今年も学力調査の結果がでました。

 

毎年思うことですが、全県に共通していえることが、、

どうして理数が国語より下回るの?ってこと。

 

日本語だから高得点は当然?

 

では、どうして国語力応用のB問題は

全県共通して理科より得点低いの?

 

 

総合的的に「思考力が乏しい」という

意見が散見されました。

 

私は、やっぱりね、と正鵠を射た思いでした。

そう、“思考”は国語力なんですよ。

 

グローバル社会なんだから、

英語英語、英会話習わせなくちゃ!

 

ではないんですよ。

 

日本人だから、基本、思考は日本語でします。

 

日本語で思考して自分の意見も導き出せない人に

英語は話せません(言い切り!!スゴッ、(;^_^A  )

 

いや、話せますよ英語くらい、誰だって。

 

だって、、、

英語を母国語とする国々では2歳前後で

英語しゃべれるんだから。

 

問題は、「内容のある英語」が話せるか、です。

 

社内公用言語を英語に!と叫ばれてた

某企業さんのその後はどうでしょうか。

もちろん、人材や業績で、です。

 

優秀な外国の方々の採用には

効果を発揮できたでしょうが、

果たして優秀な日本人はどうですか?

 

グローバル社会だからこそ

自分独自の視点があり、

独自の考え方ができ、

それを自分の言葉で表現できるか、

 

が問われているのです。

 

 

ある塾生(高校生)の言葉

 

「国語なんて勉強しなくてもできる、

って雰囲気があったし、

どうやって勉強していいかもわからなかった。

多分、先生だってそうだったんじゃないかな。」

 

この発言をした生徒さん、国語ができないことで

非常に苦労してて(あらゆる科目で)

 

「もっと国語力鍛えておくべきだったー!!」

 

と後悔しきりです。

 

そう、中学・高校では遅いですよ。

だって、受験勉強に追われますもの。

 

小学生さん、早めに国語力鍛えましょ。