携帯料金滞納してる!?それ時効かも!

携帯料金滞納してる!?それ時効かも!

借金や携帯料金の未払い、家賃の滞納には「消滅時効」があります。払えないまま何年も経った未払い金…滞納という今の状態を何とかしたい、払えないけれど解決したい、それなら時効について検討しましょう。初めて聞く方にも分かりやすく解説します!


テーマ:

貸金業者と交渉するという事は、「債務の承認」になり時効が完成していても時効の期間がリセットされてしまいます。

 

時効の期間は完成しているが、信用情報に傷が入る事を嫌って払おうと思っている方もいます。

 

なので、元本のみ払うように出来ないか?、損害遅延金の減額が出来ないか?という減額交渉をしたいという方がいます。

 

時効の援用を行なうと信用情報に傷が付いてしまうのか?という疑問を持っている人が居ますが、時効の援用が信用情報に傷を付ける事もありえます。

 

一部の貸金業者が所属している信用情報機関では、時効の援用を行なっても「貸倒(かしだおれ)」という状態が登録されて、その後5年間信用情報に傷が付いたというケースもあります。

 

債務の承認とせずに、減額交渉は可能かというと1人でこういった交渉を行なうの非常に難しいと思われます。

 

出来るとしても専門家に相談して可能であるか確認した方が良いでしょう

気になったら、相談してみてください。
 

消滅時効の援用を失敗したくないなら
中途半端な知識より、正しい知識を持つ法律の専門家に聞いてください。

ねこへびアヴァンス法務事務所 公式サイトを見る

ねこへびエストリーガルオフィス 公式サイトを見る

少しでも気になるのならまずは無料相談をおすすめします!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス