木曜日。

銀座の博品館劇場でペテカンの『ハンバーグができるまで』初日を観たあとは、中野のテアトルBONBONへ移動。

モジリ兄とヘミングの『オットセイ・オデッセイ』を観てきました!(^o^)

初日に続き、二回目の観劇です。

ストーリー展開や登場人物の関係性、様々な伏線を全てわかった上で観ても、更におもしろい♪(*^-^*)

芝居の流れや通りも、初日より良くなっていました。

明日は千秋楽。

この週末は新潟に来ているので、劇場に伺えませんが、出来ればもう一度観たかった!

そう思える作品でした。





今日は昼から、銀座の博品館劇場へ。

ペテカンの『ハンバーグができるまで』初日を観てきました!\(^o^)/

名門と言われる博品館劇場。
ペテカンほどの劇団でも公演を打つのは今回が初めてだったようですね。

この作品は、落語家の柳家喬太郎師匠が原作で、座長の本田誠人さんが脚本と演出を手掛けていて、もちろん喬太郎師匠も出演されています。

まだ始まったばかりなのでネタバレはなしで。

今回は、途中休憩ありの二部構成で、一部が終わったところまではいったいどういった展開になるのか読めませんでしたが、なるほど、そうでしたか!というエンディングでしたね。
少しホロッとして、ほっこりして、ペテカンらしい空気感で楽しませてくれました♪(^-^)

良いお芝居でした!(^o^)

24日の日曜日まで上演中。



見えない人たち

テーマ:



日曜日。

昼から築地のブディストホールへ。

ブラックコメディ『見えない人たち』を観劇。

大森カンパニーファミリーの三宅祐輔さんが客演されています。

見えない人たちは、三つのコメディ作品からなるオムニバスで、三宅師匠は一作目の『自業自得』と三作目の『現実逃避』に出演されていました。

ブラックコメディと唱われているとおり、ちょっとブラックなストーリーだったり笑いでしたが、それがかえって面白くて、楽しませて貰いました!(^o^)