夕凪の街 桜の国って
どんなマンガ?

====================

原爆をテーマにして
それにまつわる人たちの日常を描いた
戦後の日本~現代に続く物語りです。


 

なので戦争の残酷なシーンは
ほぼありませんので

そういった描写が苦手な方も
安心して読めるのがいいですね。≧(´▽`)≦

お話しは
大きく3つに分かれています。

昭和30年(1955年)の広島が舞台の
「夕凪の街」

 

終戦から10年後ですね。

戦争が終わって復興もある程度は
・・・といった頃の時代でしょうか。


次に
昭和62年(1987年)の
東京都中野区が舞台の
「桜の国 1」

 


最後は
平成16年(2004年)の夏。
東京と広島が舞台の
「桜の国 2」

 


に分かれています。


注意!)
今回のレビューは、ネタバレというよりも、
ストーリーを理解するための
ガイド的側面を大きくしました!

ですが
(´;ω;`)「ちょっとでもネタバレお断り!」
といったあなたは
スルーすることをオススメします・・・。




====================
夕凪の街。
====================

「夕凪の街」では
広島の原爆投下でも生き延びた
平野皆実(ひらの みなみ)さんが主人公。

 

父、姉、妹は
原爆投下後になくなっていますが

生き延びた母と共に
つつましく暮らしています。

ちなみに弟もいて、

こちらは水戸市の叔母(石川家)へ
疎開していたため
無事でした。(´;ω;`)

 

弟は旭(あさひ)くんです。
(石川の性を名乗っています)

そんな平野家にいる
皆実さんが亡くなるまでのお話しです。




====================
桜の国 1。
====================

そして32年後。

平野皆実の姪
石川七波(いしかわななみ)を中心に
物語りが進む
「桜の国」にバトンタッチします。

 
※左が七波ちゃん。
右は親友の利根東子ちゃんです。

ちなみにお父さんは
「夕凪の街」の旭くん。

(いや、旭さんか・・・)


ここで顔を敢えて描写していません。
 


一家は広島から東京に転勤して、
今はぜん息で入院中の弟
凪生(なぎお)くんと
おばあちゃん、七波の4人家族。

 

そしてお母さんは亡くなっており
広島での被爆者

つまり、七波ちゃんと凪生くんは
被爆二世という存在です。

「桜の国 1」
そんな七波ちゃんと
親友の利根東子(とね とうこ)ちゃんを
中心とした小学生時代の
できごとが描かれています。


 



====================
桜の国 2。
====================

最後になる「桜の国 2」では

七波たちの17年後のできごとが
描かれています。


凪生くんも、ぜん息が治り
元気ですし

お父さん(旭さん)も
すっかりおじさんです。(^▽^;)

 

主なキーワードとしては

旭さんの奇妙な行動
 


東子ちゃんと七波ちゃんの再開
 


東京から広島へ
 


七波ちゃんのトラウマ
 


東子ちゃんの秘めた想い

 
凪生くんと東子ちゃんは
どうやらつきあってるみたいです。


旭さんの過去と思いでの数々
 

あたりでしょうか。


七波ちゃん視点で
過去の思い出や出来事が
描写される点も印象的です。

 
↑ 若いころの旭さんと奥さん。(´∀`)


====================
イラストも、すてきですよ。
====================

余談ですが

絵の雰囲気が
温かみを感じて何だか良いな~

・・・と思っていたのですが

そう感じた理由を自分なりに分析すると

・スクリ-ントーンを使っていない
・(おそらく)定規の類も使っていない。


ことに気付きました。

 

柱でさえもフリーハンド。
この微妙なブレが
手書き感を感じられますよね。

そして影や黒い部分などは
ベタやカケアミなどで表現
されています。

 
全てをペンとインクで表現。


カラー絵も水彩タッチで
ステキですね~。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
 
この優しい色味が何とも。


こんなところにも
意識して読んでいると

より味わい深い
作品になるんじゃないでしょうか。



====================
以上を踏まえて
深いところ。

====================

さて、話しをストーリーに戻して。

常に付きまとうのは
被爆者にまつわる心の傷

夕凪の街では
原爆が落ちたときの地獄を体験して
私は幸せになってはいけないと
思ってしまう自分


桜の国では
被爆が原因(かもしれない)で
身近な人の死
被爆者に対する第三者の目


といった所が挙げられます。

 

また、夕凪の街から桜の国へと
時代の移り変わりを使った手法も
深いですよ。

例えば

「夕凪の街」
皆実さんが戦争で受けた心の傷を

会社の同僚である
打越さんに伝えるのですが
 


「桜の国 2」で出てくるこの方
多分50年後の打越さんじゃないかなあと。
 
つるっつるです。(´・ω・`)


こちらも
皆実さんの同僚だった方々と
予想しています。
 
当然ですが年とってます・・・。


そして作品中では
旭さんが広島に行っていた
理由について

旭さん自身は

今年は父さんの
いちばんあとまで
生きてた姉ちゃんの
五十回忌でな

それで姉ちゃんの
知り合いに会って
昔話を聞かせて
貰ってたんだよ


と言っています。

 

でも実は旭さん
結婚まで考えていた
凪生くんと東子ちゃんのことを
理解していて

東子ちゃん側の家族に対する
被爆二世への偏見を

どうにか払拭できないかと
奔走していたんじゃないかな
・・・と思っています。

もう予想ばっかでスミマセン・・・(´・ω・`)


あと、こんな細かい点でも
作者のこだわりが感じられます。


皆実さんは戦争で受けた
腕の傷を気にしているので
夏でも長袖。

 
周りは半袖。


広島にて昭和20年の墓標。
広島に原爆が落ちたのは・・・。

 


そして「夕凪の街」の最終ページ横。(35項)
 
一見無意味な真っ白です。

作者である「こうの史代」さんは

このオチのない物語は、
三十五項で貴方の心に湧いたものによって、
はじめて完結するものです。


と、あとがきに書かれています。

あなたが一通りこの作品を読んで
もう一度「夕凪の街」をよんだとき
35項で、どんな感情が湧くでしょうか。


それは実際に
読んでみて頂ければ幸いです。


個人的には
33項のセリフがとても重くて
しばらく忘れられませんでした。(´;ω;`)



====================
まとめ。
====================

正直、私の読解力が足りないせいで
1度読んだだけでは
よく分からない作品でした。(´・ω・`)

何となく雰囲気のいい作品だなあ
・・・程度でしたよ(/ω\)

 
それでも

こうして繰り返し読んだり
記事としてまとめていくうちに

沢山のメッセージが
込められていることに気付きました。

まだ色々と作者のメッセージが
隠されているような気がします。


そういうのを意識しながら
読むのもいいですし

単に戦後~現代の雰囲気を感じつつ
読むのもいいですね。

 

ちなみに難解に思う点は

時代と共に登場人物の
見た目が変わること
人物関係が、ちょっと複雑なこと。


このあたりを注意しておけば
より作品を理解できて
楽しめますよ。

 

とはいえ、
全てのマンガに言えることですが
楽しみ方は自分次第。

夕凪の街 桜の国は
特にこの傾向が強い作品だと感じました。
 

====================
夕凪の街 桜の国は
どこで読める?

====================

2016年に
「この世界の片隅に」が
ヒットした影響か
 

時折ブックオフや
レンタル、ネカフェなどで
見かけることができますが
あまり期待はできないかも。
 

もし見かけたらラッキーですが
購入が無難と思われます。
 

どちらにせよ
 まだ未読でしたら
 オススメしたい作品ですね~。(´∀`*)


一方で
様々な電子書籍サイトでは
試し読みができますので
 

一例として
以下のリンクを
置いておきます!(/・ω・)/

https://sokuyomi.jp/product/yuunaginom_001/CO/1/

 


 

というわけで。


あなたも
夕凪の街 桜の国
いかがですか。

戦争ものですが
読後感は決して悪くないですし

いろんなメッセージが込めれれている
とても味わい深い作品です。



いつものあなたも。はじめてのあなたも。読んでくださってありがとう!
記事を楽しんでいただけたなら、ぽちって頂けると嬉しいです!


こうの史代さんの描くマンガは
どこかほっとする温かみのある絵とお話しが印象的です。
他の作品も魅力的ですので
よろしければお試しくださいませ。≧(´▽`)≦

 

2013年8月の記事をリライト(5年前か…)
この世界の片隅にの影響か、未だにちらほらとアクセスがあったので、リライトするならこの時期がいいなと。
タグを追加して細かい誤字や強調箇所を修正し、本の入手や電子書籍の情報を加筆。
ここ数年で、こうの先生の作品が見直されて、状況が大きく変わったのはびっくりです。
あと2013年の頃は電子書籍がここまで伸びるとは思わなかったですね。時代の流れスゴイw

先日はNHKで実写ドラマもあったりと、まだまだ話題な先生の作品。
この勢いでさんさん禄あたりも是非!( ゚д゚ )

 


夕凪の街桜の国 (アクションコミックス)/双葉社

¥840
Amazon.co.jp

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス