• 19 Sep
  • 09 Sep
    • この雨漏りは必然!西東京市の雨漏り修理

      #雨漏り #サッシから #タイル撤去 #捨てシーリング #どこにも無い斫っても 剥がしても 捨てシーリングは見当たらずタイルの接着材が二次防水だった?今まで雨漏りしていなかったのが奇跡だったというほどの問題有りの納まりです。鉄骨ALC用のサッシを使用しているのですがタイル仕上げを考慮して正規の納まりより前寄りに取り付けられています。それでも、それを捨てシーリングの無い理由には出来ないはずです。ちなみに別のサッシでも同じ状況が確認されましたので単純に打ち忘れたという訳ではなさそうです。何故このようなことになっているのかは今は知る由もありませんが同業者としてもとても残念な気持ちになります。何はともあれシーリングと水切り金物で改善を試みたいと思います。

      1
      テーマ:
  • 07 Sep
    • 埼玉県の雨漏り、迷惑な断熱材?

      #雨漏り #断熱材 #腐食 #迷惑 #雨漏り診断士雨漏り調査に於いて、判断を迷わせたり調査時間を長引かせる要因として断熱材の存在が挙げられます。浸出したはずの雨が直接天井に落下せず、まずは断熱材に浸透するという現象です。断熱材が飽和状態になるまで水(雨)を吸い続けるので実際の浸出(再現)時間が分かりません。よって、散水調査の時などいつどこに散水したものが浸出しているのかという判断を大いに迷わせます。では、どうするか。直接見るしかありません。当然ボードを剥がしたり点検口を取り付けることになります。そうすると、まず、シミだらけの断熱材が目の前に現れる事でしょう。そして、それをかき分けると本来の浸出箇所が確認できるという訳です。断熱材の弊害はまだあります。少ない雨量だと気付かないのです。例えば、常に雨の度に小屋裏に雨漏りしているにも関わらず誰も気付かないので、部位によっては劣化や腐食が激しく進行してしまいます。更に危険なのは、雨漏りで重量が増した断熱材が、やはりふやけた天井ボードごと落下したというケースもありました。大変危険です。というように快適な室内環境にとっては重要な役割を担っている断熱材ですが、こと雨漏りが絡むと迷惑以外の何物でもありません。wでも、雨漏り診断士は、そういったことも想定しながら調査を進めていますのでご安心下さい。

      テーマ:
  • 01 Sep
    • 雨漏り 散水調査中 見学者か?野次馬か?

      外壁に散水調査中水につられてどこからともなく小さな緑の訪問者が器具がぶつかると危ないのでどいてもらいましたワオ!いつの間にか戻って来てるごめんなさいねちょっとだけ向こうに行っててちょーだい草むらに移動願いましたおお~っと!またもやいつの間に!今度は何か確認か?鋭い目つき!水が恋しいようなのでこのままにしましょう小さな立ち合い者に気を付けながら調査は継続しばらくして雨漏り原因箇所も判明散水を止めるのが忍びなかったけれどちょうど雨も降ってきたので思う存分雨を堪能してちょーだい

      1
      テーマ:
  • 27 Aug
    • 雨漏り改善 と 防水 は 似て非なるもの

      #雨漏り改善 #防水 #似て非なるのも鉄筋コンクリート造の建物で、補修を繰り返してきたにもかかわらず雨漏りが止まらないという事だったので屋上(陸屋根)の全面防水改修をご提案し、ウレタン塗膜防水により防水作業を実施することになりました。と言っても、当時私は改修工事会社の・・・続きは【Kensui 0 ?~似て非なるもの~】で

      テーマ:
  • 22 Aug
    • 雨漏り シーリング ALC 北区

      ALCの建物の外壁からの雨漏り補修はシーリングによる対応になりがちです。そして、外力に伴う挙動などにより再破断する可能性も否めません。しかし、効果は確実に出せますので悪いことばかりではないと考えています。シーリング補修の悩み事の一つに?色合わせ?があります。基本的に部分補修ですから周辺と色の差が生じます。タッチアップ塗装で対応する方も多いと思いますが、最近はサイディング用のものも含め多様な色のトナーが常備されていますのでタッチアップ塗装無しで既存の外壁色に近い仕上げも可能です。タッチアップによる塗料の飛散などの心配もありません。それは、ブランコ作業の場合重要な問題なのです。さて、クラックに関しては、鉄骨造に限らず建物には?クセ?のようなものがあってほぼ同じような位置で発生します。補修後もその部分と周辺の観察を行って健全な保全を心がけましょう。

      テーマ:
  • 19 Aug
    • 雨漏り 爆裂 クラック 東京

      外装がタイル貼りの鉄筋コンクリート造の建物の場合、下地である躯体コンクリートの劣化には気づきにくいものです。表層にタイルがあるため爆裂等が始まっていてもすぐに気づくことはおよそできないでしょう。タイルが目視で分かるくらいに浮いてくるか、丁度いいころ合いで打診調査等を行ったりすることでやっと把握できるのではないでしょうか。爆裂は建物にとっても重大な劣化であるので早期の修繕が望まれますが、こと雨漏りの原因になり得るかどうかと問われたならば、鉄筋コンクリート造の場合はクラックの方が気になると答えるでしょう。しかし、外装タイルにクラックが発生していたとしてもエフロを伴っていない場合は浸水している可能性は低いと考えています。そして、クラックの周辺は意外にも浮いていないことも多いので貼り替えるという判断には少しの躊躇いがあります。逆に建物の構造が鉄骨ALC造であった場合にタイルの浮きや割れがあると、そのほとんどで下地(ALC版)に何らかの問題が発生していて貼り替えを余儀なくされます。同時に下地(ALC版)自体の補修も行うことが多いです。そして、ほぼ浸水もしているので止水処理も考慮することになります。いずれの場合も可能性を否定することなく検証することが肝要です。もし、外装タイルの浮きや剥離を見かけた場合にはタイルの修繕と共に雨漏りの視点でも確認作業を実施して問題があった時には下地の補修や止水も忘れずに行ってください。下地の処置はタイルが復旧された後ではできませんので。適切な対応が望まれますね。

      テーマ:
  • 07 Aug
    • 雨漏り 原因 サッシ

      #雨漏り #修繕 #サッシこの写真の中に雨漏りの原因である入口が写っています。あなたは見つけられますか?ちなみに、サッシの水切り金物より上のエリアです。雨漏りの調査に於いて先入観を持つことは危険であるということはご理解頂けてると思います。雨漏りの原因は建物によって多種多様であり勝手な推測により偏った調査を行う事は原因の特定を無駄に遅らせる事になります。とは言え、被疑箇所を数か所設定した後に調査を行っていく順序は存在します。同時に行う訳ではありません。一番怪しいと感じていても散水の影響などを考慮し下方にある部位から始めたり、可能性が低そうでも取りあえず完全に「そこではない」という確定をするためになどの理由で順序が決まります。その中でもサッシ本体が雨漏りの原因かもしれないと想定するためにはそれなりの条件が必要だと思います。だって、サッシ自体に雨漏りの原因があるなんて今の日本のメーカーでは考えにくいのですから。?あったら大変?な建材の一つなのです。でも、ですけども、それなのに、稀にサッシの一部に雨漏りの原因が見つかってしまう事も事実です。(※あくまでも原因は外力による変形によるものなどが多く、取付け施工後の後天的要素が原因の大半を占めます。)信頼の厚い部材を被疑箇所として設定するまでにそれ以外の被疑箇所の?白?を確定させる必要もあるでしょう。よって、サッシが原因の雨漏りの場合、調査時間は長めになってしまいます。それでも原因は必ずあります。私たちは想像力も駆使しながら必ず見つけ出します。

      2
      テーマ:
    • 雨漏り修繕 次の一手

      #雨漏り #原因? #散水調査調査により、雨漏りは再現されたのだが、入口が特定出来ない状況に・・・【雨漏り110番】の施工事例に雨漏り調査例が投稿されています。

      1
      テーマ:
  • 04 Aug
    • 雨漏り 屋根 調査 修繕 川口市

      #雨漏り #屋根雨漏り #雨漏り調査原因は屋根なのだろうか?可能性が少なくても散水して確認します。「そこではない」ことを確定させるためです。そうして被疑箇所をひとつづつ検証し、最終的な原因にたどり着くのです。でも、原因が1箇所とは限りませんのでそれぞれの検証は真剣にならざるを得ません。ということで、原因の特定は明日に持ち越しとなりました。明日も頑張ります。

      テーマ:
  • 03 Aug
    • Investigation of leakage

      Is the cause drain?I also care about the crack in the backHurry up for repairPlease email me if you need an investigation#roof leak

      テーマ:
  • 01 Aug
    • 防水 ルーフバルコニー 練馬区 この季節の悩みとは?

      【この季節の悩み】夕立もそうですが、エアコンのドレンホースからの水滴が毎日の防水作業に支障をきたしています。当該階はもちろんですが、上階からのドレン水も竪樋から常時したたり落ちてきます。階数が多いのでバケツをセッティングして帰っても翌朝は溢れていますので・・・。( 一一)そこで今回は仮設の配管をみんなでつないでみることにしました。横方向に40mくらいあるのでちょっと大変でした。(;´・ω・)でもこれで残りの工程は予定通りに行っちゃいます!雨漏りの心配も無くなりますね。(^^)

      テーマ:
  • 31 Jul
    • 屋根 雨漏り修繕 豊島区 

      【訳あって、小屋裏に配管増設中!】豊島区で内樋が原因の雨漏りの改善作業を行っています。建物の外部も内部も作業可能範囲に制限があるため針の穴を通すような作業を行ってもらっています。もしかしたら、ベストな改善策ではないかもしれませんが何もしないよりは確実に有効な手段だと思われる作業を試みています。いわゆるベターな選択を実施しています。でも、いつもいつでもベストな選択を執り行える訳ではありません。やりたいこととできることが違うのは世の常であります。ベターな選択でも早期に行うことで建物にとっては良い結果になるはずですし、住んでる方のストレスも早く無くなるというもの。話は違いますが人生もベターの連続でいいと思いませんか。ベストばかり追い求めていると疲れますからね。ベターがベストでは?

      テーマ:
  • 30 Jul
    • 雨漏り修理 杉並区 

      床下の状況も確認する必要があります?鉄筋コンクリートの建物の1階天井から雨漏りが発生しました。1階の天井から確認できる範囲が限られているため2階の床下から目視するために床に点検口を取り付けてます。雨の形跡を追いかけて方向を絞り込みます。そして散水で確定させます。#雨漏り #修理 #杉並 #床下 #点検 #鉄筋コンクリート

      テーマ:
  • 28 Jul
    • 屋根 雨漏り 修繕 豊島区

      屋根からの雨漏りということで、まずは内樋付近から散水調査を開始しました。内樋からのオーバーフローが疑われましたが、その他にも瓦棒葺き屋根周りにも被疑箇所が存在しています。順番に、全て検証させて頂きます。内樋のオーバーフローによる雨漏りは症状が深刻になるケースが多いと言えるでしょう。本来ならば落とし口から竪樋内に排水されるべき雨水のほとんどが室内側に漏れ出すのですから。落とし口の点検や清掃は必ず台風シーズンの前に実施して下さいね。何もなければそれでよいのですからちょっとだけ覘いてみてください。それでも溢れるのであれば元々の排水能力に問題があるかもしれません。そんな時はオーバーフロー管の設置をご検討下さい。まだできることがあるはずです。#オーバーフロー #屋根 #東京雨漏り #修繕

      2
      テーマ:
    • 原因不明の雨漏り修繕 練馬そして東京 まだできること

      繰り返す雨漏り治まらない雨漏り突然の雨漏り原因は屋根でしょうか開口部でしょうかそれとも壁でしょうかなかなか解決しない雨漏りがあります雨漏りの修繕のためには原因の解明が不可欠です調査で原因を解明し適切な修繕まで行うことで後々まで責任を持つことができます他の人のせいにはできませんそれだけに調査にも修繕にも真剣に立ち向かっています時には解決まで長い時間を必要とすることがありますでも 必ず結果が出るまでやり遂げますだって 原因は必ずあるのですから雨漏りが建物に及ぼす悪影響は沢山ありますそのまま放置はできません雨漏り診断士は雨漏りに関するプロフェッショナルです原因調査と的確な修繕そして その後のフォローまで任せられるそういう雨漏り専門業者を目指していますまだできることがあるはずです

      テーマ:
  • 16 Jun
  • 09 Jun

プロフィール

ケンプロ

性別:
男性
お住まいの地域:
東京都

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。