左利きの雑記。

 左利きの雑記。

あまのじゃくが独特な視点と感性で日常を描いております。

                           《コメントくださいます皆様へ》


                    我が駄ブログご覧頂きましてありがとうございます。

          アメブロをやっていない方からのコメントも大歓迎でございます。

          過去の記事でもコメント入ればわかるので、いつの記事でもOKです。

(・∀・)さ!お得意の千葉の河川紹介ブログですwww

 

えっと今回チャレンジする予定でいたのは「新川」です。

新川と言えば印旛沼と切っても切れない、ほぼ印旛沼と一体化しているような川です。

そんな新川!なんと!途中で花見川に変わるんです!知ってました?

つまり新川が花見川なんだから、花見川は印旛沼水系という事になります。

じゃあその境目はどこなの?ってなると思いますが、ココです。

国道16号にかなり近い場所なのでわりと都会寄りの川ですよ。

 

 

ちなみにグルグルマップ上での境目ですが。

こんな感じになっていましたよ。

地域住民の認識まではわからないので、水資源機構を境に考えている人もいると思います。

 

 

んで今回は様子見というかお試しというか。

カッコよく言うとフィネスフィッシング!

普通に言うとスピニングタックルでの釣りです。

 

やっとザップのブレディを見つけたので、これを使うためのフィネス。

しかーし!ムーさんスピニングの扱いが超ヘタ!

せっかく買ったブレディをまず1個目を3投で木に引っ掛け終了。

2個目をその後の2投でまた同じ木に引っ掛け終了。

なぜ12ポンドという太い糸をもってしても回収できなかったのか、未だに解せません。

ブレディとは相性が悪いのでしょうか。

 

開始5分足らずで早くもお試しが終了してしまうwww

 

ブレディのためにスピニングでやっているのに、その趣旨が無くなってしまったのでベイトに戻そうかとも考えましたが、苦手克服も含めてこのままやろうと思いました。

 

 

足元に元気なブルーギルが見えたので、ルアー紛失ついでに毛針でも付けてギルでも揚げようかと思いました。究極のセコ釣りですが、滅入った時は何やったってOKなんですw

 

そしたらギルじゃなくて

バス釣れましたwww

だいぶ小さい15センチ程度のバス。超カワイイ♪

 

ちょうどとなりに大物狙いのルアーマンがいたので、わざと水面で暴れさせて視線をコチラに寄せてからキャッチw

横目に「何だ、小バスか。」とバカにしているのはコチラもルアーマンなので心理読めますけど。でも1匹は1匹。釣れた釣れていないの差は確実に存在しているため、この場の勝者はムーさんなんですw

 

一応これでボーズではないwww

 

 

そしてその後すぐ

本命のギルも釣りましたw

ギルは釣パラ(釣り堀)で散々揚げていますけど、コレは野良のギルだおw

 

小さくたってギルだって!2匹は2匹だから!

もう圧倒的勝利を収めてムーさんはポイント移動したので勝ち逃げwww

 

 

ここは新川と花見川の境目にある名前不明の川。

水深がフラットに30cm程度。魚がよく見えます。

コイが大半でしたが、バス/ギルもチラチラ混じっていたのでサイトフィッシング!

しかし!見えバスは難しい。見に来るけど食わない。

単純にスレています。2投目はガン無視されましたからw

 

コイが上を向いていたので、お麩を投入すればぜんぜん釣れそうでしたけど。位置が高すぎてタモが届かないので無し。

 

 

場所移動して、千葉用水総合管理所(大和橋)まで移動してきたら。

水深10cmくらいしか無いwww小魚さえいなかったw

 

 

(´ω`)とりあえずいずれどっちも主要箇所をまた回ってみましょう。

そしてブレディまた買いに行こw

昨日のつづき

 

 

用意するのはコチラ!

タライと洗濯洗剤。

 

タライは何だっていいですが、洗濯洗剤はできる限り香りが残らないタイプがイイですよ。

けっこうメットの中ってニオイがこもるので、普段衣類に使って香りがわかるレベルの洗剤だと、想像以上にダイレクトな洗剤の残り香で吐き気がします。

 

 

桶に適量の洗剤を入れて

あとはシャーして

 

ドボン。

 

なんとな~く浸け置きをしたらスポンジパーツを揉み洗いするだけです。

 

ネック部分はもちろん、おでこが当たる部分も汗が染みやすいので、よく擦り洗いします。

すると洗濯水が薄汚れます。

こんなに汚れていたのかと驚くと同時に、こんなに汚れが落ちたという爽快感!

 

 

すすぎまでしっかりおこなったら手でギュッと握ってできるだけ脱水。

っつっても大した脱水は出来ないので、

乾いたタオルで水分を吸い取るようにするのが一番良いのではないでしょうか。

 

あとは3~4日自然乾燥させれば乾くと思います。

急いで乾かしたい場合はサーキュレーターの上にヘルメットを置くとイイですよ。

 

 

では、洗濯を終えて、新しいチークパッドをインサートした、気持ち新品がコチラ。

(・∀・)おー!チークパッドだけヤレ感が無いw

 

あ、ツアークロスⅢ用インナー。やっぱり問題無く着きましたね。カタチ同じです。

生地の色とか素材が変わっていましたね。

 

 

ではビフォー&アフターで見比べてみましょう。

(・∀・)チークパッドのボリュームがぜんぜん違うw(厚みは同じ15mmです。)

ネックパッドもかなり白くスッキリしましたね♪

 

 

さ!これでもう3年くらいイケるかなw

たまにはバイクの話に持って行こうかぁ~w

ひっさしぶりにナップスへ行きました。(9/7)

いえ。特に買いたいモノがあったワケではありません。

ポイントカードが心配で!ふと気づくとポイント失効とか何回もやっているので!

来年の6月までは大丈夫とわかっていましたが、意識あるウチに使わないと。

だって700ポイントもあるんだもん!

失効したらもったいないぢゃん!

ということでポイントを消費するために〝何か〟を探しに行きましたw

 

 

そしてゲッチョしたのがコレ。

粘土色のグリップ。

イエローサンダー号のグリップがだいぶ削れてきたので、そろそろ交換しようとは思っていたんです。んで今まで黒しか付けた事無かったので、何か違う色をって考えていて。

「生ゴム」っての昔から気になっていたんですけど、劣化早そうでアレだったので、茶色いグリップにしようと思って、一番デザイン的にマシな感じの選んだらコレになりました。

 

だもんでコレは取り付けた時にでも改めてご紹介いたします。

 

 

 

んで今回書きたかった内容はコッチ。

これ。アライ・ツアークロスⅡ

 

もうかれこれ8年くらい被っているので、すごく皮脂のニオイがこびりついているんですよね。

インナーだけ交換しようと思って。でもこれ1世代前のモデルなんですよ。

だからツアークロスⅡ用のインナーがもう無いんです・・・。

 

そこで考えました。現行のツアークロスⅢを買ってしまおうかって!

でもね。買うのは別にいいんですけど、お前どれくらいの頻度でそれ被るんだって話。

ほら最近ムーさんバスフィッシングにリターンしちゃったじゃないですか。だもんでバイクに乗る機会が激減しちゃったんですよね。だから新しいフルフェイス2個もいらねぇんじゃねぇかって。

もはやツアークロスはもう手放してアライXD1個でいいんじゃないかって思ったんです。

 

ただ、だからっていきなり捨てるのはもったいないので、やっぱインナー替えて延命処置するかって考えたんですけど。全部変えたら1万円くらいしちゃうので・・・・さてどうしようか考えた結果。

チークパッドだけ新しいの買いました。

 

・・・・え?あったの?・・・・・いや、無かったです。これツアークロスⅢ用。

ⅡとⅢって帽体のカタチはほぼ同じなんです。だからインナーも同じだろうと。

予想しましたwww

 

本当はね。ナップスとかで店員に確認すりゃ間違いないんだけど。パーツリストには無いとか、現物合わせてみる事は出来ますとかそういうフワフワした回答は嫌なのよ。

あと用品店はほぼ定価+税でしょ。失敗覚悟と自分の直感でポチッとしてみました。

 

 

ちなみに現状こんな感じ。

チークパッドに白いタブ付いてるでしょ。これ元々オレンジだからねw

 

 

じゃ、お見苦しいですけど外してみますね。

(´ω`)わ~汚い。しかもヨレヨレ。

 

 

では新品と比較してみましょう。

ボリュームがぜんぜん違うけどこれカタチ同じか!?www

 

 

えっと、とりあえずビーコムスピーカーを移植。

・・・・・あれ。耳んとこスポンジ貼ってあるね。そしてスピーカー用の溝が無い・・・。

※アライはもともとインカム使用を推奨していないため、安全性を犠牲にしてまでスピーカーを埋め込む溝を設けないという理念があります。現在ではスポンジ丸く切りかくくらいの配慮はしているものの、発泡剤を薄くしてまで専用の溝を設けていないというのが現状です。その構造に文句がある人は利便性の良いSHOEIを購入して下さいw

 

旧型はそもそもスポンジがありません。

 

 

スポンジを削ろうか考えましたが、

何かベルクロのチクチクがスポンジにうまく引っかかったので、これでいいやw

 

 

んで、コレを組んで終わりにしようと思ったんですけど。

やっぱりヘルメットのニオイがきになってしまったので、面倒で嫌だけど

洗いヘルメットする事にしました。

(この年代のはまだネックパッドが外れないモデルが多かったので、丸洗いが必要だったんです。)

 

 

 

つ~事で長引きそうなのでつづく。