スポーツメンタルコーチ・明智仁

スポーツメンタルコーチ・明智仁

なりたい自分になる。
自分の志の発掘から目標設定、達成までを真剣サポート。
「脳科学」と「スポーツ心理学」を応用したコーチングを提供しています。


テーマ:
いよいよ寒さが本格化してきましたね雪の結晶ぼけー

風邪などひいたりしていませんか?

体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね~。


私はこの寒さを利用して白湯を飲む習慣を始めました(^^)

体の温度を上げると免疫も高まり、風邪もひきにくくなるからです🍵


さて、この季節になると、
そろそろ来年の目標を考える時期です。

今年の目標は達成できたでしょうか?


そもそも覚えていないガーン

なんて人も、もしかしたら多いのでは無いでしょうか?


そのような人は、
もしかしたら目標設定の方法が間違っていた可能性があるかもしれません。


来年はそんなことにならないように、
今日は達成できる目標の立て方をご紹介したいと思います。
※ここでは概要だけお伝えさせて頂きます。


それは、「SMART」な目標を立てることです。

S  Specific 具体的であること
M Measurable 計測できること
A  Achievable 達成可能であること
R  Result-oriented 成果に基づいている
T  Time-oriented 期間が明確であること


例えばあなたが去年、「チームのレギュラーになって活躍する」という目標を立てていたとします。

これでは弱いのです。

下記のように目標を落とし込む作業を行います。

S  Specific 具体的であること
▶〇〇のポジションをとって、公式戦で得点王になって活躍する。
M Measurable 計測できること
▶得点王なので計測可能。
A  Achievable 達成可能であること
▶今の自分が達成可能だと具体的に描けるレベルに設定する。
R  Result-oriented 成果に基づいている
▶過去の経験に基づき、それが自分をワクワクさせてくれる目標であること。
T  Time-oriented 期間が明確であること
▶〇〇月〇〇日までに。



このように目標を明確に、
時期まで落とし込むことで達成の可能性はグッと上がってきます。

もちろん、その後の努力が必要なことは言うまでもありませんが。


最後にもう1つ、目標を達成するために大事なことをお伝えします。

とても重要です。


それは、、、

目標を忘れない事。


これは冗談でもなんでもなく、
超重要なことです。

目標を達成できない理由の大半が、
目標を忘れてしまうから。

これには驚くかもしれませんが、
事実です。


忘れないために、
常に目に見える場所に貼っておきましょう。

スマホの待ち受けにするのも有効です。

そして毎日眺めて、達成している自分をイメージしましょう🙄 🏋 😆


ぜひ実際に試してみてくださいね(^^)


今日はここまで。
ありがとうございました。



【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン

テーマ:
おはようございます。

今朝はウンと冷え込みますね雪の結晶

ついに初コートです。(笑)


師走の忙しい時期に風邪などひかないように皆さんも気をつけてくださいね。


さて、今日は、
「結果を出せない努力をする人の特徴」
というテーマでお伝えしていきたいと思います。


結果を出している人の特徴として、
努力家、勤勉家であるというのは紛れもない事実です。


「いま、小さなことを多く積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道なんだなというふうに感じています」
by イチロー


挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。
だから成功するまで諦めないだけ。
by 本田圭佑

努力の天才と言われる偉大なアスリートの2人もこのように話しています。


ですが、同じく努力をしていても
結果の出せる人とそうでない人がいます。

なぜだと思いますか?


元々持っていた才能が違う、という話はやめましょう。


何が違うのか?



その答えこそ、まさにメンタルにあるのです。


シンプルに言ってしまうと、
同じ努力家でも、
「結果の出せるメンタルの人」と
「結果を出せないメンタルの人」がいるということです。

ちょっと驚いたのではないでしょうか??


答えからいきますねひらめき電球


結果を出せない人というのは、、、

努力をすれば結果が出ると思い込んでいる。

です。

この間違った思い込みを持っている人ほど、実は危険なのです。

努力の虫と言われるくらい努力をしているのに結果を出せずに潰れて言ってしまう選手というのは山ほどいます。

中にはそれなりの結果を出せる人もいますが、多くは道半ばで挫折を味わい、やがて努力に疲れ、消えていくというパターンです。


では逆にどのような努力をすれば結果、成果を出していくことができるのか?


それを一言で言うと、

結果を出せる努力の仕方をする
=結果の出せるメンタルを身に付ける。

です。


詳しくは下記のメルマガで毎週お伝えしていますので、よかったら登録してみてください(^^)


今日はここまで。
ありがとうございました。



【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン

テーマ:
大事な仕事用の書類作成や読書をするのに集中したい。

でも家では気が散るし、
かと言って喫茶店に行っても、
意外と雑音で集中できないしょんぼり


そんなことってありますよね。。。


そんな時、あなただったらどうしてますか?


そう、音楽を聴くというのは
簡単で最も採り入れられている方法ですね。


私も時々イヤホンを使って音楽を聞くことがあります。


では、音楽を聞くとして、
 どんな音楽を聞くと最も集中が高まるか、
考えたことはありますか?


ヒーリング?
クラシック?
HIPHOP?
洋楽?
トランス?


最近、私がいいなと思ったのは「雨音カエル雨です。
Amazonプライムでも検索すればいくつか出てきます。


ヒーリングミュージックの中でも雨音は特にリラックス効果や集中が高まる気がしますキラキラ


もしよかったら、試して見てくださいね(^.^)


今日はここまで。
ありがとうございました。



【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン

テーマ:


あなたは、人が一日に発する単語の回数が何回だか知っていますか?

あるアメリカの大学の調査によると、
その数はなんと約2万。

もちろん人によって差はありますが、平均して2万とは意外だったのではないでしょうか?

私も初めて聞いた時は驚きましたびっくり


ちなみに女性は男性よりも言葉を発する回数が3倍ほど多いという調査結果も出ているそうです。

女性脳、男性脳等と言いますが、
遺伝子が影響してるとか。。。


さて、思い出す、又は知っておいて欲しいのが使う言葉がその人を作っているということ。

※重要な事なのでこのブログでも度々お伝えしています。


では、あなたはそのウン千、ウン万もの単語のうちどんな言葉をどれだけ発しているか知っていますか?


できたらちょっと時間をとって思い起こしてみて欲しいのです。



どうですか?


自分の口癖、
思い出せましたか?



次にこんなシーンを想像してみて下さい。

①部活のコーチと選手

Aさん(コーチ):「今よりももっと強くなりたいのだったら練習後に個人トレーニングをやってみたらどう?」

Bさん(選手):「そうですね、それはそうだと思っているんですけど、バイトもあるしちょっと難しいと思います。」


②会社の上司と部下

Aさん(上司):「まだまだ売上が足らないじゃないか、早く新規を取ってこい!」

Bさん(部下):「そんな簡単に言わないでくださいよ~、新規を取るのがどれだけ難しいか、課長もご存知ですよね??」


①と②のケースで、Bさんが使っていた共通の言葉に気が付きましたか?


そうです、2人に共通していたキケンな言葉。

それは、「難しい」です。


人の脳というのは否定形を認識することができません。

つまり、難しいという言葉を頻繁に使っているだけで、知らないうちに脳に難しい(=無理、できない)を繰り返し反復してしまっているのだと言うことなんです。


つまり、とってもキケンだということです。


今すぐ、難しいという口癖をやめましょう。


もし、よかったら今日一日、あなたの周りの人達の口癖を観察してみてくださいキョロキョロ

難しいを頻発している人というのは、恐らく成果を出せていない人のはずです。。。


今日はここまで。
ありがとうございました。



【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン

テーマ:
おはようございます。
 
12月が目前に迫ってきました。
さぞ寒くなるのかと思いきや、
今冬はどうやら暖冬みたいですね。。。
 
先日、広尾にある有栖川宮記念公園を訪れたのですが、
まだキレイな紅葉が残っていました^^

幼少期は毎日のように駆け回ったり、
ザリガニ釣りをして遊んだ
思い入れの深い公園です。
 
今や都会のオアシスと言っても
過言ではないと思います。
 
恵比寿周辺を訪れる際には是非☆
 
 
さて、前置きが長くなってしまいましたが、
前回の記事でメンタルについて書きました。
 
メンタルとは、〇〇力で言い表わすことができ るとお伝えしましたが、考えてみてくれたでしょうか?
 
 
早速答えをお伝えしていきますね。
 
==
メンタルとは、
・忍耐力
・闘争心
・自己実現意欲
・勝利意欲
・自己コントロール力(自制心)
・リラックス能力
・集中力
・自信
・決断力
・予測力
・判断力
・協調性
 
これらを複合したもの。
==
 
これが私からの答えです。
 
できたらそれぞれを10点満点で数値化してみてください。
あなたのメンタル力がどれくらいなのか?
 
可視化することができると思います。
 
 
数値化したら、どの要素を高めたいのかを考えてみてください。
 
その次は、その高めたい要素をどうやって高めるのか?
どんな行動を取るべきなのか考えてみてください。
 
ぜひそれを実行してみてください。
 
 
1ヶ月後、振り返ってみて
変化を感じ取ってみてください。
 
 
行動あるのみです!
 
いつもあなたの事を応援してます^^
 
 
今日はここまで。
ありがとうございました。
 
 
 

【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン

テーマ:
おはようございます。

最近はマフラー姿を見かけたり、もうすっかり寒くなってきましたね(^^;
私も週末に紅葉の終わりを見に新潟に行ってきたのですが、山にはもう雪がだいぶ積もってました。
それでも今週は割と暖が戻るみたいですが、、、
体調管理には気をつけましょう。


ということで、今日のテーマはメンタルについてひらめき電球

一昔前に比べてこの言葉を聞く頻度もだいぶ増えましたね。

メンタルについて悩んでいる人も多いようです。


さて、本題に入ります。

メンタルって何でしょう??


ネットで調べてみると、
精神的、心理的なもの、心のさま、
などという答えが出てきます。


「そんなことはわかってる、どうしたら強くなるのかが知りたいんだよ!ムキー

という答えが返ってきそうです。キョロキョロ


次にいきます。


では、メンタルが強くなると自分にとってどんなメリットが得られるのか?

ここ、大事です。


なぜならば、メリットがわからないと人は動こうとしないからです。


メンタルを育てることによって得られるメリットは、主に自己効力感、自信、ハイパフォーマンスです。


メリットについて理解できたでしょうか?

ここが高まれば、自ずと自分の望む結果に近付けそうな予感がしてますか?

少しでもワクワクしてくれてたらそれでOKです😁👌


最後に質問です。

メンタルのことを表すのに、「〇〇力」と言い換えることができるとしたらどんな言葉があると思いますか?

ヒントは、例えば1つは「忍耐力」です。

他にどんな要素がありますか?


答えは週の後半にまたお伝えしたいと思います



ぜひ考えてみてくださいね(^^)

考える力もメンタルを強くするための大切な要素ですよ~。


今日はここまで。
ありがとうございました。



【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン

テーマ:
さて、今日は付き合う人の”基準”について。


あなたは自分が付き合う人の基準というのを考えた事がありますか?


例えば、女性だったら、
相手の年収は〇百万以上で、身長は175cm以上で、顔はハンサムで、優しくて、、、。


男性だったら、
スタイルが良くて、気立てが良くて、料理が得意で、、、。

などなど、色々と出てきますよね。


でも、今日お伝えしたいのは、
男女の付き合う基準ではなく、
友人も含めた身の回りのあらゆる人付き合いのことです。


大切なことを一つだけお伝えしますね。


それは、、、

――――――――――――――――――――
マイナスな人間とは付き合わない
――――――――――――――――――――

ということです。


例をあげてみます。

例えば、あなたが今の仕事を辞めようかどうか迷っていて、友人に相談するとします。


その時、マイナスに引っ張る人間であればこのようなパターンが多いです。

「え~、大した給料でもないのにそんなめんどくさい上司がいるなんて、そんな会社辞めちゃいなよ!」
「もっといい会社なんていくらでもあるしさー。」

。。。

このような人、周りにいませんか?


なぜ、このような発言をするのかと言うと、
人は基本的に他人の不幸に対しては、いけないと思いつつ、少し面白おかしく楽しんでしまうという心理があります。

さらになぜ、先程のような発言ができるかと言うと、そこに責任が無いからです。


一方でこんな人がいるとします。↓

「確かにちょっと、そのような上司がいるのは残念だよね。」

「でも、もしかしたらその上司も思いがあってそんな振る舞いをするんじゃないのかな?」

「例えばそのようなマイナスな点もあるかもしれないけど、他に仕事のやりがいだったり、プラスになる点は何かないの?」

「いい所も悪いところも全部含めて総合的に判断したらいいんじゃないかな?」


2人の違いがわかりますか?

後者の方は、真剣に親身になって冷静なアドバイスをしてくれています。

そこには少なからず無責任感はありません。


世の中には大きくわけて、
自分を引き上げてくれる人と、
マイナスに引っ張る人(意識的か無意識的は置いておいて)に別れます。

悪気はなかったとしても、
マイナスに引っ張る人間と付き合うのであれば、その時間をプラスに引き上げてくれる人と付き合う方が自分にとって良いことだと思いませんか?


付き合う人を考える。

よかったら参考にしてみて下さい(^^)


今日はここまで。
ありがとうございました。



【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン


テーマ:


Aさんは牛乳が飲めません。

原因は、小さい頃に牛乳を飲んでお腹を壊したからです。

Aさんはヨーグルトも食べれません。

それは、ヨーグルトが乳製品だからです。

残念ながら乳製品全般がダメなんです。


そんなAさんがある日、友達にとても美味しいと勧められたケーキを一緒に食べました。

それは今までに食べたこともないくらいの美味しさでとても幸せな気持ちになれました爆笑


食べてから聞いたのですが、
このケーキ、実はチーズケーキだったそうです。

それを聞いたAさんは一瞬ゾッとしましたが、その日も翌日もお腹は何ともありませんでした。

それからチーズケーキが大好きになったAさんは、美味しいチーズケーキ店巡りという新しい趣味を見つけたそうですキラキラ
オシマイ


この話が何を意味するのかと言うと、
Aさんが幼少期の体験(牛乳でお腹を壊す)から、イコール乳製品全般がダメという思い込みを抱えて生きてきました。

それが、友達とのケーキをきっかけにそれが思い込みだったことに気付けたということです。

チーズが食べれるようになったことで、Aさんの世界は一気に拡がりました。

もしかしたら、チーズ以外に食べれる乳製品もあるかもしれません。

そう思うと怖さ反面、楽しさ反面で新たな挑戦心も生まれたみたいです。


あなたにも似たような経験はありませんか?

・ずっと苦手だと思っていたものが、実はそうではなかった。
・ずっと嫌な奴だと思って話したことがなかったけど、実際に話してみたら凄くいい人だった。
・自分ではぽっちゃり系だと思って悩んでいたけれど、他人から見たら実はそれはチャームポイントで自分の武器になった。

あなたの可能性、チャンスを邪魔しているのは、もしかしたらあなたのその思い込みかもしれません。


自分の思い込みを疑ってみてください。

それに気付くことができたとしたら、
新しい世界が開けるかもしれませんよ(^^)


今日はここまで。
ありがとうございました。



【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン


テーマ:
最近、コーチングという単語を見たり聞いたりする機会が増えてきました。

本や雑誌にも取り扱われ、企業研修でも採用が増えていると言います。

ということで、
良い機会なので、今日は「コーチング」をテーマに綴ってみたいと思いますひらめき電球


まず、コーチングについて調べてみると、
以下のように定義されています。


コーチングでは、人間は能力を持つ存在であり、より良く生き、より良い仕事をすることを望んでいると捉え、クライアントが自覚していない潜在的な知識やスキル、潜在能力を解放させ、それを知恵にまで高め、結果に結びつけ、最大限に成果を挙げさせることを目指す。
(Wikipediaより引用)

この表現が割とわかりやすいと思います。


よく混同されるのはコンサルティングとの違い。

わかりやすく言うと、
問題解決”提示型”=コンサルティング
問題解決”支援型”=コーチング
になります。

どちらも、クライアントの目標達成や問題解決を目的としているのは同じですが、主に用いる手段が異なります。

ただ、時と場合、人によってどちらの要素も含む場合があります。


コーチングについて、
何となく理解できたでしょうか?


では次に、「コーチング」と「メンタルコーチング」の違いについてです。

これもクライアントさんからよく聞かれます。

そんな時、私はこう答えるようにしています。

どちらもコーチングという括りでは同じです。

ただし、一言でコーチングと言っても、様々な手法があるということ、そして専門性にも違いがあります。


例えば、サッカーの世界で高校No.1を目指すとする。

目標はどのチームも同じ日本一。

でも、何に重点を置くのか、どんなトレーニングをするのかはチーム、コーチによって大きく変わってきますよね。

そのようなイメージで捉えてみてください。


コーチングとは?については
先程お伝えした通りです。


もし、メンタルコーチングを定義するならば、、、

メンタルコーチングとは、
主にメンタル面の成長支援をしながら、結果にふさわしい姿を創っていくこと。

私はこう解釈しています。

ポイントは、結果にフォーカス、コミットするのでは無く、あくまで結果にふさわしい姿を目指す。
そうすることによって、メンタルブレーキをかけることなく行動を促進し、気付けば自然と結果もついてくる。

こんなイメージです(^^)


ちょっとわかりにくかったでしょうか?

まぁ、言うよりも行うが易しってことです。

もし、興味があれば、
体験しにきてくださいね(^-^)


今日はここまで。
ありがとうございました。




【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン


テーマ:


コレ、いわゆるアメリカザリガニですかに座

昔、家の近所の池や川で釣って遊んでいたアレです。

実はザリガニって食べられるんです。


知ってましたか??


ちなみにこの写真は、
先日、中国で食べた時の写真です。
(汚い写真でスミマセン)


何が言いたいかと言うと、

自分の常識は他人の常識とは異なる可能性がある。

ということです。


海外に行くと、日本の常識と異なるケースというのは多々あります。

でも、これって現地に行って、実際に体験してみないと感覚的にはわからないことです。

だから、見知らぬ土地に行って、
そこならではの体験をしてみるというのは、自分の見識と経験を拡げるためにはとても大切なことです。

私は旅行が好きですし、
旅先では、決まってローカル料理を頼みます。


これまでの常識に囚われない。

これからの時代を生き抜いていくために、
必須マインドではないでしょうか。


自分の常識を打ち破り、新しい見識を得る為の手段として、旅行はオススメです。


ちなみに、ザリガニはサッパリしたエビみたいな味がしてそんなに悪くないです。

中国ではそれなりに高価な食べ物みたいです。
それなりです。


今日はここまで。
ありがとうございました。



【明智仁のメルマガ】

『成果を出す人の特徴とは!?』

 

■苦手を自信に変えたい人

■できないをできるに変えたい人
■成長意欲の塊のような人
■成功する人のメンタルを身につけたい人
にお届けするメールマガジン


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス