KABUTOミュージックセラピー

KABUTOミュージックセラピー

こんにちは、KABUTOです。(オフィシャルブログ)
ここでは音楽、作詞・作曲のこと、セラピーのこと、またヒーリングエッセイを書いていきますね!
ヒーリングミュージックライブ、安心と幸せの「音楽の絵本」の配信日程もご案内させていただきます。

みなさんと語り合う掲示板はこちら

宇宙をテーマにしたヒーリング音楽を作曲、CDをリリース、全国でメンタルヘルスをテーマにコンサート、また生演奏とワークによるセラピーを開催。企業様の理念から社歌制作、福利厚生のライブ、施設へのボランティアライブも行っています。

みなさま、こんにちは

今朝の「音楽の絵本(70)」(音楽瞑想会)ありがとうございました。
今回は「愛で見る-1-うつが愛に」というエッセイを演奏とともにお送りいたしました。

アーカイブは以下でご覧いただけます。
https://youtu.be/ILX8nIkUV_w

 

 

KABUTO 音楽の絵本

Story-70 愛で見る-1-うつが愛に

「目を閉じます。我々が、悩みを苦しい、辛いと捉えるのではなく、愛として捉えたらどのような思いになれるでしょうか。今朝は「愛で見る」というテーマで1つの体験をお話したいと思います。

今から10年ほど前、2010年に東京、新宿のホテル会場で行われた1dayのミュージックセラピーに来られた方の体験談です。

その方は40代の男性でした。ミュージックセラピーに参加される半年ほど前にホームページを見たとお電話をいただきました。ミュージックセラピーに参加をしたいのだけれど今はまだうつ状態が芳しくなく、家を出られない、もう少し改善したら、ぜひ行ってみたいとおっしゃっていました。

その半年後に、お申込みをされて会場にいらっしゃいました。会場のドアを開けて入って来られたときは、まだそれほど元気のある感じではありませんでした。みなさん席について、セラピーが始まりました。

セラピーでは、午前中「今心にある思い」というワークを行います。
このワークは、悩んでいることを1つ取り上げて「なぜこれが愛なのか?」という発見をしていきます。

彼はワークに取り組み始めました。「うつになったことがなぜ愛なのか?」、この1点でワークシートに書き込んでいこうとしました。しかし、苦しいことばかりが思い浮かび、ペンは止まったままだったそうです。

彼は、午前が終わるころのシェアの時間で次のようにお話してくれました。
「うつが愛とはとても思えませんでした。仕事も失い、妻にも迷惑を掛けたことが良いことなどとは思えませんでした。

そこで時間もたっぷりありましたので、ノートを広げてこれまで何があったかを時系列に書いてみました。それを読んでみます。

『会社の仕事がうまくいかずにうつになり、ある日会社を辞めてきた。
家に帰ったあと、妻からは「これからどうするのよ」と詰め寄られたけれど、心が沈んでいて言い返すこともできなかった。
「病院に行く」と言ったら、妻も「私も一緒に行く」とついてきてくれた。
診察室に呼ばれると妻も一緒に中に入ってきて、「これからどうしたら良いか」と質問して、先生の言うことを、一生懸命ノートに書いていた。

今振り返れば、診察室に入って、先生のアドバイスをメモして、そのとおり実践してきた妻、本当に献身的だった。
またこのころから妻の料理のレパートリーも増えていった。妻は、一日も早くうつが治って欲しい、そのために新しい料理も勉強して、美味しい食事で私に元気を取り戻して欲しいとがんばってくれていた。

一緒になってから、なんて素敵な女性と結婚できたんだろうと思っていたが、うつになったことで、今まで出会ったことのないさらに素敵な妻に今出会っている。』

彼は、このようなお話をしてくださいました。

そしてセラピー終了前のスピーチでは、このように話されました。
『うつになったことで、さらに素敵な妻に出会えた。ある意味で、うつに感謝の気持ちが湧いてきています。一刻も早く仕事を見つけて、妻に恩返しがしたい。休みの日には同じような病気で悩んでいる人たちにボランティアで良いから何かできることをしたい。』

話されているときの顔は、朝ドアを開けた時の表情とは全く違っていて、笑顔と喜びの涙と、そして頬がピンク色に輝いていました。
うつが愛に変わった瞬間です。


心が今とても穏やかです。安心と幸せの中にいます。

自分に起きている辛く苦しいことのたった1つでも愛で見ることができると、本当は自分に起きていることはすべて愛なのかなとも思えてきます。宇宙は自分に愛のメッセージしかくれていないのかなと思えてきます。今「すべてが愛でひとつ」そのような思いでひとときを過ごしたいと思います。

ゆっくりと、もともとのあなた自身を感じていきます。
目を閉じたまま、だんだんとご自身に戻っていきます。
自分自身を感じていきます。全身を左右に少し動かしてみてください。
手の平を広げてください。

「過去は変えられないというけれど、過去への思いはいくらでも変えることができる」という思いを今ご自身に感じています。「過去の辛いできごとも愛で捉えることができたら、今からの行動が変わる」その幸せを感じています。ご自身がかけがえのない存在であることを思い、安心と幸せに包まれていることを感じます。

ゆっくりと目を開けてください。
ありがとうございました。
今、素晴らしいエネルギーに包まれ、満たされています。
すべてがひとつということは、あなたはすべての命「ひとつひとつ」であるということです。
良い一日をお過ごしください。」

みなさま、こんにちは

今朝の「音楽の絵本(69)」(音楽瞑想会)ありがとうございました。
今回は「主人公」というエッセイを演奏とともにお送りいたしました。

アーカイブは以下でご覧いただけます。
https://youtu.be/NSR8Nt_OLqM

 


KABUTO 音楽の絵本

Story-69 主人公

「目を閉じます。「主人公」というと、普通はドラマや映画の中心になる人物という意味で使われます。ドラマや映画を観ていると、その主人公の言動や行動から自然と感情移入していくことがあり、まるで自分が主人公になった気持ちで、笑ったり、嬉しくて泣いたりすることがあります。
今朝は最初に、過去に観たドラマや映画、また読んだ本で感動した作品を1つ思い出して、その主人公の気持ちを振り返ってみたいと思います。

いかがでしたしょうか。どんな思いになれたでしょうか。

よく「自分の人生では自分が主人公」と言います。
この世に生まれて、過去があり、今があり、これから先があります。
「こんなことをしたい、あそこに行ってみたい、こんな勉強をしたい、こんな仕事に就きたい、こんなことを実現したい、・・・」心は常にさまざまな思いになります。

我々は思ったことを「すること」もできるし「しないこと」もできます。
ある大手ITの会社の社長さんは、学生時代に友人とインターネット上にショッピングサイトを作りました。少しして3つの商品が売れたそうです。友人は「3つしか売れないならだめだよ。」と去って行ったそうです。ところが彼は「3つも売れた。」と思いました。「これはほんの少しの可能性かもしれない。でもこの時代は必ず来る。」と起業し、今ではショッピングサイトとしては有数の大きな会社になっています。

自分の人生では自分が主人公、そして人生は選択の連続です。
「するか、しないか」
することで必ずしも成功するとは限りません。しかし慎重に用意周到に、時に大胆に挑戦することで自分という主人公の物語は大きく展開していくこともあります。

また、自分自身が自分の人生の主人公であるにも拘わらず、周りが気になり何もできないということもあります。「こんなことをしたらどう思われるかわからないからやめておこう、どうせ失敗するに決まっている。」というような否定的な思いが湧いてくることもあります。

また、ライバルのような友人が現れることもあります。「実力は五分と五分、絶対に負けたくない。」そんな思いが湧いてきたら、より良いアイデアを模索し、一層がんばるようになります。その友人の登場が、人生という物語を格段にドラマチックにしていきます。

人生にはとても苦しいときもあります。仕事のこと、家族のこと、自分自身のこと、さまざまあります。苦境に立った自分という主人公は、もがきながらも必死に「何か解決策はないか」と自問自答し、人に訊き、ネットで調べます。

そんなときに、ひとときドラマや映画で主人公を観て追体験するように「この世に生まれて自分という人生の物語の主人公を演じている」と思ってみたらどうでしょうか。
そう思ったら苦しいことも、自分から少し離れて見えてきます。心も少し楽になれます。そして離れた分、起きていることが客観的に見えてきて、さらに良いアイデアが発見できることもあります。

映画やドラマでしたら、クライマックスに行くまでには困難なこともたくさんあり、主人公はそれをいくつも乗り越えて、優しく雄大な人物に成長していきます。今、もっとものごとを深く捉える力を養っている主人公を演じていると自分を捉えたら新たなビジョンが見えてくるかもしれません。

心が今とても穏やかです。安心と幸せの中にいます。

「主人公」という言葉はもともとは仏教用語だそうです。

「主人公」という言葉は禅宗の思想から生まれた仏教用語で「本当の自己」という意味だそうです。(コミュニケーションサイト「いろり」から引用)

主体的な自己はすべてのものに束縛されずに自由自在で、「自在」という言葉は自ら在ると書き、力むことなく自由であるということ。
心に何の思いがないということは自由自在で、どこに行っても自分の家にいるのと同じで、お釈迦さまが「この世界はわが家だ」と悟ったのは、「世界の主人公」になった、これが「主体的な自己」というものです。(臨黄ネットから引用)

これは私が思ったことですが、「主人公」には「主人」と「公」という文字があります。
「主人」は自己である「私」、「公」は「おおやけ」と読みます。公(おおやけ)は「私」を含む全体を意味する言葉ですので、主人公とは、「主人」つまり「私」は、すなわち「公」つまり「全体、一体」と取ることもできます。
「主人公」という言葉が「すべてがひとつ」ということを表現しているように思えてきます。今、すべてがひとつという思いでひととき過ごしたいと思います。

ゆっくりと、もともとのあなた自身を感じていきます。
目を閉じたまま、だんだんとご自身に戻っていきます。
自分自身を感じていきます。全身を左右に少し動かしてみてください。
手の平を広げてください。

「自分の人生は自分が主人公、人生という旅、主人公としてさまざまな体験をしている」という思いを今ご自身に感じています。「まるで1つの映画を観ているように物語が日々過ぎていく」その幸せを感じています。ご自身がかけがえのない存在であることを思い、安心と幸せに包まれていることを感じます。

ゆっくりと目を開けてください。
ありがとうございました。
今、素晴らしいエネルギーに包まれ、満たされています。
すべてがひとつということは、あなたはすべての命「ひとつひとつ」であるということです。
良い一日をお過ごしください。」

みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年1回目の生配信(無料)のURLをお伝えいたします。

KABUTO「音楽の絵本」(音楽瞑想会(20分))
Story 69 ~主人公~
1/9(日)朝8時~
https://youtu.be/NSR8Nt_OLqM

 


ご都合つきましたら、開始時間に上記URLにいらしてくださいね!
もちろんいつものとおり、あとからでもご覧いただけます!

KABUTO

みなさま、こんにちは

昨日は「音楽の絵本(68)」(音楽瞑想会)ありがとうございました。
今回は「音楽瞑想(一年)」というテーマで生演奏とともにお送りいたしました。

アーカイブは以下でご覧いただけます。
https://youtu.be/ZGrpsXmZ3U0

 


新年は1/9(日)より配信を開始致します。

みなさま、今年一年、ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

KABUTO

みなさま、こんにちは

生配信(無料)のURLをお伝えいたします。
12/19(日)の「音楽の絵本」はお休みで、次回は12/22(水)にヒーリングライブを行います。

KABUTOヒーリングミュージックライブ 68th
~リクエストとお便り~
12/22(水)18時30分~
https://youtu.be/ja6_dKQ6sco

 


リクエストはみなさまから思いを言葉や詩をいただき、即興で曲にいたします。
言葉でしたら「晴れた朝のように」「夢に向かって」のようなタイトル、
詩でしたら10行ぐらいまでの作品をお待ち申し上げております。
リクエストは以下の掲示板にご投稿ください。(ペンネームOKです。)
https://9218.teacup.com/mtherapy/bbs

ご都合つきましたら、開始時間に上記URLにいらしてくださいね!
もちろんいつものとおり、あとからでもご覧いただけます!

みなさま、こんにちは

今朝の「音楽の絵本(67)」(音楽瞑想会)ありがとうございました。
今回は「からだ-2」というエッセイを演奏とともにお送りいたしました。

アーカイブは以下でご覧いただけます。
https://youtu.be/Izdjlg4INnA

 


KABUTO 音楽の絵本

Story-67 からだ-2

今朝は「音楽の絵本 Story-67 からだ-2」です。
今回は「からだ」という歌を作りたいと思い、歌詞をご紹介します。


からだ

朝、目が覚めて疲れ残ってるなぁと
思いながらも着替えて出掛ける
歩きながら「今日も一日がんばらなくちゃ」と

一日が終わりお風呂に入るとき
冷蔵庫から冷たい飲み物取るとき幸せ

このからだ 私を支えてくれてありがとう
このからだ 今日もがんばってくれてありがとう


休みの午後に友達と町で待ち合わせ
目が合って笑顔になり会話もとぎれず弾む
「カラオケに行こうか」とデュエットする

話し疲れて 笑い疲れて 家路につく
歌い疲れて 踊り疲れて でも幸せ

このからだ 友達に笑顔を伝えてくれてありがとう
このからだ 喜びを分かち合えてありがとう


ふるさとに久しぶりに帰ることになり
降り立った駅の匂いは昔のまま
このゆっくりした時の流れをからだは覚えている

玄関の敷居をまたぐとおかえりの声
少しだけ年重ねた両親が迎えてくれる

このからだ ここに連れてきてくれてありがとう
このからだ たくさんの愛に包んでくれてありがとう


心が今とても穏やかです。安心と幸せの中にいます。


ゆっくりと、もともとのあなた自身を感じていきます。
目を閉じたまま、だんだんとご自身に戻っていきます。
自分自身を感じていきます。全身を左右に少し動かしてみてください。
手の平を広げてください。

「からだは宝物」その喜びを感じています。ご自身がかけがえのない存在であることを思い、安心と幸せに包まれていることを感じます。

ゆっくりと目を開けてください。
ありがとうございました。
今、素晴らしいエネルギーに包まれ、満たされています。
すべてがひとつということは、あなたはすべての命「ひとつひとつ」であるということです。
良い一日をお過ごしください。」

みなさま、こんにちは

今朝の「音楽の絵本(66)」(音楽瞑想会)ありがとうございました。
今回は「からだ」というエッセイを演奏とともにお送りいたしました。

アーカイブは以下でご覧いただけます。
https://youtu.be/usHtK3QlFKE

 


KABUTO 音楽の絵本
Story-66 からだ

「目を閉じます。今朝はご自身のからだを思ってみたいと思います。
からだを通して、さまざまなことを感じさせてくれます。幸せな思い、喜びの思いにもなります。
また、からだそのものも広大な宇宙と言えます。われわれのものさしを考えなければ、1つの細胞さえ広大な宇宙に思えてきます。
からだを思いながらひとときを過ごしたいと思います。

柔らかな風が吹いてきて、心地良いなぁと思う
風がからだを包み込む
風と自分がひとつ。

暖かな日差しに、からだがポカポカしてくる
遙か遠くから届く光がとても優しい
日差しと自分がひとつ

遠く浮かぶ雲が、ゆっくりとした時間を伝えてくれる。
仕事に追われてふと空を見上げるとやすらぎがある
雲と自分がひとつ。

疲れたなぁと思ってベッドに入っても翌朝スッキリしている
眠りがからだを回復させてくれる
朝の光からエネルギーをもらって全身が輝く

森の中、鳥のさえずり、風に揺れる木々の葉の音
もっと耳を澄ますと、草や花の会話まで聞こえてきそう
森と自分がひとつ

からだが持っている「五感」
美しい景色に見とれたり、好きな音楽を聞いて癒される
友人と握手をすると、手の温もりに安心が生まれる
夕餉の美味しそうな匂いに笑顔になり、一口一口味わい食べる
五感がたくさんの幸せをもたらす

からだには60兆の細胞がある
1つ1つの細胞の働きが生命を維持してくれている
1つ1つの細胞に感謝の思いが湧いてくる

からだにある血管は「動脈」「静脈」「毛細血管」
全身に酸素と栄養を運んでくれて、古い血液を新しく作り変えてくれる
その長さは約10万km。地球約2周半にもなる
このからだも壮大な宇宙

心が今とても穏やかです。安心と幸せの中にいます。

夜、空を眺め、少しずつ動いていく月や星々に、地球の自転を思う
これが地球からの宇宙の眺め
地球と自分がひとつ

遠く瞬く星に親しみを思う
もしかしたらあの星にいたことがあったかも
星と自分がひとつ 宇宙とひとつ

ゆっくりと、もともとのあなた自身を感じていきます。
目を閉じたまま、だんだんとご自身に戻っていきます。
自分自身を感じていきます。全身を左右に少し動かしてみてください。
手の平を広げてください。

「からだは宝物」その喜びを感じています。ご自身がかけがえのない存在であることを思い、安心と幸せに包まれていることを感じます。

ゆっくりと目を開けてください。
ありがとうございました。
今、素晴らしいエネルギーに包まれ、満たされています。
すべてがひとつということは、あなたはすべての命「ひとつひとつ」であるということです。
良い一日をお過ごしください。」